高野晶

登録日 :2011/05/11(水) 16:36:56
更新日 : 2016/10/13 Thu 17:57:21
所要時間 :約 3 分で読めます




高野晶は、スクールランブルの登場人物。

CV:清水香里

塚本天満沢近愛理周防美琴らと共に物語の中心。
小柄で黒髪のショートカットに、目尻の上がった一重が特徴。

家族構成は両親に妹。
父は実父だが母が義理、妹が母の連れ子の可能性。
愛称は「高野」「晶ちゃん」「姐さん」など。


○人物
冷静沈着で物静かなように見えて、実は作中随一の悪戯好き。
沢近愛理とは特に仲が良いようだ。
中学生の頃から小説をしたためているのだが、それを知っているのはおそらく沢近のみ。

服装には何かこだわりがあるのか、パジャマはジャージ、水着はスク水を愛用。
学校外での行動が描かれることが少ないため、制服での登場が多い。
私服で登場する回は少ないが、その場合の服装は至って普通。
どうやら上記のファッションは狙ってやっていただけのようだ。

バイトをいくつか掛け持ちしてお金を貯めているらしいが、用途は不明。
ナンパされた際は、相手に自己資本比率を尋ねB/Sの開示を求めて撃退した。
また、2-C男子へは度々女子をエサに出会い系やネズミ講のような商談を持ち掛けている。

趣味はガンプラ、モデルガンと女の子らしくなく、極めつけは歩行祭に必要な荷物が「サバイバルナイフニ本」だけだったこと。

食糧調達、火を起こす、イノシシ撃退、イノシシ解体、寝床を作る、犯人の名を刻む……これだけの機能を持ち合わせた道具が他にあるだろうか。
一本で済まなかったのは、予備のナイフを準備したため(実際に携帯したかは不明)。

修学旅行においては冬木武一に向けられたカメラをことごとく忍術でかわし、吹き矢一発で昏倒させた。
あるエピソードでは、イタリアでマフィアの抗争に介入して命を狙われるも、アクション映画顔負けの機転で突破。
恋愛話を振られると困窮して自爆(もちろん表情は変わらず)するなど、もはや女の子というより一般人らしからない。

誰も知らないはずの播磨の携帯番号を知っていたり、播磨が漫画を書いていて塚本家を追い出されたことも知っていたりと、独自の情報網を持っているようだ。

前述の悪戯好きは筋金入り。

  • 脆くなった木造の校舎に後輩をおびき出し、床が抜けて嵌まったところを撮影しようとする。
    餌は自分で、あらかじめ着ぐるみを着て床に嵌まることで自分だけは脱出できるようにしていた。

  • エビ入りのカレーを沢近や周防に振る舞った直後、用意しておいたザリガニを見せるというドッキリ。

など、妙に手の込んだ悪戯を次々にしかけていく。


学級委員の花井には基本的に辛くあたり気味だったが、最終回付近で少しだけデレた。



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/