理科室

登録日 :2009/06/08(月) 21:30:35
更新日 : 2017/02/11 Sat 08:10:18
所要時間 :約 4 分で読めます




私と…実験しない?





学校の特別教室の一つ。

どの学校にも必ず一つか二つは存在する教室。
第一理科室、第二~という名称で学校内に複数存在したり、物理・生物・化学・地学用に分かれている場合もある。

理科系の授業はここで行う事が多く、実験や生物の解剖など様々な授業が行われる。

学校の理科の教師はそこまで実験しているようなイメージはないが、先生によってはいつも授業中に白衣を着ている。
別にそこまで必要な気もしないが、形から入るのは大事なんだろうか。
まぁ、夏にランニング、冬にセーターなんて着てる理科の先生がいたら警戒するに越したことはない。
クソ暑い夏にもわざわざ白衣を着ている先生こそ、もしかしたら真の理科教師なのかもしれない。


ちなみに2次元の理科系の教師は殆ど白衣姿がデフォルトである。

小中学生は理科の実験中、必ずと言っていいほどガスバーナーやアルコールランプの火でシャーペンの芯を赤くなるまで焼いたり、
ペンを少し溶かしたり等といったイタズラをする。
塩酸に10円玉入れて綺麗にする奴も必ず一人はいる。
どれか一つの机にはほぼ100%落書きされている。


ガスバーナを付けずに元栓をひねるのはやめましょう(本当に危ない)。

火を使う事も多いため、近くに職員室や家庭科室がある場合が多い。
ガスが通っているため文化祭で模擬店を開くクラスが使用することもある。
薬品を保存するので日当たりの悪い所に配置する事が多い。
そのため必然的に少しカビ臭かったりする。

放課後は化学部、生物部などの理科系の部活動の活動場所になっている事も。


理科室の隣には理科準備室があり、ここに実験用の機材や薬品類などを保管していたり、理科担当の教師が居たりする。
授業時間外は施錠されている事が多いが、IQ190以上ある生徒ならば自由に出入り出来るらしい。


【定番の備品】

  • 人体模型、骸骨

  • ビーカー、フラスコ、試験管、メスシリンダー

  • ガスバーナー、アルコールランプ

  • ホルマリン漬けの何か(実際はガソリンが使われる事が多い)

  • 顕微鏡、望遠鏡



【主な特徴】

  • 理科の実験が行われる

  • 薬品臭い

  • 水道の水の勢いが凄まじい(理科室の水は飲んじゃダメ!!)

  • 人体模型に名前がついてたりする(例:セクスィーなあの人[発音重要])

  • 爆発

  • 人気が無いので異性とキスの実験をするのに適している


怪奇スポットとしては最もメジャーな場所の一つ。
その理由は、やはり人体模型君やガイコツの功績が大きいだろう。
ホルマリン漬けの物体の気味の悪さからも、あまり夜中には入りたくない場所である。
ただ学校で肝試しをやると必ずといって良いほど理科室はコースに組み込まれる。

最近は人体模型などはあまり授業で使われる事は少なく、準備室や倉庫の奥で眠っている事も多いらしい。
そんな日陰生活を送る彼らだが、長い事放置されていざ見かけると体の一部や内臓を落として存在感をアピールしている、なんて事もあるようだ。




エロ本などでは謎の実験で生まれた生物に犯されたり、眼鏡を付けた(キモ)男教師に犯されたり、色々パターンがある。


















実際は授業するだけの場所なので行っても面白くも何ともない場所である。
準備室辺りで健気に張り込んでいればいつか黒髪の美少女に出会えるかもしれない。

重力を操る女の子もスルメを食いながら待っているかもしれない。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/