デジモンワールドX

登録日 :2009/09/01(火) 00:03:24
更新日 : 2016/10/10 Mon 18:22:25
所要時間 :約 3 分で読めます




バンダイナムコによって作られたデジモンワールドシリーズ第四弾

シリーズ中、初の人間が一切登場しないという新しいデジモンゲーム

また、自分でデジモンを動かすこともできるという魅力的なシステムであった


ジャンルはアクションRPG

ジャンプさせたり、謎解きさせたりと人間の後ろを付いてくる今までとは一風変わったゲームでもあり、なかなかに面白そうな話題性を持っていた


最初に選べるのはアグモン、ブイモン、ギルモン、ドルモンの四体

どれを選んでもストーリーに変化は無い

ストーリーは、デジタルワールドに謎のウイルスが発生したため、それの調査や仲間の救助のためダンジョンに出動するというもの




以下ネタバレ









自分でデジモンを操作という点など、かなり面白そうな設定だが実際はひどい内容であった


まず登場デジモンが圧倒的に少なく、自分が使えるのは20体以下。敵も20体前後しかいない。特に成熟期のデジモンは自分で使える中に存在せず、完全体もワーガルルモンX一体のみ


最も深刻なのは進化が無いということ

RPGなのでレベルが存在するが、何レベルになったら進化とかではなく、特定のクエストのクリアで進化アイテムをもらえる


それだけなら、まだ良さげに聞こえるが、この特定のクエストのクリアは攻略情報無しにクリアは絶対に不可能になっている


そのため、下手すると最後まで初期デジモンでしたということさえある


また、戦闘システムはデジモンに武器を持たせて戦うのだが、自らの爪や牙は一切使えない。しかも武器の攻撃パターンは通常攻撃(ただ振るだけ)、回転攻撃、溜め攻撃の3つしかないため、かなり単調になってしまう。


ひどい点が多すぎて泣けてくるがロード時間の長さも半端ではない。ダンジョンの行き来にイライラしてくるレベルである

ちなみにストーリーのボスは、アニメのラスボスで統一されている

一章 アポカリモン
二章 ベリアルヴァンデモン
三章 ルーチェモンサタンモード
四章 メカローグ最終形態

たった四章しか無いが、ダンジョンのやたらとウザイ構造やロード時間の長さで、それなりに時間はかかる


ストーリーをクリアするとハードモード、それをクリアするとベリーハードモードで無限ループする


このひどい内容のおかげでデジモンワールドシリーズ中最悪という酷評を得ることが多い




ただし、面白い面もちゃんとある
好きなデジモンを自分で操作するというのは思いの他楽しく、全体攻撃でまとめて一掃する感じなどは楽しめる点でもある



ただしレベル上げが異常に面倒なので作業ゲーになりがちでもある

操作性の悪さやダンジョンの作り、設定の浅さに目をつぶり、好きなデジモンを動かしてみたいという人は試しに買ってみるのもいいかもしれない



<使用可能デジモン一覧>
『ドルモン』
得意武器はカタナ

『アグモン』
得意武器はアックス

『ブイモン』
得意武器はソード

『ギルモン』
得意武器はダガー

『ワーガルルモンX』
得意武器はソード

『ウォーグレイモンX』
得意武器はアーム

『BウォーグレイモンX』
得意武器はアーム

『インペリアルドラモンFM』
得意武器はショット

『インペリアルドラモンPM』
得意武器はソード

『デュークモンCM』
得意武器はダガー

『クラビスエンジェモン』
得意武器はダガー

『ヘラクルカブテリモンX』
得意武器はアックス

『スサノオモン』
得意武器はソード

『メタルガルルモンX』
得意武器はショット

『ベルゼブモンX』
得意武器はショット

『アルファモン』
得意武器はカタナ




追記、修正よろしくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/