カフカ・サンビーム

登録日 :2011/05/06 (金) 00:34:32
更新日 : 2016/10/02 Sun 09:50:14
所要時間 :約 3 分で読めます





カフカ・サンビームは、金色のガッシュ!!の登場人物。


<主なプロフィール>
国籍:イギリス系ドイツ人
身長:176cm
誕生日:10月12日(33歳)
血液型:AB型
趣味:歌、パズル、ロック
好きな食べ物:チリビーンズ、ハンバーガー
好きなタイプ:ナイチンゲール
CV:郷田ほづみ

黄緑の短髪が印象的。






以下ネタバレ






長らくパートナーの見つかっていなかったウマゴンのパートナーである。

日本の自動車メーカーで研修社員として働く技術者だが、事の真偽を見極める、心の奥を見据えるといった僧侶のような力を持つ、「悟り」を開いているかのような人物。
言葉を用いなくともウマゴンと意思の疎通ができ、初めての戦闘で完璧なコンビネーションをモノにしていたほど。

主要人物の中では年長者という事もあり、本格的に参戦後はメンバーの中でも高い行動力と判断力で活躍した。




だがこの頼れる男サンビーム、事あるごとにフリーダムな男に変貌する。


事の始まりは初登場時。
ウマゴンとの「心の会話」について語り「誰とでも何とでも会話はできる」と述べた後、彼はウマゴンと会話をしたのだが……


「メルメルメルメルメルメルメ〜〜〜!!!(訳:僕の本当の名前はシュナイダーなんだよー)」

「メルメルメルメルメルメ〜〜〜ルメ!!!」

「メル〜メル〜メルメルメ〜」

「な…なんだって!!?」





「「僕の名前はウマゴンだよ」って!?そんなことは言わなくてもわかってる!!!」





この人…真面目な顔して…


By.高嶺清麿




さらにテンションが上がると「グルービー!」と連呼しながら目が光ったりする。


…まぁこんなサンビームさんだが頼りになるのは確か。
時には清麿の代わりに司令塔を務める場面もあった。



自動車の普及していない国に自動車を走らせるという夢があり、作中終盤では車の工場を作る計画のため、またウマゴンの修業も兼ねてアフリカに引っ越している。
そして以後髪型が変わりさらにナイスミドルになった。


またこの時、度々いい雰囲気だったシスター・エルとのフラグが確立しリア充になる。






<サンビーム名言集>

「それに、今あの子を見捨てたら、私は「カッコ悪い」大人だ。それは私の主義に反する!!」

「バカじゃない、いかしてるん(グルービー)だ!」

「ぼ〜くは、ウマゴンゴン、オ〜ウマさん〜〜」

「むうう…北海道はでっかいどう!」

「ふざけるな!! ウマゴンだって立派な名前だ!!!親からもらった名前をバカにするな!!!

「仲間という物は心を支えてくれる素晴らしい物だ。それにウマゴンは一人で戦う勇気も持っている。その辺を勘違いしないでいただこう…」

「奴の目だけを見ろ、奴だけに闘志を燃やせ。」

「私達の戦いは技術ではない…心で戦うんだ。」

「グル!!グル!!グル!!グル!!
グル!グル!グル!!グル!!
グル!グル!グル!!グル!!
グル!!グル!!グル!!!グル!!!
グル―――ビ―――ッ!!!」

「AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!
ROOOOO!! CKUUUU!!! NNNNNNN!!
ROOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOLL!!!」








「私達の追記・修正は技術ではない…心で追記・修正するんだ。」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/