神器(新・光神話パルテナの鏡)

登録日 :2012/04/11(水) 01:16:00
更新日 : 2016/05/13 Fri 19:06:42
所要時間 :約 6 分で読めます





 神器とは、新・光神話パルテナの鏡における主人公のピットの武器で、特別な存在の三種の神器を除けば、撃剣、狙杖、射爪、神弓、破掌、巨塔、爆筒、衛星、豪腕の9種類に大別できる。
 また、すべての神器は神器神ディントスによって、加護と力と光を与えられている。



☆神器種☆
 神器はそれぞれ射程や弾速、威力や誘導性、打撃力や移動スピードなどに違いがあり、神器種ごとにある程度の傾向があるが、
 例えば同じ撃剣でも非常に打撃が強い景丸や、打撃が弱い代わりに射程と弾速に優れるバレットマスターなど、同じ神器種でも、種類によってかなり性格が異なる。
 また、射撃や打撃に設定された★や☆の数によって威力が、スキルによってピットの能力や追加効果などに影響があるため、同じ名前の神器でも性能が変わってくる。
 ここでは、各タイプの全体的な傾向を紹介する。


撃剣

 クセのないタメ射撃と高めの連射力に加え、打撃のリーチも長いスタンダードな神器。
 万能タイプと言えるが、やや射程が短めで、どちらかと言えば近距離戦向け。
 ピットの初期装備もこの撃剣で、基本的な動きを学ぶにはもってこい。
 特に苦手な局面が無い代わりに、コレといった強みも無いので、腕の差が出やすい。
 ガンブレードではない。


狙杖

 長い射程と弾速に優れた、名前通り狙撃が得意な神器。連射も速いタイプが多く、死に損ないを狩るのも楽。
 脚が遅く、打撃が弱めで、敵が近いと射撃の威力が下がる…と近距離戦は苦手。
 また、弾が全く誘導しないものが多く、狙いを正確にしなければいけないため、走り回りながらの撃ち合いも難しい。
 "ひとりで"では射程を生かして一方的に攻撃できるため有利な場面が多いが、"みんなで"では闇討ちを狙ったり立ち回りに気を使う必要がある。
 遠距離では非常に威力が高く、100m以上離れていても一瞬で届く弾速を持つものもあるため、開けたフィールドでは、シモ・ヘイヘのごとく活躍するプレイヤーもいる。

射爪

 連射も打撃も素早く、脚も速い高機動タイプの神器。
 射程が短いため、前ダッシュを中心に攻撃をかいくぐって間合いを詰めたら、相手に張り付いて手数で押し切りたい。
 接近戦に強いが、アクションゲームのスピードタイプのご多分に漏れず、操作が忙しく回避の腕も求められるため、やや上級者向け。
 対戦では単発での威力で劣るため、脚を使ってしっかり避けつつ攻撃を当て続けられないと押し負ける。1対1の場面ではリターンの大きいコンボ打撃を狙うのも良い。



神弓

 やや弾速に劣るものの、長めの射程に雑に狙っても当たるほど高い誘導性のある弾が撃てる扱いやすさが売り。初心者にもオススメ。
 移動スピードや打撃力もそこそこあり、撃剣が打撃よりの万能タイプだとすれば、こちらは射撃よりの万能タイプと言えそう。
 対戦では、中距離での撃ち合いや誘導性を利用した地形越しの曲射が得意で、単独での戦闘も充分こなすが、射程を生かしてネチネチ援護射撃をしていくのも良い。

破掌

 移動スピードが高く、射程が短めの近距離戦タイプだが、射撃の誘導性が高く連射も利き、動き回りながらキチンと狙うのが苦手な人でも扱いやすい点で射爪と差別化できる。
 射爪より適当に撃っても当たるので、狙いに神経を使わなくて良い分、脚をしっかり使って敵をかき回したいところ。
 死にかけているときに、歩き連射で弾幕を張られると恐ろしい。


巨塔

 遅い、デカい、強いと三拍子揃ったパワータイプの武器で、連射が出来ず、ボタンを押しっぱなしにするとその場で武器を振り回す。
 打撃が届かない位置では、タメ射撃しかできないものの、超火力を誇り、弾がデカい上多少外れても吸い込み、相殺されにくく、障害物も貫通するという凄まじさ。
 ロマン臭の強さ通り、対戦で真正面から撃ち合っても回避されてしまうが、地形越しの闇討ちや、援護や乱戦の利用、
 透明化やクイックチャージの奇跡を利用するなどの工夫をすれば、高い決定力を発揮出来る。
 打撃も威力が高いので、乱戦時には上手く狙っていきたい。
 上手い巨塔使いに対戦の流れを一気に変えられることも少なくない。


爆筒

 その名の通り、タメ射撃が着弾時に大爆発を起こす。
 また、弾は地形に当たると跳ね返り、タメ射撃の弾は放物線を描くため、曲がり角越しや障害物越しに一方的に攻撃出来るため、閉所での戦いに強い。
 ただし、弾速も脚も遅いため、対戦でまとも正面から撃ち合うのは無謀。闇討ちや味方の援護に徹して、高い火力を生かしたい。


衛星

 イクシードオービットのごとくピットの両肩の上に浮かぶ、射程が長めの神器。
 連射もタメ射撃も一部を除いてクセが少なく、特にタメ射撃は二発同時に発射されるため、歩きやダッシュではかわしにくい。
 後ろダッシュ射撃での弾の性質の変化が大きいものが多いのも特徴的。
 一方、打撃は弱いので、対戦では比較的速い移動スピードを生かして、しっかり距離をとって撃ち合いに持ち込もう。



豪腕

 巨大なグローブのような神器で、射撃は弾速が遅く射程も短く、威力もやや低い。
 移動スピードも高いが、最大の特徴は突出した打撃力で、ダッシュ打撃、コンボ打撃ともに強力。
 素早く間合いを詰めたら、弾体が大きめで相殺されにくいタメ射撃を布石に、逃さず打撃を叩き込みたい。
 奇跡の透明化で奇襲したり、スーパーアーマーを使って強引にねじ込むのも有効。




☆三種の神器☆
 前作でメデューサを討ち果たした、ライトアロー、ペガサスの翼、ミラーシールド、専用の鎧で構成される金色の神器。妙に細長い箱に入っている。
 機動力や打撃力こそ見た目が近い神弓並みだが、射出直後に誘導するタイプの連射は破掌のラッシュニードルに近い使用感で、弾が速く持続力もある。タメ射撃は貫通力と威力が高い。
 後ろダッシュ射撃の軌道がカッコいい。
 普通の神器では倒せないうえ、当たると即死させられるオーンを倒せるのも強み。
 三種の神器を使う章ではクリア後再挑戦する際、三種の神器を使うか通常の神器を使うか選べる。



以下、ネタバレ注意










☆真・三種の神器☆
 ハデスとの最終決戦にあたって、神器神ディントスの試練を超えることで授かることになる、オリハルコン製の白亜の神器。
 神器神が戦闘力を求めて作っただけあって、兵器としては天界最強。
 ギガスをも上回る巨体ながら、急制動や急加速といった運動性にも優れる。
 その力は女神パルテナをして「一歩間違えれば破壊神」とさえ言わしめた。
 装甲や主砲やブースターで構成された見た目は、神器…というよりもはやロボットで、動力源を搭載せず神力のみながら高出力であり、
 一部損傷した程度ならその部分をパージして戦闘を継続出来るあたり、神器神のホンキ度の高さが伺える。
 どう見ても三種の神器ではないが気にしない。



 追記・修正は神器神の試練に打ち勝ってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/