ハッテン場

登録日:2011/12/15(木) 23:59:21
更新日:2018/04/03 Tue 21:59:36
所要時間:約 6 分で読めます




や ら な い か


ハッテン場とは、同性愛嗜好を持つ男性が、性交相手を求めて集まる場所の事。
漢字表記は発展場。かつては異性愛者が性交相手を求める場所の事も指していたが、現在は、もっぱらゲイ男性のそれを意味する。

有料のものと無料のものがある。
◆有料ハッテン場
有料のものは、主催者が自治体の許可を得て営業している風俗店扱いで、18歳未満は立ち入り禁止。
「クルージングスペース」などとも呼ばれる。
大浴場やサウナ、個室や大部屋が設けられているのが通例で、そこで出会った相手とワンナイトラブを楽しんだりする。
特定の属性持ち(ガチムチなど)をフォーカスしたイベントも開催されることがある。
ゲイ男性にとっては貴重な出逢いの場である。
やはり、世間の眼は気になり、同じ趣味嗜好を持った者を探すのも難しいのだ。
しかし、中には性病持ちの客の巣窟とも呼ばれる店もあり、こうした店ではHIVのような一生モノの感染症にかかっていても平気で遊ぶ無茶苦茶な連中も少なくない。

◆無料ハッテン場

無料の方は、人目につかない場所に自然発生的に出てくるもので、口コミで知れたり、偶然足を踏み込んで「やらないか」されたりする。
もちろん、許可は取っていないので見つかれば相応の処罰を受ける可能性もある。


■ハッテン場になりやすい場所

野外の場合が多いので、必然的に夏が盛りになる。お暑い事で……。

◆公衆便所
たぶんネタ的にも、もっとも有名なハッテン場。
個室に鍵をつけてコトに及べるのが利点。
あなたも、おしっこしに行ったら、ツナギの良い男に会えるかも……

◆公衆浴場
裸を拝めるものだから、自然とおっきしてるのが目印になる。
あなたも迂闊におっきしてたら、「やらないか」と言われて、目覚めるかもしれないぞ……。
ただし、勝手にハッテンされる浴場側には「洗い場をタンパク質で汚したまま帰る」「ノンケの客に接触を試みる」奴がいるため非常に迷惑な話であり、禁止令を出したり警察を容赦無く呼ぶところもありゲイ向けポータルサイトでこのような使い方をしないよう呼びかけられたこともある。

◆海岸
夜の海辺はムードもまんてん。
切なげに海を眺めていたら、ほら、後ろから、ノンケでも平気で食っちまう男が……。

◆河川敷
橋の下などはバレそうでバレない、スリル満天のスポット。
何気なく橋の下でじっとしていたら……。
ほら、またツナギの兄さんが……。
ただし変態糞親父は汚すぎるのでNG。

◆映画館
暗がりの中もまたドキドキスポット。
一人で恋愛映画(もちろんホモもの)を見ていたら、ツナギの兄さんが隣に座ってきて、肩を組んできて……。
「あのケツうまそう、勃っちゃうよ」と短いジーンズの青年がやってきて……。
人目につきやすいのでかなり上級者向き。

しかし、これらの場所での性交は、当然、公然猥褻に当たるので、警察に見つかったら、ツナギの兄さんもろとも逮捕されてしまうだろう。
しかも、ハッテン場として有名な場所は、警察が巡回していたり、防止のために照明などが設置されたりしてしまうのだ。

どこぞのツナギの兄さんならそんなヘマはすまいが、ノンケの皆さまは十分に注意しよう。

てか、ハッテン場を利用したいなら有料の場所を探そう。
インターネットでも検索出来るぞ。


◆余談
……とまぁ、色々ハッテン場について思う所もあると思うが現状は

  • mixiなどネットの普及により、ハッテン場に行かずともパートナーを見つける事が可能に。

  • ぶっちゃけ性病こわいから、仮にゲイでも普通は行かない。

  • 上記のネットの出会いによる、若者のハッテン場離れが進行し、行っても年寄りばっかとかザラ。


……などの理由から最近では、特定の有名スポットや有料店以外は、ほぼネタ化しつつある。

また当然だがゲイにだって好みに対する拘りがあるし、関係を強要した場合は当然犯罪になるので、
「この公園ハッテン場だし……恐いから回り道しよう……」などと恐れる必要はない。
公園を通り過ぎる程度で問題が起きるようならハッテン場とかどうとか以前の問題で、治安が末期的に悪い。

たとえゲイが居たとしても、ベンチで声をかけられるのを待っていたり、ネットの掲示板などで、仲間を集めてから行くのが一般的なので、ご安心を。



追記、修正は、ハッテン場でホイホイついていってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/