妄想ウルトラセブン

登録日 :2012/09/24(月) 20:26:20
更新日 : 2017/11/27 Mon 22:37:39
所要時間 :約 4 分で読めます




妄想ウルトラセブンとは
ウルトラマン80第44話『激ファイト!!80VSウルトラセブン』に登場したサッカー好きの少年・田島直人の生霊がウルトラセブンのソフビ人形に乗り移り巨大化した姿。

身長:40m
体重:3万5千t
出身:東京
姿こそはウルトラセブンだが、「オォォ…」と低い唸り声、青いオーラ、体のラインの太さが変わらないといくつか違う点がある。


生霊のため直人少年の心とサッカー技術を受け継いでおり、キックフォームを使った蹴り技や、トラックなどをボールに見立てた攻撃をしたりする。
また怒りに我を忘れているのか、民家を引っこ抜いて80の頭に叩きつけるという攻撃も繰り出した。
額からエメリウム光線も撃てる(光線エフェクトはスペシウム光線に似た無数の光の粒状)など元は人形とは思えないスペックを持っている。
身体能力も高く、80のウルトラダブルアローを錐揉みジャンプで難なく回避したりした。
アイスラッガーは未使用。


◆劇中の妄想セブン

直人少年らサッカーチームは試合に向けてグランドで練習していた。
そこに覆面をした暴走族サタン党が乱入。直人は姉のアヤを追い回していた1人にボールをぶつけるも、暴走族のリーダーにはねられてしまった。
リーダーはさらに「とどめだ!」と追い打ちをかけようとし、直後に矢的がバイクで止めに入るも、暴走族は逃走。
直人は緊急入院したが昏睡状態になるほど重態であった。

彼をはねたサタン党のリーダー敏彦は、弟の実が所属しているチームを優勝させるため直人が所属していたライバルチームに襲撃したのだった *1
実は兄の行いに怒りを見せ「入院してる田島に謝れ!!」と言うが敏彦は「うるさい」と一蹴し、立ち去っていく。

隊長の粋な計らいで暴走族調査をしていた矢的だったが、サタン党の襲撃を受ける。
リンチされていた矢的はUGMのイケダ隊員らが駆けつけ間一髪助かるが、星涼子(ユリアン)から「直人少年の容態が悪化した」と聞かされる。

一方、直人は夢の中でもサタン党に襲われていた。
セブンの人形を手に「ウルトラセブン、僕を守って!」と叫ぶと直人はセブンの人形と共に本物のセブンに変身する。

現実でも
「ウルトラセブン。お願い、聞いて……。僕の命をあげるよ……。だから悪い暴走族をやっつけて……」
と言う言葉と共に、直人の涙がセブンの人形にこぼれると、セブンの人形は勝手に動き出して巨大化し、妄想ウルトラセブンとなった。

夜の町にて「俺たちは怪獣だ!! 人間の身体をした怪獣だ!!」と暴走行為をするサタン党。
そんな彼らの前に妄想セブンが出現。逃げるサタン党の1人を掴み、地面に叩きつけた。
突然の事態に驚きつつも、妄想セブンにビルを壊させてUGMに倒させるために、わざと狭い路地に逃げ込んでいくサタン党。
ビル街に逃げ込んだ暴走族を追い掛け、町を破壊する妄想セブン…

戸惑いながらも出撃するUGM。
矢的はセブンに問いかけるも、ユリアンの超能力によって本物のセブンではないことが判明する。
矢的は妄想セブンを食い止めるためにウルトラマン80に変身。

夜の町で80と互角に渡り合う妄想セブン。

妄想セブンの正体が、直人の生霊がセブン人形に憑依したものだと知った80は、
「直人くん! 君は、君以外の、ウルトラセブンを慕う少年たちの心を、傷つけるつもりか。ウルトラセブンは、平和の守り神ではないのか!?」と語り、
動揺したところをタイマーショットで妄想セブンを沈黙させた。

妄想セブンに追い掛け回されたサタン党も「もう悪いことはしません。足洗います」と反省した。
それを見た80は倒れた妄想セブンを抱え飛び去った。


後日、直人は奇跡的に回復し、サッカーの試合に復帰。
観戦する矢的と涼子。
直人が見事ゴールを決め、抱き合って喜ぶ猛とアヤ。
隣でそれを見た涼子はムッとした顔でそっぽを向くのだった。


◆余談


唸り声は硫酸怪獣ホーの流用


特技監督は後の平成セブンウルトラマンネオス担当の神澤信一。


スーツは新たに造られてるが、目だけはウルトラマンタロウからリサイクルしたもの。
これは造形が立体的なため、夜景シーンでより映えると判断されたから。

猛が直人少年の病室に見舞いに訪れセブンのことを聞かされ、
セブンを思い出したシーンにエレキング、ビラ星人、ガブラとの戦いのライブフィルムが流用されている


猛と涼子が妄想セブンを見た時の反応が、死者の復活や行方不明者の発見に驚く様子でなかったことから、
「セブンはシルバーブルーメの襲撃を生き延びたのではないか」とファンの間でささやかれていた。
後の『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』にて、セブンはボロボロになっているところをウルトラの母に救出されたという設定が語られている。

人間の願いが人形からウルトラマンを登場させるのは『ティガ&ダイナ』に登場したウルトラマンティガと同じだが、
本作が闇、同作の映画のでは光から生まれており誕生原因が真逆である。

件のティガは一旦人形に集まり放出された光そのもので出来ているようだが(人形はティガ出現後もススム少年が所持している)、
妄想ウルトラセブンは市販?の人形がそのまま巨大化した。

『ウルトラスーパーファイトでは』第5話に登場。曰く「ウルトラ戦士に倒された者たちの邪念で蘇った」とのこと。
上記の出自なので蘇るも何もないはずだが…。ちなみに大人の事情で外見は本物と同じ。声は同作の全キャラ+ナレと同じく島田敏。
だまし討ちでエースを倒し、ウルトラマンにも襲い掛かって文字通りの泥仕合を繰り広げるが、最後はウルトラ霞切りで倒された。
なお、映像作品で初めて「妄想ウルトラセブン」と呼ばれている。

ウルトラマン Fighting Evolution 3』では、最後の隠しキャラとして登場。
ウルトラモード最後のミッションとして「激ファイト!!80VSウルトラセブン」が収録されており、これをクリアすることで使用可能となる。

戦闘ではアイスラッガーを持っての攻撃も繰り出す。
サッカーフォームの蹴りのダメージがデカいので注意が必要。
ダッシュ不可の代わりにスパアマ付きの特殊移動ができる。
エメリウム光線のモーションは専用のもの。


トリビアの泉では「ウルトラセブンは暴走族を投げ飛ばしたことがある」という形で紹介された。
こちらの方で妄想セブンを知った方が多いのではないだろうか。


ウルトラマンにソフビで変身する現代
直人の妄想に時代が追いついたのかもしれない。



追記・修正お願いします


この項目が面白かったなら……\ポチッと/