曽根崎結維

登録日 :2012/06/19(火) 23:11:39
更新日 : 2016/04/26 Tue 18:58:37
所要時間 :約 2 分で読めます





『好きだったんだケドなァ……。
お父さんのカレー……』





華麗なる食卓』のメインヒロイン。

誕生日:1985年10月10日
身長:155cm
血液型:O型

スリーサイズ(カバー裏)
B79/W57/H80(1巻)
B80/W56/H80(30巻)

マキトの兄弟子、曽根崎総一郎の一人娘。
小さい頃から、動物を家に連れ帰っていたため、両親から怒られている。
が、その優しさで、行き倒れていたマキトを救った命の恩人。
潰れかけていた店をマキトと一緒にお店をたて直すことを決意する。
初めのうちは、マキトのことを不審者扱いしていたが、
料理に対するまっすぐな姿勢を傍で見て、自然と信頼・恋心を抱く。

エディブルファイト本戦大会の決勝トーナメントで、マキトのパートナーを務める。
夢である保育士になるため、短大を受験し、無事合格。

マキトとは、友達以上恋人未満。

家が料理屋であるためウェイトレスの仕事は得意。
過去にピンチヒッターで入った飲食店で、見事な早業でパフェを作り上げた。
しかし、料理屋の娘の割に料理の腕は絶望的である。
今では練習を重ね、大分マシになった。

てか、結維ちゃんは、人に出す前に味見をしなさい。

そんな彼女の得意料理は、
『インスタントカレー』

嫌いな食べ物はサバ。
(マキトが作ったサバカレーなら平気)

胸が小さいことにコンプレックス。ちっぱい。

よく転ぶ。故に『パンチラ要員』

特技は剣道と無差別格闘技。
彼女なら、世界も目指せるだろう。


少し視力が悪いらしく、勉強するときはメガネっ娘。

また、第1部ではセミ(後半ロング)だった髪型を、





第2部からショートに。


※失恋した訳ではありません。



現在はセミロング。





スリーサイズが1巻で、
B79/W57/H80
30巻で、
B80/W56/H80
と、胸が1cm増え、ウエスト1cm減った。
やったね、結維ちゃん。胸が増えたね!


追記・修正は、大切な人にカレーを食べてもらってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/