ドンポッチョ(金色のガッシュ!!)

登録日 :2011/05/08(日) 22:35:13
更新日 : 2017/03/12 Sun 09:47:34
所要時間 :約 4 分で読めます




ドンポッチョは金色のガッシュ!!にて魔界の王を決める戦いに参戦していた百人の魔物の子の一人。


人間換算年齢:13歳
好物:魚、肝油、チーズ
趣味:パンクロック、歯磨き、相撲
本の色:パラキートグリーン
パートナー:ゴーマン


緑色をした太めの魔物で、モヒカン頭に棘ベルトの趣味相応なパンクスタイル。

ロシアにてバリーに遭遇、猛攻に遭い命乞いをするもそれが逆にバリーの怒りを買う形となり瞬殺。
登場ページ数わずか3ページという完璧なかませ犬だった。
アニメでは術を発動していたが大して扱いは変わらない。

ちなみに、テッドチェリッシュの回想にはどう見てもこいつの同族にしか見えない魔物の姿が確認できる。


<使用術>
一応、ファンブック等の設定上は術の属性は「音」という事になっている。こいつミケルとか使うのか…

●ギレイド
腰のベルトに並んだ突起物(棘)を発射する術。原作には登場しないアニメオリジナル術。




そんなドンポッチョだが、ガッシュのカードゲームでちゃっかりカード化している。

基本魔力は驚きの1000。

参考までに
ゴフレ…2000→3000
エシュロス…3000
フェイン……3000
マルス………3500
ポッケリオ…3000
ウマゴン…1000~3000

あの影薄ポッケリオどころか、術使用前のゴフレや下手すると術使用前のウマゴンより弱い。


その上、効果は

【命乞い】
使用を宣言する→このターンを終了する(ゲーム中に1回だけ使える)



え、これ何か意味あ(ry

ガッシュのカードでは魔本型ファイルをデッキ兼ライフ兼手札として使いターン終了毎にページをめくり、先にページをめくれなくなった方が負けというものなのだが、ファイルの形式上見開き1ページにあるカードは2枚。

これだけ聞くと簡単そうに聞こえるが実際様々な戦略が…とここからはこの効果の説明に戻るが、まず相手ターンに使えば強制ターン終了はルールだけ聞いても分かるように相手に何もさせずにライフにダメージを与えるも同じ効果であり、更にページを戻すのにはコストもしくは何らかのカードが必要になる等他のカードゲームとは違い、(とは言ってもターン強制終了は他のカードゲームでも使えそうだが)遅延だけでなく相手の戦略に破綻をきたさせる事も可能。

(次の俺のターン…バオウで…!)

「俺のターン、ドンポッチョを出してターンエンド」

「次のそちらのターンは命ごいで強制終了したいです^^」

(なん…だと…!)
バオウのページ素通り。

場には…不敵に笑むドンポッチョが…!


更に魔本へのダメージは魔物でかばうか術で防御するかの二択であるため、効果を使った後も肉の壁たりえるのだ。

命ごいの後敵の強大な術から身体を張ってプレイヤーの魔本を守る姿は原作に無い感動を与えてくれるだろう。


かばう→どんな術(二回ダメージ等例外あり)だろうと魔物に1ダメージで終わらせる。魔物の基本耐久値は2。


しかも、最終回の集合写真ではしっかり写っている上に、端っこなのにガタイがいいのと装飾が少ないシンプルな外見なのとで何気にスペースが大きく感じる。なんだこいつ。



<台詞集>

「ギャアアア!!」

「ま、まってくれ…」

「ぐがぁぁああ!!!」

「た、助けてくれ…
助けてくれ――!!」

「ぐ…」

「ヒィイイイ…」

「ヒィイイイ――!!!」

「ヒィイイイイ…」

「ぐぉあああああああああああ!!!」




余談だが、彼の好物である肝油はタラやマグロ、サメなどの魚類の新鮮な肝臓から得られる黄色い脂肪油である。
視力低下に有効なビタミンAや血液中のカルシウム濃度を一定に保ってくれるビタミンDに富む。

主にくる病や夜盲症、消耗性疾患なんかに有効とされる。
病後の滋養剤に用いられる事もある他、妊産婦や発育期の小児なアニヲタにもおすすめな健康食だ。

基本的には液体のまま摂取するのが理想だが、現在では一般的に飲みやすいドロップ状・カプセル状のものが広く流通している。

太平洋戦争後には学校給食の栄養補助剤にも利用されていたので栄養サプリメントとしての有効性は高いが、用法用量を正しく守って適度な摂取をしないと栄養過多で中毒症状を引き起こす可能性もある。
目安となる常用量は一日5㌘、過剰摂取にならないように気をつけよう。




[中]つ、追記してくれ…[中]

修正してくれ――!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/