きんのはっぱ/ぎんのはっぱ(ポケモン)

登録日 :2011/06/12(日) 16:55:47
更新日 : 2017/09/23 Sat 09:43:21 NEW!
所要時間 :約 6 分で読めます




皆さんは きんのはっぱ   ぎんのはっぱ をご存じだろうか?

某有名RPGで登場する戦闘不能状態を回復する葉っぱ?

きんのたまのような高額換金アイテム?


いいや、そんなちゃちなアイテムじゃないぜ!

なんとこの二つのアイテムをホウオウルギアに持たせて育て屋に預けると……セレビィ が出来るんだ!























*

うそです

n ∧_∧ n
+ (ヨ(*´∀`)E)
Y   Y  *



本当はこの二つの葉っぱ、 ショップで売る事が出来る普通の換金アイテムで、それ以外の用途はまったくない。

しかし金銀水晶バージョンのポケモンが全盛の頃、上記の様な噂が広まっていた事は本当である。


この様に用途がほとんどない道具や レアでありながら何のために存在しているのかわからない アイテムが、主にポケモンの第二世代で多く登場した。
このような意味不明なアイテムの殆どは第一世代からタイムカプセルを通じて連れてきたポケモンが持っている。
第一世代ではポケモンの被捕獲率が個体ごとに設定されていたのだが、第二世代では被捕獲率が種族ごとに統一され、
被捕獲率のデータ領域は持ち物のデータを記録するために使用されていた。
このため第一世代産のポケモンの多くは何かしらの持ち物を持つことになり、結果としてはっぱと言う変なレアアイテムが登場したのである。
なお、第一世代産ポケモンの持ち物にはどう言うわけか実用性皆無のものが多かったが、
ひかりのこな、でんきだまなど実用性が高くタイムカプセル経由でしか手に入らないアイテムもあった。

以下、金銀の葉を含むややマイナーな道具。
第二世代をプレイした事がある人は「こんなアイテムあったな」という気持ちで思い出してみて欲しい。

  • おいしいしっぽ
金銀水晶版のチョウジタウンの怪しいお土産屋( 赤いギャラドス イベント終了までの期間限定)で売られているアイテム。
とてもおいしい何かのしっぽ。高く売れる。と説明されるこのアイテム、
どうみてもあの井戸でロケット団に乱獲されていたあのポケモンのしっぽ……。
おそらくあそこで乱獲されたしっぽをここで販売していたのだろう。
高く売れると書いてあるが、実際には買い値が9800円もするのに売値は4900円……ほとんど詐欺である。
チョウジタウンのイベントを終わらせると二度と手に入らなくなるレアアイテムだったりする。
実はリメイク版のHGSS・BWでもデータ上は存在している。
が普通にプレイしていても手に入れる機会は無く、入手の為には改造が必要。
まあ、改造してまで手に入れる品物でもないのだが。

  • かわらのかけら
第二世代限定のアイテム。
名の通り瓦の欠片。第一世代からポケモンを第二世代に通信で送ってくる際、
ワンリキーやゴーリキーが持っている事があるアイテム。
使い道は皆無。換金しても売値はたったの25円……。
本当に何のために作ったアイテムなのか?

  • きんのはっぱ/ぎんのはっぱ
冒頭でも紹介したアイテム。
金銀バージョンと関連ありそうな名で、
入手も第一世代から連れてきたポケモンが稀に持っているだけという事から、
いつ頃からか冒頭のような釣りネタが流行った。
実際にはただの換金アイテム。
金銀という名の割には売値はたったの500円。かわらのかけらよりは高い程度。
上記の噂以外にも、ポケモンに持たせると色違いとの遭遇率が上がるという噂もある。
しかし、第二世代での色違い遭遇のシステムが解析されているなかで、
このアイテムの名が殆ど登場しないことから、恐らくこれもガセと思われる。

  • はかいのいでんし
第二世代のハナダシティ、過去にハナダの洞窟があった場所付近でダウジングマシンを使うと入手できる。
ポケモンに持たせると戦闘開始時に発動し、こうげきを二段階上げる代わりに混乱状態になる。
ちなみに 一度使うと無くなり、二度と入手できない。
名前的にミュウツーを意識したアイテムなのだろう。

  • ジーエスボール
水晶版限定で入手できたアイテム。
コガネシティのポケモンコミュニティセンターにあるニュースマシンのモバイル通信でクイズに挑戦、それに全問正解すると商品として貰える。
モバイル通信専用のアダプタを購入しなければ、通常プレイでは入手できない。
たいせつなものに分類され、これを手に入れた後、ガンテツにこのボールを見せるとウバメの森のほこらにセレビィが現れる。
現在ではモバイル通信のサービスが終了していて正規の手段では入手不可能な為、幻のアイテムとされる。
ちなみにGSの意味は、goldのGとsilverのSからきている。

  • いかりまんじゅう
第二世代から登場したアイテム。
効能はHPを20回復。効能はキズぐすりとまったく同じ。
正直序盤なら使い道はあるだろうが、中盤に差し掛かりポケモンも鍛えられてきた状況で、
そんな半端な回復アイテムを入手してもあまり意味は……。
第二世代では回復アイテムだが、その後リメイク版で再登場した際にはたいせつなもの扱いになり、後に技マシンと交換してもらえる。
第五世代では再び回復アイテムにカテゴリ。しかし説明文を丸々前作(HGSS)から引き継いだ為、回復アイテムとしての説明が無い。
石化したヒヒダルマにお供えすると夢特性のヒヒダルマを復活させる事も出来る。
FRLGからは四天王シバの好物という設定が加わった。

  • きのはこ/きりのはこ
第二世代限定のアイテム。
きのはこはポケモンスタジアム2で、ジムリーダーの城(表)をクリア後に貰えるポケモンが、
同じくきりのはこはジムリーダーの城(裏)をクリア後に貰えるポケモンが持っている。
そのままだと何もないが、箱を開けるともようがえアイテムの きんのトロフィーぎんのトロフィー がそれぞれ手に入る。



また、実用性はなくもないが入手手段が限定される無駄にレアなアイテムも幾つかあった。

  • わざマシン09
中身はじこあんじ。相手の能力変化を自分にコピーできる。
初代で捕まえたケーシィの持ち物になっており、タイムカプセルがないと入手できない。
レアな割にはガチ対戦で積み合戦でもしない限りはお荷物。
一応ポケスタでは積み技を多用するNPCもいるため使えなくはないか。

  • でんきだま
ピカチュウ専用強化アイテム。
ピカチュウ版のパートナーであるピカチュウが持っている。
入手自体は難しくないが、入手できる個数が限られる。

  • ひかりのこな
相手の命中率を下げるアイテムで、かげぶんしんと組み合わせれば初代並みの効果を発揮する。
三鳥かミュウツーをタイムカプセルで連れて来れば手に入る。

  • ラッキーパンチ
ラッキーの技が急所に当たりやすくなる。
初代のラッキーをタイムカプセルで連れて来れば手に入る。
当時は進化前が存在しなかったので、リトルカップでは活用の機会がある。

  • まがったスプーン
エスパー技の威力強化アイテム。
ピカチュウ版で捕まえたユンゲラーを連れてこないと入手できない。
ケーシィを進化させた個体はNGである上に、ピカチュウ版の野生のユンゲラーの出現率は8番道路に5%とかなり低確率なので非常に厳しい。

  • ながねぎ
カモネギの技が急所に当たりやすくなる。
出現率がやや低めなので入手が面倒な上、カモネギ自体の需要が低いため収集する人が少ないため無駄にレア。

  • ぎんのこな
むし技の威力強化アイテム。
野生のバタフリーが低確率で持っているのだが、バタフリー自体が虫とり大会(曜日限定、制限時間あり)にて低確率で出現するため、難易度が鬼畜。

  • しあわせタマゴ
獲得経験値増加アイテム。
野生のラッキーが低確率で持っている。
ラッキーの出現率が1%なので、金銀で最も入手難易度が鬼畜のアイテムである。



勇者「しまった……世界樹の葉を泉に落としてしまうなんて……」



ゴポゴポゴポッ……。


女神「 あなたが落としたのは、この きんのはっぱ ですか? それともこの ぎんのはっぱ ですか?


勇者「いいえ違います、私が落としたのは世界樹の葉です!」


女神「 あなたは正直な人ですね。それでは、この きんのはっぱ ぎんのはっぱ の両方を差し上げましょう


勇者「いや、コラこんなのはいらんから! 世界樹の葉返せ!」




おいしいしっぽでも食べながら追記・修正よろしくおねがいします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/