ハーピー(そらのおとしもの)

登録日 :2012/06/27(水) 20:01:05
更新日 : 2017/08/16 Wed 11:14:03
所要時間 :約 4 分で読めます




ハーピーとは「そらのおとしもの」にでてくるキャラクターである。



要撃用エンジェロイド・タイプγ(ガンマ)・HARPY


声優:(姉)根谷美智子(妹)岡本麻弥




双子の量産型エンジェロイドであり、髪の色以外は同じ姿である。
ちなみになぜか彼女たちだけ四肢の形が爬虫類タイプ。


初登場は3巻ラスト-4巻冒頭。


武器は摂氏3000℃の気化物体を秒速4キロメートルで射出する超高熱体圧縮発射砲の「プロメテウス」
おそらくはイカロスの持つヘパイストスの簡易量産版。


無論戦闘力はイカロスの足元にも及ばない。プロメテウスすら素手で殴りつけて弾かれる。

彼女らは当初、イカロスの破壊とコア回収のため、ニンフの応援として登場するが、
空のマスターの影響か、自分の言葉に従わず反旗を翻したニンフの羽をためらいなくむしり取っていた。

しかしそこに現れた桜井一行に現場を見られ、おまけにマジ切れしたイカロスが空の女王(ウラヌス・クイーン)モードを発動し、
肉弾戦およびアルテミスによる高速戦、最後には超大型粒子砲ヘパイストスをぶっ放され、命からがら撤退していった。


余談ではあるが、この戦闘シーン、コミックでもかなり力を入れて描かれているが、本来の戦闘シーンはアニメのそれ。

当時の作者の力量では描ききる事が出来ずお蔵入りになった追加武装「ウラヌス・システム」による大迫力シーンが、アニメーションの際に拾い上げられ、
板野サーカスばりの戦闘シーンとして視聴者の前に蘇った。

一度見比べるのもいいだろう。

ここで自分が兵器であると明かすイカロスとそれに対する智樹の答えは必見。


再登場は6巻。


ここからはシナプスの警備に当たり、智樹の夢を通じてやたらめったら侵入してくる守形英四郎を追いかけるが、
英四郎にノリツッコミしたりことごとく逃げられたりしてるお茶目な面を見られるようになる。

追っかけて話する前にさっさとプロメテウスぶっ放せばいいんじゃね?とか言うなよ?

そして空のマスターがエンジェロイドによる決着を望んでいる時、ハーピー達は「楽しそう」と言っているが、その表情が幼さをにじませ、存外にかわいいのである。












以下単行本派はバック推奨





















そんな彼女らだが手駒のなくなった空のマスターにイカロス破壊の命令を受けてしまい地上に降りる事になる。

しかしイカロス、ニンフ、アストレア、日和(エンジェロイドZ)、
状況によっては智樹をおにいちゃんと慕う最強エンジェロイドカオスという戦略兵器ズが敵にまわる状況にあり、当然戦力では勝てないため地上に残る。
そもそも彼女らではニンフとオレガノくらいにしか勝てない。

…ミニイカロス(オレガノ)もニンフ負かしてるからどうだろうか。



その後、姉の方は智樹にミニスカポリスや体操服を着せられたり、
挙げ句の果てには智樹たちと共に海に遊びに行き溺れかけたところを助けられ、なぜ助けたのかとイカロスを問い詰めたものの、その答に涙を流す。

しかも妹に至っては智樹と仲良くなってしまい最早任務もなにもあったものでなく、智樹側に寝返るフラグがバリバリに建っているのである。

…というかすでに寝返りかけている?





ネタバレ


























それでも空のマスターを裏切ることができず、姉妹共々イカロスに挑み自爆した。



姉「…ぜ…だ…、なぜだ!!」

妹「姉…さん…?」

姉「なぜだ…なぜ…追記修正する…!?私たちは敵だぞ!?なのになぜ!!追記修正する!!こたえろ…」

イカロス「マスターは…敵など作らない…」

姉「な…に…?」

イカロス「マスターはそういう…人だから…地上はそういう所だから…」


追記修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/