PTA

登録日 :2011/07/30(土) 17:07:07
更新日 : 2017/05/23 Tue 17:20:10
所要時間 :約 6 分で読めます




PTAとは、全国各地の学校単位、あるいは市町村単位で設けられる組織である。

PTAはParent・Teacher・Association(ペアレント・ティーチャー・アソシエーション)の略。
決して「パパさん達の集まり」ではない。

学校に通うこども達の親や、教師によって構成され、
健全なる教育、こども達の安全、充実した学校生活の支援を目的としている。

PTAシステムの開祖はアメリカであり、日本には戦後、GHQ等によってもたらされたと言う。



通常こどもが小学生になると、その両親(特に母親)はPTAに入会するかどうかの決定を求められる。
入会すると会合等に参加できるが、自治体によっては会費が必要な場合が多い。
利点としては、教育の実情を常にかつ身近に把握できる他、必要とあれば直接、あるいはPTA協議会を介して教育の内容に口出しをできることにある。
地域社会に根付いた独自の視点を持つ親御さんが学校の気付かない教育の在り方の問題点等に適切な意見を述べることは、教育にとって重要である。
先生に対して一人では言いだしにくいことも、集団で問題意識を共有してまとめて話すならば、より洗練された重要な指摘になるかもしれない。

しかし、それでも繰り返すが、PTAに入会するか否かは任意である。こどもに教育を受けさせるのは義務であるが、PTAに入会するかどうかは別問題。
最近は、「入会してないのに会費の請求が来た」とか「強制的に入会していた」などのトラブルが報道されるようになった。
学校に入学したからと強制的に入会させたり、会費を徴収したり、会合への出席を求めるのは「基本的人権(所属の自由)」に反した行為であると言える。
入会申込書を書いてもいない人を強制的にPTAのメンバーにし、更に有無を言わさず強制的に会費を取り上げる行為は違法であり、犯罪になることもある。

◇PTAの活動
地域によって詳細は異なるものの、大抵、月に何度かの会合を開き、教育の内容の報告、問題点、懸念事項等についての話し合いが行われる。
場合によってはPTAが主催となり、こども達の為のイベントが開かれることもある。

学校周辺や通学路の清掃、登下校時間における監視(みどりのおばさん的な)活動等ボランティア活動のようなことも行う。
後述するようなおかしな主張をする方々も多いが、タダの学校の下部組織として便利に活動しているだけ、というPTAもかなり多い。 

しかし、中には仕事や高齢者の介護をしなければならない家庭の親に対し、順番などを理由に有無を言わさず役員などに任命し、PTAの仕事をせざるを得ない状態に追い込むPTAが社会問題化している。
PTAに入会したからといって仕事を強制することは許されないし、またそんなやり方が横行しているPTAからは脱退することも基本的人権の一つである。
無理やり任命した挙句、仕事を拒否したことについて嫌がらせをする場合、PTAの担当者の方が犯罪になりかねない。
昔からやってるからいいと思った、と言う感覚に染まるといつの間にか犯罪者になっていることがあり得るのでので注意しよう。

また、あまり参加したくない人がイヤイヤやっているPTAが多いため、経理が杜撰で使い込みをされているのに気づかなかったり、後記するような意識高いつもりのバカが暴走した結果、実質強制加入のような法律をきちんと守らないやり方が横行してしまう傾向が強い。
こういった傾向から脱皮できるかが、PTAの今後を握っていると言えよう。

◆悪行

通常、この手の文脈で取り上げられるPTAとは『日本PTA全国協議会』のことを指す場合が多い。

PTA全国協議会は全国各地のPTAの活動を支援し、まとめる組織である。

『教育に悪影響を与える』

誰もが一度は聞いたことがあるはずのこの一言でこども達の娯楽を奪おうとする活動もPTAの仕事である。

名目はやはり「こどもの健全な教育の為」。


しかし、どれもこども自身の意見を完全無視した大人のみの視点による主張が多く、反発を受けることも多い。

しかもその主張がなぜか通ってしまう例もあり、『PTAにはそういった権限がある』と誤解する者もPTA内外問わず存在する。
近年台頭するモンスターペアレント(モンペ)もその代表格である。
多くのモンスターペアレントはPTAに属している。
もはや、監視という名の管理・軟禁である。


何かしら注意した際の常套句は 「アンタ子供育てたことないでしょ↑!!!!」


余談だが男女問わず、性的な意味で子供が好きな人も紛れている場合がある。その数はPTA全体の5~10%程度といわれている。
尚、これに関した事件が、地方紙の片隅にひっそりと載っている。


◆PTAが主張する教育に悪影響を与える例
  • ゲーム、アニメ、まんが、特撮番組
代表例。
1950年代の 悪書追放運動鉄腕アトムすらも 焚書 にし手塚治虫を大いに苦しめた。
CEROや倫理機構が発達する中でも(もっともそれらを活性化させたのもPTAである)、存在を抹消しようと懸命である。
場合によっては、子供にトラウマを植え付け…もとい注意する為に強制的に見せることもある。
子供が近付こうものなら、 激怒 する。企業や本屋を。
最近は、エロゲ会社にもクレーmもとい抗議をしているらしくアニヲタとしては由々しき事態である。
アグ〇スとタッグを組んでいる団体もある。

  • 学生服、体操服
なんでも、ブルマは卑猥なんだとか…。この発言を最初にした人は自称フェミニスト(フェミニン)。女性解放運動を知らないのか?と言いたくなる。
既にブルマー等はほぼ絶滅状態である。
女子学生服のスカートを廃止した学校も現れはじめた。由々しき事態である。

  • イベントごとの不平等
ここで言う平等とは『学芸会における全員主役化』『運動会における整列徒競走』等、少しズレた平等。酷くなると部活にも口を出す。
練習を頑張った子供はどうなるんだ?、という疑問はタブーとされている。

  • バラエティ番組
『こどもに見せたくない番組ランキング』が有名。
めちゃイケやロンドンハーツ、クレヨンしんちゃんが上位の常連。
「クレヨンしんちゃんを見たこどもが往来でケツを出した光景」を実際に見たことがあるのだろうか?
一方、『見せたいランキング』ではふしぎ発見、プロジェクトX、世界一受けたい授業等が常にランクされる。
なお、ヘキサゴンは両方にランクインしたことがある。

  • インターネット(パソコン・携帯電話・スマホ等)
最近よく騒がれている内容。(ちゃんと調べたりもせずに)子供に不適切だったり、過激だと思われるようなサイトの閲覧を制限させるよう自治体に求めたり、
夜間にケータイをさせないように呼び掛けたりしている。自治体に。

アダルトサイトやアダルトな内容を含むサイトならいざ知らず、親によってはニュースも禁止という者もいる。

ぶっちゃけ、ネットに関しては俺らも悪い。

◆極めて特殊な主張
先に挙げたような基本的な主張は誰もが知るところであるが、ときにPTAは誰もが首を傾げたくなるような主張をすることがある。
ここではウソかホントかもわからないような驚きの主張(下手をすれば犯罪行為)を紹介する。

繰り返すが、PTAには「命令する権利」はないし法律でこれらの行為が保証されている訳ではない。

※事実かどうか定かではありません
都市伝説的感覚でお楽しみ下さい

  • 「棚を移すだけではダメだ!18禁コーナーを撤廃せよ!」
筆者の地元で起こった運動。
学校に近い本屋数件に対して、「こどもの目に触れる可能性がある」としてアダルトコーナーを 撤廃 させた。

  • 「ゲームセンターがオープンした? 店を畳め!!! なに?嫌だと? 宜しい、ならば毎日押しかけてやる!!!」
オープンしたて のゲーセンに毎日押しかけ、店をたたむように命令した。
こどもが近付かないようにボランティアが周辺を見回りするようになり、ゲーセンは移転を余儀なくされた。
店をオープンするには法などの手続きや建物の建設や改築等、手間や費用が掛かっている。オープンするまで放置して建ててからいきなり恫喝やPTAの張り込みを行うという面でも悪質で事実上の営業妨害である

  • 「キャラクターに『嫌いな食べ物』を設定するべきではない!」
「○○だってたまねぎ食べられないんだよ!」と子供が言ったのを受けて一時期大量に生まれた苦情。
「子供を教育する親は嫌いな食べ物はないのか?」と問いたい。

  • 「アンパンマンはエロアニメ」
アンパンマンに対し、『性的表現』について抗議を出したと言う。
なんでもドキンがしょくぱんまんに恋していると言う設定が気に入らないらしい。
確かに対象年齢的に恋愛表現は若干早いような気がしなくはないがおかしな主張である。

  • 「家を出入りしているのに靴を履き替えないのはおかしい!」
ドラえもんに対し、このような苦情が来たと言う。
この苦情の後、ドラえもんは地上から3ミリ浮いていると云う設定が追加された。

  • 水着の変更
これはとある地域で起こったことだが、学校指定の水着に対して「水に濡れたときの あのピッチリ感は卑猥だ 」となんともアレな主張もとい難癖をつけ、
学校指定の水着を止めさせて水着は自由にするよう求め校則を無理矢理変えさせた。
もっと際どい水着が増えた。結果、その学校の教師は猥褻罪や淫行罪で逮捕される件数が増えた。

  • 一方通行
エロゲ等の18禁コーナーに子供が入ろうとしていたので、注意したら親が激怒。

駄文ではあるが、一つ。大多数はこんなわけのわからない人ばっかりだが、ほんの一握りにはちゃんとした人もいる。ほんの一握りだが。

それから、PTAを憎むあまりに自分が同じような存在にならないように気をつけるべきだろう。ネットの人間もPTAみたいな奴らが多いから。

追記・修正は教育に少しだけ悪影響与えるザマスからほどほどにするザマス!
この項目が面白かったなら……\ポチッと/