ルドマン(DQⅤ)

登録日 :2012/05/05(土) 22:01:55
更新日 : 2017/04/09 Sun 06:38:38
所要時間 :約 4 分で読めます




ドラゴンクエスト5の登場人物。
フローラ(+DS版ではデボラ)の父親であり、サラボナの町に豪邸を構える大富豪。

CV:沢木郁也(CDシアター)

旅客船の所有者だったり伝説の武具の一つ、天空の盾を保管していたりと話に深く関わってくる。
リメイクではカジノ船の経営も行っていることが明らかになった。

娘のフローラ(とデボラ)を溺愛しており、作中ではフローラの婿候補を探している折に主人公と出会う。
「『炎のリング』『水のリング』を探して来た者を婿として認める」という過酷な条件を提示する。
晴れて婿となった者には家宝である天空の盾をプレゼントするという気前の良さ。
ぶっちゃけ嫁よりも盾目当てで結婚申し込む奴(主人公含む)とか居るし、
実際どこの馬の骨かわからない人も大勢来てたりで、この方法はあまり合理的じゃないと思う。

主人公はフローラと結婚するために ホントは天空の盾を手に入れるために 炎のリングの探索に向かう。
無事炎のリングを見つけてきた主人公をルドマンは大変気に入り、水のリング探索の為に船を貸してくれるという太っ腹。
しかし主人公が山奥の村でビアンカと再会したことで雲行きは怪しくなってくる。

そのため主人公に一晩の猶予を与え、本当に結婚したいのはどちらなのか決定させることに(DQ5の一大イベントでもある)。
なおこの時ビアンカと結婚しても、ヘンリーから主人公の事情を聞いて「主人公が気に入った」と天空の盾と船をくれたりする。
その後も結婚式の手筈や祝福もしてくれる太っ腹な紳士である。

この重大な決断において主人公が大いなる過ちを犯そうとした際には慌てながらも正しい道を選ばせ、世界の運命を救うという偉大なる父としての威厳を見せる。

なおデボラの結婚に関しては諦めてる様子で、主人公がデボラを選ぶと再度確認し、それでも了承するとものすごーく喜ぶ。
このように、デボラの事もちゃんと娘として愛している。

なおフローラかデボラを嫁にすると、お小遣いと称して5000ゴールドくれたり、道中でアイテムの差し入れがあったりする。

しかし、ビアンカやデボラと結婚すると、フローラの婿探しというルドマンの目的は破綻するわけだが、
その場合、「フローラにはその内良い相手が見つかるから」と発言する。
まあ、フローラもアンディと結婚するので確かに問題ないのだが、当初の目的忘れてないか?




























「さて○○、フローラとビアンカさんのどちらと結婚したいか、よく考えたかね?」

→はい
 いいえ

「そうか……。ずいぶん悩んだであろうが、両方と結婚するわけにはいかんからな。
では約束通り、結婚相手を選んでもらおう!
フローラとビアンカさんのどちらか本当に好きな方にプロポーズするのだ」

→はなす

「なんと、この私が好きと申すか!? そ、それはいかん! もう1度考えてみなさい」




ねーよ。


プロポーズイベントでルドマンに話しかけると上記の台詞が聞ける。
自意識過剰もいい所である。
とりあえず全員に話すのがRPGの鉄則だから……といったノリで話しかけるプレイヤーが多いので、インパクトは相当強かった模様。
まあ、主人公の台詞はないので本当に迫ったのかもしれないが。
ちなみに、家政婦のおばちゃんも「いやだ、年寄りをからかわないで下さいよ(笑)」的な台詞が用意されているが、
ルドマンの奥さんは特に特別な反応はしない。当たり前だ。

この台詞のおかげで「第三の嫁はルドマン」「幻の嫁候補」「ルドマンと結婚したい」という声が多数上がり、DQ5屈指のネタキャラと化した。


現在では「 次のリメイクでは第四の嫁候補にルドマン 」とか言われてたりする。


……なお、(ネタだと思われるが)リメイク版制作の際に「 ルドマンを第三の嫁にする 」案があったらしい。




なんと追記・修正しないと申すか!? そ、それはいかん! もう1度考えてみなさい。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/