ガンダムスローネ

登録日 :2010/01/22(金) 22:06:38
更新日 : 2017/07/11 Tue 15:02:07
所要時間 :約 9 分で読めます


タグ一覧
123 CB GNドライヴ[T] MS お前達が……。その機体が……!ガンダムで……!あるものかぁッ!!! かませ犬 ひろし アイン アリー・アル・サーシェス イレギュラー ガンダム ガンダム00 ガンダムスローネ ガンダムスローネアイン ガンダムスローネツヴァイ ガンダムスローネドライ ゲテモノ サーシェス ソレスタルビーイング ツヴァイ トリニティ ドライ ドライはエイリアン ネーナ ネーナ・トリニティ ファング フルブースト参戦 ミハエル ミハエル・トリニティ メイドイン黄金大使 ヨハン ヨハン・トリニティ リィアン 三体一組 俺のファングすげぇだろ? 国連軍 座天使 捨て駒 擬似太陽炉 紛争幇助対象 行けよ!ファングゥッ!! 貴様はガンダムではない! 鷲尾直広


機動戦士ガンダム00』に搭乗する機体群。


本来のイオリア計画には存在しないイレギュラーのガンダム。
アレハンドロ・コーナーの指示により、リニアトレイン公社総裁のラグナ・ハーヴェイが軌道エレベーター内の秘密工場で建造させた。

各機、擬似太陽炉をメインフレームとした共通の意匠を持ち、量産性を考慮した構造となっている。
その為、太陽炉に手足が生えたような独特のシルエットを持つ。

擬似太陽炉には始動機が接続されている為、GN-Xのようにいちいち火入れをする必要が無い。




【各機解説】


世界に見せる必要があるのさ。

ソレスタルビーイングの本気さをな……。





GUNDAM THRONE EINS


【ガンダムスローネアイン】

型式番号:GNW-001
頭頂高:18.6m
本体重量:67.1t
動力機関:GNドライヴ[T]
装甲材質:Eカーボン
所属:ソレスタルビーイング(チームトリニティ)

武装
  • GNランチャー
  • GNビームライフル
  • GNビームサーベル×2
  • GNシールド

搭乗者
ヨハン・トリニティ


スローネ1号機。アインはドイツ語の「 1 」を意味する。
ダークブラウン のカラーリングと頭頂部から垂直に伸びたセンサーマストが特徴。
ガンダムデュナメスの精密射撃能力とガンダムヴァーチェの大火力を融合させた長距離砲撃型MSである。


□武装
  • GNランチャー
バックパック右側に装備された太陽炉直結の大型ビーム砲。
展開機構を持ち、長砲身時にはGNビームライフルで保持する。
他のスローネから粒子供給を受ける事で、2機連結の「 GNメガランチャー 」、3機連結の「 GNハイメガランチャー 」を発射可能。

  • GNビームライフル
メイン武装。
主に中・近距離用の火器として使われ、GNランチャー長射程モード時には後部のアームが起立しランチャー下部に接続される。
銃口の下部にはスモーク弾を発射する機能もある。

  • GNビームサーベル
両肩に装備されたスローネ共通の接近戦用装備。
チームプトレマイオスのガンダムが標準装備している物とほぼ同じ機構だが、より大型で高出力の刀身を形成する。
GNコンデンサーを内蔵している為、手元から離れても短時間ならビーム刃を維持する事が可能。
非太陽炉搭載型にも拘らず、グラハムのカスタムフラッグがビームサーベルを振るえたのはこのおかげ。

  • GNシールド
左肩に接続される小型シールド。
バックパックに接続されたベルトケーブルによって粒子供給を行う。


初登場時はAEUの捕獲部隊からヴァーチェを、オーバーフラッグスからデュナメスを救う。

第17話では太陽炉について知りすぎたレイフ・エイフマン教授をGNメガランチャーで蒸発させ、
続けて第18話でアイリス社の兵器工場を襲撃中、阿修羅を凌駕したグラハム・エーカーにGNビームサーベルを奪われ右腕を切断された。
この時奪取されたサーベルは、後にユニオンフラッグカスタムⅡの主兵装として転用される事になる。

GN-X登場後は基地を確保され逃亡を余儀なくされる。
その末、アレハンドロの命で現れたアリー・アル・サーシェスが奪ったスローネツヴァイに撃墜されたのだった。赤いGN粒子を撒き散らす最期は必見。




ガンダムスローネ2号機、スローネツヴァイ!

ミハエル・トリニティ…!エクスタミネート!行けよ!ファングゥッ!!


ガンダム…こいつはとんでもねえ兵器だ。戦争のし甲斐がある…!

テメエのガンダムもその為にあんだろぉッ?!!





GUNDAM THRONE ZWEI


【ガンダムスローネツヴァイ】

型式番号:GNW-002
頭頂高:18.6m
本体重量:67.1t
動力機関:GNドライヴ[T]
装甲材質:Eカーボン
所属:ソレスタルビーイング(チームトリニティ)→国連軍

武装
  • GNバスターソード
  • GNファング×8
  • GNビームサーベル×2
  • GNハンドガン

搭乗者
ミハエル・トリニティ→アリー・アル・サーシェス


近接強襲型のスローネ2号機。ツヴァイはドイツ語の「 2 」を意味する。
緋色 のカラーリングと巨大な大剣「GNバスターソード」、腰に装備したファングコンテナが特徴。
GNバスターソードやGNファングなど強力な武器を持つが、それだけに操るには高い技量が要求される。


□武装
  • GNバスターソード
右肩に懸架される巨大な実体剣。
GNコンデンサーが刀身に内蔵されており、GN粒子を纏わせる事で実体剣とビームサーベル両方の特性を併せ持つ。
GNソード等と同様、粒子による重量制御でインパクトの瞬間に重量を増大させて威力を跳ね上げる事が出来る。
盾としても利用可能。

両腰コンテナに搭載された、無線誘導端末による遠隔操作兵装。
8基搭載されているが、通常は6基のみ使用し、残りの2基は緊急時や不意打ちに使う。
前者を陽動、後者を本命とする戦法がミハエルの常套手段。

  • GNハンドガン
左腕に装備された小型ビーム砲。
攻撃力、射程距離ともにビームライフルには劣るが、連射性は高い。
アインへの粒子供給用ケーブルを内蔵している。


初登場ではガンダムキュリオスを捕らえたティエレン部隊をGNファングで壊滅させる。
その後、ハワード・メイスンのオーバーフラッグを仕留めるも、それ以降は目立った活躍は無く、射出したGNファングを毎回破壊されていた。

ミハエルがサーシェスに射殺された後、リボンズがヴェーダで本機のバイオメトリクスを書き換えた事で、サーシェスの機体になる。

サーシェスが初めて乗り込んだ際には連戦で粒子発生率が落ちており、GNファング未装備ながらもスローネアインを圧勝。
直後のガンダムエクシアとの戦闘でも優位に立っていたが、トランザムが起動したエクシアに翻弄されて撤退。
国連軍に所属しての戦闘では、ヴァーチェをピンチに追い込み、劇中屈指の名バトルであるデュナメスとの戦いでこれを撃破。
ロックオン・ストラトスGNアームズの残骸で放った砲撃で大破しながらもGNハンドガンでGNアームズを破壊した事で相討ちに終わった。
その結果、ロックオンは戦死し、サーシェスは重症を負いながらも生き延び、再生治療で復活を果たす。

後に設計データを使用した後継機のアルケーガンダムが開発された。




GN粒子、最大散布!行っけぇ!ステルスフィールド!!





GUNDAM THRONE DREI


【ガンダムスローネドライ】

型式番号:GNW-003
頭頂高:19.4m
本体重量:67.7t
動力機関:GNドライヴ[T]
装甲材質:Eカーボン
所属:ソレスタルビーイング(チームトリニティ)→王留美の私兵

武装
  • GNステルスフィールド
  • GNハンドガン / GNロングライフル
  • GNビームサーベル×2
  • GNシールドポッド
  • GNシールド



後方支援型のスローネ3号機。ドライはドイツ語の「 3 」を意味する。
ワインレッド のカラーリングと後方に長く伸びた頭部が特徴。エイリアンと言えば分かり易いか。

支援用の機体である為、単体での戦闘能力はスローネの中で最も低い。
コックピット内部には、AIロボット「HARO」を設置する為の台座が用意されており、デュナメス同様操縦支援を行う。


□武装
  • GNステルスフィールド
オーガンダムに搭載されたGNフェザーを発展させた機能。
大量のGN粒子を散布する事で、より広範囲をジャミングするだけでなく、その圧倒的な光景による精神的効果も併せ持つ。
GNフェザーより遥かに指向性が高い為、防御にも使用可能。
使用の際には背部ユニットと左肩のGNシールドから放出される。
先述の特徴的な頭部の異様さは、このステルスフィールドによって多少なりとも影響を受けるセンサー類のリスクを回避し、
尚且つより広範囲の粒子を確実に制御する目的で頭部のセンサーユニットをより強化した結果である。

  • GNハンドガン / GNロングライフル
カラーリングと右腕に装備されている点を除けば、ツヴァイの物と同一。
リィアン偽装時には、ビーム砲と連結させてGNロングライフルとして使用出来る。

  • GNシールドポッド
右肩に装備される武装コンテナ兼用シールド。
ミサイルや予備のサーベルが収納されている。

  • GNシールド
左肩に装備されるGNコンデンサー内蔵型シールド。
ステルスフィールド使用時は表面のカバーが展開する。


アグリッサに捕縛されたエクシアの窮地を救い、刹那・F・セイエイはその姿にオーガンダムの姿を重ねた。
GNステルスフィールドを展開し、タクラマカン砂漠上空を真っ赤に染め上げ、視聴者の度肝を抜いた。

ハレヴィ家の結婚式を襲撃し、ルイス・ハレヴィの家族と左腕を奪う。
その後、GN-X部隊からの敗走を経てサーシェスの登場でフェードアウト。

2ndシーズンでは偽装した姿、「 GNW-003/SH リィアン 」として再登場する。
カタロンの物資を運んだり、対ヒリング・ケア戦で刹那をサポートしたりと地味に活躍。

ネーナが王留美を裏切ると同時にリィアンを脱ぎ捨てて留美を殺害するも、
両親や親族達の仇討ちに現れたルイスのレグナントに四肢を破壊された挙げ句、

トドメに唯一残ったコックピットをGNファングで貫かれ、ネーナの断末魔と共に爆散した。
ちなみに機体は大破し、パイロットは粉微塵になっても、コクピット中にいたHAROは 無傷 だった。




【バリエーション】

◆ガンダムスローネアイン トゥルブレンツ


型式番号:GNW-001/hs-T01
全頂高:27.9m
総重量:139.2t

武装
  • GNブラスター
  • GNミサイルコンテナ
  • GNファングコンテナ

スローネアインを追加装備により機能拡張した形態。
擬似太陽炉を搭載した独立稼働可能な飛行ユニット「トゥルブレンツ」により活動時間の大幅な延長、高機動を実現している。

実験の意味も兼ねて設計・開発はされたユニットではあったが、GN-Xの稼働と共に消える運命にあったチームトリニティにとっては過ぎた武装だった為、正式採用はされないままお蔵入りした。


◆スローネ ヴァラヌス


型式番号:GNX-509T
頭頂高:18.8m
本体重量:69.1t

武装
  • GNロングバレルライフル
  • GNチェインガン
  • GNビームサーベル
  • GNシールド
  • GNディフェンスロッド

スローネとGN-Xを繋ぐ機体で、スローネ4号機にしてGN-Xの0番機。

スローネのパーツを流用しているものの、X字バインダーの所為でシルエットはGN-Xに近い。

後にディフェンスロッドの機構を内蔵したGNシールドとなるものがまだシールドとディフェンスロッドに分離した状態で試験的に搭載されていたり、
機体の姿勢制御を補助する為のX字の粒子発生機構がかなり大型だったりと、GN-Xの採用形式に至るまでの操縦汎用性を高める為の練り込みが不足している過渡期である事が窺える。

但し、この時点でもGNビームサーベルの出力はエクシアのものを上回る等、随所に改良点が見られ、
戦闘能力は十分確保出来ている。



HG GUNDAM 00でトリニティの3機が発売。
いずれのキットにもGNビームサーベルの刀身は付属しないので、他キットから流用&クリアーレッドに塗装して対応しよう。
ツヴァイのGNバスターソードは成形色が設定と違うので、素組み派にはかなりキツイ。

FBにもドライが参戦。
盾判定持ちの兄々ズで攻防一体の立ち回りをしながら、僚機に誘導切り効果を与えるGNステルスフィールドで援護する癖が強い機体。
格闘寄りの僚機だとなかなか輝ける。


クレヨンしんちゃんにてスローネツヴァイが登場した事があると勘違いされる事がある。
これはネット上に結構良く出来た絵が投稿された結果、広まった噂である。




アニヲタ民に見せる必要があるのさ。

Wiki篭りの追記・修正をな……。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/