K.O.G.シリーズ(FSS)

登録日 :2011/08/23(火) 00:02:41
更新日 : 2017/07/26 Wed 18:15:23
所要時間 :約 7 分で読めます



◆K.O.Gシリーズ◆

「永遠の騎士(K.O.G)シリーズ」は永野護の漫画作品『ファイブスター物語(FSS)』に登場するMHシリーズ。
主役メカであるK.O.G(ナイト・オブ・ゴールド)を含む、主人公・天照の帝が制作した星団最強のMHシリーズであり、いずれも天照の私設騎士団にして「血の十字架」を背負う死神とも呼ばれる、悪名高き「ミラージュ騎士団」のリーダー騎としての役割を持つ。
上記の様に別名を「永遠の騎士シリーズ」とも云うが、これは設定のみで劇中には登場して来ない呼称である。
また、本来はここに属する機体は全て「K.O.G(ナイト・オブ・ゴールド)」と呼ぶのが正しいらしいが、機体毎にコードネームや通称が存在しており、流石に皆同じ呼び名ではややこしいので、劇中でもそちらに倣った呼称がされている。
所謂、ロボット物に於ける主役機、ワンオフ機のカテゴリーに入る存在であり、『FSS』劇中に於いても最上位のパワーバランスに置かれている。


【ラインナップ】
※個別項目がある機体はそちらも参照。
■搭乗騎士(ヘッドライナー)
□専任FF(ファティマ・ファティス)



シュペルター(ウォータードラゴン)

ロールアウト:2700年代中盤
所属国家:無し
所有騎士団:無し
肩高:14.4m
重量:122t
イレーザー出力:3兆馬力以上。

■搭乗騎士
デイモス・ハイアラキ
ダグラス・カイエン
◆ジョー・ジィッド・マトリア

□専任FF
◇クーン
◇アウクソー(フォーカスライト)
◇ニナリス

※天照が最初に創り上げた「永遠の騎士」の最初の一台にして、以降の全てのミラージュマシンの原型となった機体。
剣聖デイモス・ハイアラキとファティマの女王とも呼ばれる、バランシェファティマNo.1=クーンの専用MHとして完成させられた。
2人は本騎を「ウォータードラゴン」の名称で使用。
ミラージュ騎士団、及びバキン・ラカン帝国の旗騎MHとして記録されている。
2810年…弟子である剣聖ダグラス・カイエンがハスハ動乱の頃にミラージュ騎士団の首領の座と共に本機とファティマ・クーンを継承するが、養父Dr.バランシェとの確執に端を発する天照帝との不和からA.K.Dを出奔……。
2900年代後半に再び星団に姿を現すが、この時にはパートナーがバランシェファティマNo.38=アウクソーに替わっていた。
2997年…ハスハ連合共和国は剣聖ダグラス・カイエンをAP騎士団総団長として迎え入れると共にシュペルターもハスハ連合共和国の旗騎MHとなる。
3010年…シーブル公国はバッハトマ魔法帝国へと名を変えると共にハスハに進行……。
ハスハ王宮の陥落と共に、シュペルターも奪取されている。



◆オージェ・アルスキュル

ロールアウト:2700年代中期
所属国家:無し
所有騎士団:無し
肩高:13.9m
重量:96t
イレーザー出力:2兆8千億馬力(本来は3兆馬力以上)

■搭乗騎士
□専任FF
アトロポス

※元々は剣聖カイエンの専用騎(皇帝騎)として用意されていた、ミラージュ騎士団のリーダー(A)騎。
王様用MH(「突っ立ってりゃ良い」)と云う理由からアクティブ・バインダー等、余計な物がたくさん付いている。
プロトタイプK.O.Gとも呼ばれる。
シュペルターの兄弟騎に当たるが、幼いカイエンがシュペルターの継承を選択した為にバランシェ邸に300年近くも放置されたままになっていた。

2987年…父、バランシェによりユーバー大公の魔の手から逃がされたバランシェファティマNo.43=アトロポスが本騎を密かに持ち出す。
2992年…偶然から再開したソープ(天照)を守るべく、アトロポスはオージェを駆り、彼を追うシーブル公国に雇われていたアーレン・ブラフォード(&京)の駆るアパッチと対戦……。
本来は無敵と云えるMHだが、如何にアトロポスと云えどもたった1人でのコントロールは不可能で、有り余る力を制御出来ずに敗北する。
機体はアトロポス自身の手で、証拠隠滅の為に焼却されているが、残されたイレーザーエンジンは後にパトラクシェミラージュに組み込まれる事になる。



ロールアウト:2988年
所属国家:A.K.D
所有騎士団:ミラージュ騎士団
肩高:15m
重量:144t
イレーザー出力:3兆馬力〜∞


■搭乗騎士
天照帝(レディオス・ソープ)
◇ワスチャ・コーダンテ(ちゃあ)

□専任FF
ラキシス
◇ヒュートラン(エミリィ)

※本作の主役騎。
天照帝が幼いラキシスの願いを受け、自分の趣味を丸出しで創り上げた機械の神(公式)。
最強(凶)MHL.E.D.ミラージュの主にして、天照自身が駆るミラージュ騎士団の旗騎MHである。
異常な能力や特徴に付いては個別項目を参照。
正式名称はディスティニーミラージュだが、本編ではこの機体こそが「K.O.G(ラキシス)」と呼ばれる。
2988年…ユーバー大公の魔の手からソープ(天照)がラキシスを救出するべく使用し、ユーバー大公の率いる私設軍を殲滅(一部除く)。
2989年…友人であるジュノーの大帝コーラス3世を裏方として救うべく参上。
戦場に出た際に搭乗するが、 動作不良で全くの役立たずだった。
3007年…天照帝のMHとして第2次ミラージュ騎士団のMHと共に正式に公開される。
3010年… 「まどうたいせん」にポコちゃん1号としてさんせんちゅう。
3159年〜A.K.D圧倒的な軍事力を以て星団侵攻を開始。
天照の乗騎として恐怖を植え付ける(新星団3大MHの1つに数えられる)。

3229年…最大国家フィルモアを中心としたカラミティ星の勢力とスタント遊星から飛来した悪魔達との戦いの最中、K.O.Gはラキシスを乗せたままカラミティ星の爆発に巻き込まれ、時空の果てに飛ばされる。

以降は、様々な宇宙や時間をラキシスと共に超える。

7777年…緑の星、フォーチュンにてラキシスと天照、再開。
娘カレンが誕生(出現)する。


◆パトラクシェミラージュ

ロールアウト:不明
所属国家:A.K.D
所有騎士団:ミラージュ騎士団、ゴッズ騎士団
肩高:15m
重量:144t
イレーザー出力:3兆馬力以上

■搭乗騎士
◆天照帝
◆ユーパンドラ・ライム
□専任FF
◇アトロポス

※天照がラキシスを失った後に創り上げた2台目のK.O.Gで、前述の様にオージェ・アルスキュルのエンジンを元に創り上げられている。
頭部の形状と、次元デバイスや再生工場と云った特殊能力をオミットされている以外はラキシスのK.O.Gと同一規格。
オージェを失った時に天照がアトロポスにかけた言葉から生まれた機体であり、先のK.O.Gと区別する為に「K.O.G AT(アトロポス)」の名称が用いられる場合もある。
天照が星団統一以降、姿を消した後は影武者であるバランシェファティマNo.42=ユーパンドラの搭乗騎として恐怖の象徴となる。
4100年……解放軍のリーダーとなったコーラス6世の駆るジュノーン(&クローソー)と相討ち。
デルタ・ベルン(A.K.D)は、L.E.Dドラゴン(すえ)のクエーサーフレームにより消滅する。



◆バイナス

NO DATA

■搭乗騎士
□専任FF
◇カレン(天照・メル・グランド・フォーチュン・エイダス5世)

天照がフォーチュンにて誕生する娘、カレンの為に創り上げる最後のK.O.G……?
泰華十曜(タイカ・ジューヨー)の超人類クエーサーがカレンの為に用意したM.M.Tビュナース(ビューナス)と同一視する記述もあるが詳細は不明。








追記と修正は時空に干渉してからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/