CNo.39 希望皇ホープレイ

登録日 :2011/09/14(水) 22:21:40
更新日 : 2017/03/26 Sun 12:48:25
所要時間 :約 5 分で読めます





カオスエクシーズチェンジ!!
カオスエクシーズチェンジ!!






希望 の力


混沌 に変える使者



CNo.39 希望皇ホープレイ!!



遊戯王ZEXALに登場し九十九遊馬の切り札No.39 希望皇ホープがパワーアップした姿。

ジンに追い詰められ諦めかけたアストラルが、
遊馬の「自身のためでなく、仲間のために勝ちたい」との強い願いにより復活し、アストラルの思いによって現れた新たな力。


OCGでは「ORDER OF CHAOS」にてパッケージモンスターとして収録された。


効果名「オーバーレイチャージ」
攻撃名「ホープ剣カオススラッシュ」


今のところ、このカードがエクシーズ召喚されたらアストラルの姿が実体化するということ以外はまだまだ謎が多く、
後にRUMによって召喚されるホープの進化形態であるホープレイVやホープレイ・ヴィクトリーなどが登場したが、
このカードとシャーク・ドレイク・バイスの二つの特殊なCNo.の正体はいまだに不明である。

アストラル世界編の解説によると、カオスとは「悪や憎しみなどの負の感情」とみなされる一方、誰かを守りたいといった欲求もひっくるめた力。
なのでアストラルと遊馬の「仲間を守りたい」というカオスの力によって誕生したカード……といったところか?


【アニメ効果】
ランク4/光属性/戦士族
ATK 2500/DEF 2000
光属性レベル4モンスター×3
自分のライフが1000ポイント以上の場合、このカードを破壊する。
自分フィールド上に存在する「No.39 希望皇ホープ」1体をこのカードのエクシーズ素材として、
このカードはエクストラデッキから特殊召喚する事ができる。
この時「No.39 希望皇ホープ」のエクシーズ素材をこのカードのエクシーズ素材とする事ができる。
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動する事ができる。
エンドフェイズ時まで、このカードの攻撃力を500ポイントアップし、相手モンスター1体の攻撃力を1000ポイントダウンする。


「No.39 希望皇ホープ」が、変形前の形態に戻りホープの素材とともに再度オーバーレイ・ユニットととしてカオスエクシーズチェンジされる。
効果で攻撃力を4000に上げ、さらにジンのNo.11 ビッグ・アイ の攻撃力を0にし強烈な一撃を叩き込んでジンのライフを0にした。

後の決闘でも参戦し、ラスボス相手に止めを刺すなど進化形として大活躍した。

ⅡからもRUMを使用してくるバリアンに対して序盤からその効果を使い勝利してきた。

遊馬がホープレイV使用後は登場していなかったものの、ブラック・ミスト戦ではアストラルによって召喚された。

そして究極暴走体となったNo.96との最終決戦。
強力なCNo.三体の前にホープレイ・ヴィクトリーすら墓地にいるために召喚できないという劣勢な状況で、
ZEXALⅡによって墓地から特殊召喚した希望皇ホープを素材にカオス・エクシーズチェンジされる。

エクシーズ・トレジャーによって四枚シャイニングドロー。それによって得たカードで見事大逆転を果たした。

遊馬とアストラル……二人の絆の結晶のカード「CNo.39 希望皇ホープレイ」……
その存在とともにアストラルと遊馬の冒険は一つの終わりを迎える……


その後も新OPやEDで絶好のポジションを獲得しており、主人公が中盤で使う進化カードとしては異例の好待遇である。
(このカード以外で中盤に活躍した後にも活躍できたのは精々セイヴァーシリーズくらいである)

効果もピンチの時の逆転のフィニッシャーとして実にシンプルで使いやすい。
またアニメでは唯一ZWを装備可能なのでシャイニングドローからのZWというかっこいい展開が可能なのもあるだろう。

なんどもリリースされ、新OPでは頭ニギニギされていたヴィクトリーはホント泣いていい。


EDやビヨンド・ザ・ホープ召喚シーンなどでよく腕組みをしているため、彼に腕組みの印象を持つものも多い。

ナッシュ戦では遊馬のデュエルディスクになぜか乗っていた。(ZWがアニメ版だとホープレイ専用カードだったからだろうか?)
ちなみにホープレイだった場合は遊馬はデュエルに敗北していた。



以下OCG効果

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2500/守2000
光属性レベル4モンスター×3
このカードは自分フィールド上の「No.39 希望皇ホープ」の上にこのカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
自分のライフポイントが1000以下の場合、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
エンドフェイズ時までこのカードの攻撃力を500ポイントアップして相手フィールド上のモンスター1体の攻撃力を1000ポイントダウンする。


ホープにホープレイを重ねてエクシーズ召喚が可能であり、
ホープが所持していたエクシーズ素材とホープ自身がそのままホープレイのエクシーズ素材となる。

ほぼ原作状態になっており、自分のライフが1000以下というデュエル終盤のここぞと言う時の切り札になるだろう。
しかしライフがまだまだ残っている場合はただのバニラになってしまうので、その時はホープの自壊を防ぐ目的で使用することになるだろう。

切り札は最後の最後までとっておくものなのだ。一応ZWで強化して序盤から戦うことも可能。
自壊を防ぐだけならば攻撃力が10高いSNo.39 希望皇ホープONEでも可能なので、どちらを選ぶかは状況によって使い分けよう。

ホープになったファントム・オブ・カオスもホープレイになれる裁定が出ている(ホープになったN・ブラックパンサーも同様)
ホープが墓地にいたり、相手の場に存在する事が条件であるが、実質消費1枚でホープレイが出せるのはなかなか脅威。

しかも、ホープレイは下にしたカードをエクシーズ素材として扱う為、相手ターンで攻撃力の低いモンスターを晒す必要がなくなる。
さらにはRUMを使用可能になるのでかなり良いコンボである。

余談だが似た召喚条件のセイクリッド・トレミスM7は
『「セイクリッド」と名のついた エクシーズモンスター の上にこのカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。』となっている為不可能らしい

ホープと同じレベルで「希望皇ホープ」の名を持つので、RUMによってホープレイVやホープレイ・ヴィクトリーに進化可能。
使うのであれば、自壊を防いだ後やオーバーレイユニットの量増しのために使うのが好ましい。

遊戯王Dチーム・ゼアルでは実際にホープレイからVにランクアップさせている。
マスターイビルのように相手のホープを奪ってカオスエクシーズチェンジする戦法も有効である。

また逆にホープレイVとホープレイ・ヴィクトリーからRDM-ヌメロン・フォールによってこのカードにすることも可能。
エクシーズ・チェンジ・タクティクスでの追加ドローやこのカード自身の素材を使う効果を存分に生かすことができる。

またCX 冀望皇バリアンを使えば、
七皇の剣でノーブルデーモン出す

効果使用し相手モンスターの攻撃力0・効果無効、1500バーン

バリアン重ねて墓地のホープをコピー

ホープになったバリアンにホープレイを重ねる

ストイック・チャレンジ装備して攻撃

1500+(2500+600×2)×2=8900
なので、手札2枚で1kill出来たりする。


ちなみに攻撃力を下げる効果は進化前同様「 対象をとらない効果
よって神様だろうが、なんだろうが、攻撃力を下げたり、自身の攻撃力を上げることができる。


カオスエクシーズ・チェンジ!! アニヲタの力、クソ項目を良項目に変える使者! CNo.39 希望皇ホープレイ!!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/