パラサイト・イヴ(小説)

登録日 :2012/02/02(木) 22:56:10
更新日 : 2017/09/20 Wed 22:34:00
所要時間 :約 4 分で読めます




私はこれまで
あなたがたの体の中で
暮らしてきました

私はあなたたちが
進化してきた歴史を
ずっと見てきたのです


生化学を研究する永島利明は、ある日最愛の妻を交通事故で失う。
突然の悲報に愕然とする利明だが、完全に機能を停止していない妻の体細胞を培養する事で彼女の存在を永らえさせようとする。

狂気に陥ったかのような利明の行動──しかしその裏には人類が進化を共にした“彼女”の存在があった。



『パラサイト・イヴ』
著者:瀬名秀明
1995年刊
第2回日本ホラー小説大賞受賞作品

受賞当時、薬学研究科に籍を置く「理系の」大学院生が書いた小説として、
専門用語を多用した文体や、ミステリやホラー小説で馴染み深いとはいい難い「遺伝子」「ミトコンドリア」などの生化学的なテーマが話題となった。
「理系小説」としてベストセラーとなる一方、「専門知識のひけらかし」「リアリティなんてない」といった批評も当然あった。
その辺りは著者自身が新潮文庫版の後書きで触れているので、読んでみるべし。インスピレーションって大事よね。

映画化もされたが、バイオホラーというよりも恋愛サイコサスペンス的要素が強く、賛否両論。
さらに小説版の内容そのままで、声優がやたら豪華なドラマCDもある。

数年後のアメリカを舞台としたゲーム版も発売され、これなら知っているという方も多いかもしれない。


【登場人物】
○永島利明
ミトコンドリア研究を行う大学助手。美人から グロ肉にまで 愛されるイケメン。
美人妻、有名サイエンス誌に研究論文の掲載、研究室学生にも慕われるなど、人生の勝ち組 だった
妻、聖美の脳死からドン引きな細胞培養を思い付き、肝細胞に「eve1」と名付けて可愛がる。

○永島聖美
利明の美人妻。開業医の一人娘で、育ちのいいお嬢さん。
誕生日である12月24日に不気味な夢を見て、自分の中に居る「何か」に怯える。
プロローグで脳死となり、腎臓は麻理子に移植され、肝臓は「eve」として利明に培養される。

○浅倉佐知子
利明が指導する院生で、身長175cm程の白衣の似合うサブヒロイン。
何かに憑かれたかのように「eve」研究に没頭する利明や異常増殖を示す「eve」に戸惑いつつも研究を手伝い続ける。
ある晩、一人で研究室に居ると隣室から 肉が這いずる様な音が……

○安斉麻理子
慢性腎不全を患い、腎臓の移植を待つ中学生。
小学生の頃に生体間移植が失敗し、その経験から移植には後ろ向きだった。
聖美の腎臓を移植されるが、それ以来病室に「何か」が来る悪夢に苛まれ、終盤ではいろんな意味で大変なことになる。

○eve1
利明が培養した聖美の肝細胞。
聖美の誕生日であるクリスマスイヴから名付けられた。
エネルギーを作りだす「ミトコンドリア」が異常に発達しており、増殖のスピードが早い。
所謂 グロ肉 でメインヒロインでエロ担当。
喘いだり、オナったり、フタナリになったりと正に八面六臂の大活躍。夢は利明との合体。







追記・修(ぽたっ)正をお(ぽたっ)願い(ぽたっ)し(ぽたっ)ま(ぽたっぽたっ)


うわあああああああああああああああああああぁあっ!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/