貫通(エロ描写)

登録日 :2011/07/10(日) 01:41:09
更新日 : 2016/09/13 Tue 15:45:37
所要時間 :約 4 分で読めます




マンガ、アニメなど人の想像がフルに活かされる場所には時に常識に囚われない云わば幻想とも言って良いその場だけの現実が誕生する。


「貫通」 というエロ描写もまさしくその一つである。

貫通とは読んで字の如く物体が何かを貫くことである。
この項目では何を貫くのかあえて説明するが、
人 の 体 である。

触手プレイやアナルセックスの発展として描かれることが多く、大抵貫かれるのは女性。

貫くものは触手、男性器、何らかの細長い器具など、ある程度の長さがあるものなら貫通の道具として使われる。
この場合挿入するのは女性器では無く肛門となる。


そして直腸から侵入した異物は消化器系を逆流し口から飛び出すのだ。

腹の中身については大抵は触手がお掃除してくれるので、せいぜい出て涎くらい、少しハードで胃液とかさっき飲んだ精液くらい。
ただしニッチなものではゲロやウンコを押し出しながら先端がこんにちはすることも。

さらにバリエーションとして口から出た触手が他のキャラに襲いかかり、人間数珠繋ぎになることも。


なおエロ業界において貫通とは消化器を細長いものが通り抜けることであり、
堅い棒状のもので肉体を破壊して貫通させるのは串刺しとなる。


ここまで書いてあるのを見るとエログロの塊であるようにしか思えないが………。
……うん……。


ぶっちゃけ エログロ である。



貫通は、当然であるがアニメ、マンガ、ゲームなど人体の構造やら耐久性などを無視した世界でのみ可能であると言える。



この描写が登場する作品は陵辱性が強い作品が多く、恋愛メインのギャルゲを中心にプレイしている人はまずお目にかかれない。

そりゃ幸せ一杯のエッチなシーン中に主人公の男性器が 女の子を貫通 ……なんてことになればとてもじゃないが笑えない。



これが登場するのは魔法や超科学を背景とした陵辱ジャンルが主となる。



触手生物が存在する魔法世界だったり、耐久性を強化された変身ヒロインが改造人間を擁する悪の組織と戦う世界だったりとそんなかんじである。


その中でも特にコアな一部のゲームにしか存在しない。
陵辱作品は数あれど貫通描写のある物は殆どなく探し当てるのは大変である。


むしろ18禁OVAの方が数だけならばあるかもしれない。


そういった世界で敗北し捕らわれた女性があらゆる陵辱を受けた末に待っている絶望。

最早体中犯されてない場所は無いと言うほどの本当のラスト。


こういった破滅的な部分や絶望感が征服感に似たようなものを生み出しコアではあるが、それなりのジャンルとなっている要因ではないだろうか。



ここまでは二次元の話。ここからは三次元の話になる。

現実で貫通プレイはまず 不可能 である。
人体には消化器系に口から入った物が逆流しないように弁や乳頭( 乳首じゃないよ )といったものが付いている。
現実で貫通描写をしようものならこれらを破壊してしまう。
また、小腸は、エネルギーを吸収する構造上とても長く曲がりくねっている。ここを突破すること自体がまず不可能なのである。
そもそも臓器はそんなに伸びない。膣の伸縮性が異常なのである。

仮にその問題をクリアーしたとしても、次は胃から上が問題になる。
気管と食道はつながっているため、喉を通過する時に気管を塞いでしまう。鼻が空いてればおkとか言う問題ではない。窒息死一直線である。
循環用のパイプが内蔵されていれば窒息死は免れるだろうが、そんな変な優しさをもった触手とか嫌でしょ?

やろうとすれば人体が危険に曝され最悪命を失うことにもなりかねない。
貫通を楽しみたいならモニターの中でね☆


追記・修正は貫通フェチの人が行ってください

この項目が面白かったなら……\ポチッと/