超合体戦士サンゴッドV

登録日 :2012/07/24(火) 01:56:31
更新日 : 2017/04/07 Fri 10:24:40
所要時間 :約 2 分で読めます




『超合体戦士サンゴッドV』は、三重県の平和を守るために戦うスーパーロボット・サンゴッドVの活躍を描いたロボットアニメである。


【登場人物】

  • サンゴッド1のパイロット
サンゴッドVの上半身を形成する戦闘機のパイロット。
サンゴッド2のパイロットと付き合っている。

  • サンゴッド2のパイロット
サンゴッドVの下半身を形成する戦車のパイロット。
チームの紅一点。

  • リュウ
サンゴッドVとは 特に関係のない 小型車・サンゴッド3のパイロット。
他の二人に比べれば基礎体力やチーム内での待遇が劣るようで、サンゴッド1のパイロットとサンゴッド2のパイロットが付き合っている事もただ一人知らされていなかった。
待遇の悪さに不満を覚えるあまり凄まじい歯ぎしりをした末前歯を折り、自分が恋愛からも取り残された事を知るや丑の刻参りを始める。
やがて果てしない憎しみに捕らわれた彼の心は……

  • リュウの母
リュウと同居している。
リュウのサンゴッド3がロボットになる事を期待したり、丑の刻参りで帰りの遅いリュウを心配するなど、常に彼の事を思っているが、それが気に障るらしくリュウには辛く当たられている。

  M
 MOM
  M


【サンゴッドV】
サンゴッド1とサンゴッド2が超合体する事で生まれるロボット戦士。
果てしない憎しみに捕らわれた悪から三重県を守るため戦う。

合体時、サンゴッド3は必然的に余る事になるため、 濡れないように気をつけつつ波打ち際を走る しかやる事がない。





以下ネタバレ


















増田こうすけ原作のマンガ『ギャグマンガ日和』のネタの一つ。
ロボットアニメのオープニングテーマを元に、世間一般ではどちらかと言えば不遇な(またはデブ、ノロマ、カレー好きなどのマイナスな)イメージの強い三号機パイロットの悲哀を描いている。

アニメ第3期でも放映。ネタの使いやすさから数々のMADが制作された、ギャグマンガ日和を代表する作品の一つである。

ちなみに、舞台となる三重県は増田こうすけの出身地。




追記・修正は干潮時を狙って、波打ち際を行きながらお願いします。
(濡れないように)

この項目が面白かったなら……\ポチッと/