ハズレ彼女(パワポケ)

登録日 :2010/10/25(月) 20:33:07
更新日 : 2016/11/19 Sat 12:28:20
所要時間 :約 3 分で読めます




パワプロクンポケットシリーズに登場する避けるべき障害キャラクターである。

ランダムで出現することが多く


「彼女というより交通事故のような存在」

一度関わったら蟻地獄のごとく、主人公を絶望の淵に引きずり込んで行く。

一応対策は無きにしも非ずだが、出現時期がランダムなため必要な条件を満たすことが出来ず、泣き寝入りするプレイヤーが後を絶たない。

主な事故原因(カ ノ ジ ョ)



原点にして頂点。あまりのひどさ、ホラー度にハズレ彼女のひどさがコイツ以降低下した。
詳しくは項目を参しょうわなにするやめ(ryふふふ〜ん。


  • 西湖美友
荒井紀香ほどではないがやはりひどい。
パワポケ5に登場し、一方的に彼女になる。優しい5主人公も悲鳴をあげ、逃走。
凡田君の評価が低いと……

  • 春田蘭
パワポケ10に登場。
主人公に自分の理想を押し付ける。仲間評価が下がるわ、回避方法がひどい初見殺し。
通称「汚いムーミン」。
実際は決して悪い子では無く、素直に主人公と別ヒロインとの仲を祝福する。
むしろ日記を見る限り(見方によっては)悪いのは彼女ではなく主人公ではないかと思えても仕方ない。


以上が公式のハズレ彼女だが彼女候補であるのにもかかわらずハズレ扱いされるキャラクターも存在する。

もちろん、プレイヤーの趣味もあるだろうが、かなりハズレ寄り、或る意味、春田蘭や西湖美友よりも嫌われるキャラクターが存在する。
特にパワポケ11の武内華音と真島涼子が候補に挙げられる。
パワポケ11は主人公がヒロインに攻略される描写が目立つこともあるだろうがこの二人には、かなりハズレ寄りのイベントが多い。

真島涼子はかなり危なげなストーカーシーンとメンヘラ気質、ゴミ屋敷が賛否両論。ただしグッドエンドはちゃんと存在し、主人公との触れ合いの中でだいぶ改善されていくため固定ファンも存在する。

問題が武内華音の方で、性格も改善されないばかりか主人公を置いて一人で幸せになってしまう。グッドエンドでもマイナス特殊能力を取ってしまう。

義理の姉、ミーナの人気が高いことも手伝ってかなりハズレ寄りの扱いを受けている。スタッフ、ファン共々に『クソ女』の烙印を押されている。

バッドエンド系

キャラクターが嫌われている訳ではないが、エンディングがどう足掻いても絶望のヒロインが存在する。
これはキャラクターの設定から非常に物悲しいストーリーになってしまうタイプで、彼女候補としては普通に人気がある。

パワポケ6

  • 島岡希美
パワポケ4にも登場した彼女候補。
ランダムで普通のグッドエンド、バッドエンドの他にルートが存在し…
優しい人なだけに普通に切なくなった人も多いはず。

パワポケダッシュ

  • 才葉さくら
主人公のライバルの妹でおませさん。正史ではメガネ一族の無田君とくっつく。無田君のイベントを調整すれば、めでたくヒロインに。しかし……
『忘れた!全部忘れた!』
主人公のダンディズムが光るラストに…小学生向け?

  • モモコ
主人公が空き地で出会うメガネを掛けた不思議な子。
比較的ほろ苦いエンディングで、絶望と言うほどではないがパワポケ11のしあーんのアルバムが衝撃的。

  • 芽森わん子
なんだか犬っぽい先輩。
サイバーキッズでボール拾いに嫌気が差し、ガンバーズへ入る。
イベントからだんだん正体が明らかになっていくが……

多くのパワポケファンが野球仙人に殺意を抱いた

パワポケ9

  • 山下貴子
風来坊の主人公が出会い、住み込みで働くようになった米屋の娘。
非常に料理が旨く、気立ての優しい正統派ヒロイン。風来坊に対しても素直に好意を示していたが…。

『神様、残酷だぞ……』


追記修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/