ラッキーセブン(野球)

登録日 :2011/10/13(木) 12:07:59
更新日 : 2017/07/29 Sat 08:59:22
所要時間 :約 2 分で読めます




【概要】
ラッキーセブンとは野球(ベースボール)の試合において七回に点が入りやすいと思われていることから呼ばれている。

しかしデータを見る限りでは最も点が入りやすいのは一回であり、
点が入りやすいというよりは投手交代や代打攻勢などにより試合が動きやすい回というイメージを受ける。
また交代する投手も9回のクローザー、8回のセットアッパーと比べると見劣りする場合が多くそれも一つの要素である。


【MLB】
メジャーリーグでは七回裏前に小休憩が設けられ『私を野球場へ連れてって』が歌われる。


【プロ野球】
日本のプロ野球においては自チームの7回の攻撃の前にそのチームの応援歌を流すことが定例化されている。
また球団によりジェット風船を飛ばすことが多く、超満員の甲子園で見られる六甲おろしとともに無数の黄色の風船が飛ぶシーンは圧巻の一言である。

たまに6回2アウトから投手交代などで長引くと待ち切れずに飛んでいく風船があるが暖かく見守ろう。早漏とか言ってはいけない。

東京ヤクルトスワローズでは岡田団長の頃より伝統的に東京音頭が流れ傘をふりが行われる。
また公式ではないが前奏では「くた○れ、読売。」と歌う人が多く、
特にヤクルト阪神戦になると阪神ファンの中にも傘を降って歌う人もおり球場は異様な雰囲気に包まれる。


追記、修正はジェット風船を膨らませてからお願いします。
なお神宮球場ではジェット風船の使用をお断りしております。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/