うつ伏せオナニー

登録日 :2012/09/26(水) 22:15:17
更新日 : 2016/12/10 Sat 02:35:43
所要時間 :約 3 分で読めます




うつ伏せオナニーとは読んで字の如く、うつ伏せの状態で行うオナニーの事である。

派生として床オナニーと呼ばれるものがあるが、本来床オナとは 無意識 の状態でチンチンをベッドや床に擦りつける事であり、
意識的に行為に及ぶうつ伏せオナニーとは異なる。

どうせ項目をたてたのだから、やり方を説明しなければならない。
だが……あえて私は言いたい。
これはどの種類のオナニーよりもリスクが大きく、ロマン溢れるオナニーだと。


リスクについては後述。
まず、ふにゃチンを用意します。


まず、ふにゃチンを用意します。



ふにゃチン!


驚いたであろうが、大半のうつニストは勃起状態での行為には移らない。



オナってる間にたっちゃうんじゃないの? と思うかもしれないが、逆である。
うつぶせでオナっているからこそへにゃチンのまま、絶頂に達する事が出来るのである。

話を戻すがオカズはケータイや書物系統が良い。うつぶせである故に。
パソコンならノートパソコン。

なるべくへにゃチンに皮を被せ、うつぶせになりながら、パンツ越しでも生のままでも構わない。
チンチンを包み込むよう、押さえつけるようにに利き手でたつのを防ぐ。

そして身体を縦、もしくは横に、または手を激しく揺さぶらせるのである。
慣れないうちは途中でたってしまい、中々絶頂に達することは出来ない。
そう言うときは別のことを考えるなりなんなりして、再びへにゃチンに戻すしかない。

なんと神の摂理に逆らった自慰だ……美しい。

やり方は以上である。






☆リスク☆

  • 非常に中毒性が高い。
理由はしごく(オナニーだけに)単純。気持ち良すぎるからである。その気持ちよさは本物以上だと言われている。
1日で10回はイケるレベル。マジで。

  • 包茎を悪化させる恐れがある。

  • 本物でイけなくなる。

  • これはマズいと通常のオナニーに戻すにもイけなくなる。

  • 手が臭くなる。

  • ちんちんが横にひんまがる





追記修正おねがいします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/