デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち

登録日 :2011/10/02(日) 23:44:44
更新日 : 2016/12/05 Mon 10:03:30
所要時間 :約 7 分で読めます




デジモン
クロスウォーズ
時を駆ける少年ハンターたち



『デジモンクロスウォーズ 時を駆ける少年ハンターたち』は2011年10月〜2012年3月放送のアニメ作品。


デジモンアニメシリーズ第6作『デジモンクロスウォーズ』の第3期シリーズ。
内容的には続編だが、扱いは三期である(話数も継続中)。

だが、XWの一期と二期は一つの話を分けただけなので、ニュアンス的には3期というより2期といった方が近い。
※続編ではないがややこしいので本項目では1期・2期を「前作」と表記

時間帯はニチアサキッズタイム。(厳密には異なるが実質的に含まれている)


仮面ライダーやスーパー戦隊の流れに乗ったのか、旧作の主人公たちがゲスト出演した。


クロスウォーズの3期ではなく、完全新作を希望する声もあった。
ただ、『新アイテムがない』『新デジモンは主役のみ』『玩具の販売がない』『データカードダス「超デジカ大戦」も終了している』等から本作は“XW枠をアニメ用に確保しておくための時間稼ぎ”ではないかという推測もあるため、『新要素が出せないために新作ができなかった』とも考えられるが、真相は不明。 ただの東映の税金対策じゃね?と皮肉られることもある
また、新デジモンワールドの販促も兼ねていると思われる。

脚本は同じく三条陸


前作と比べると『軍団バトルの廃止』『人間とデジモンはワンペア』『進化がメイン(レベルはなし)』など内容は旧作に近づいたが基本的に1話完結の話がメインであり、『話が進んでも本筋は進まない』『仲間が増えるが空気化』『ライバルとして機能しないライバル』等改善されていない部分も多々ある。



【あらすじ】

前作から一年。
タイキは中学二年、ユウは中学一年となり、新メンバー“明石タギル”を加え三人でストリートバスケットチーム『クロスハート』として活動していた。
ある日の試合の帰り道。タギルはゲームセンターで見つけた謎の影を追いかけ、デジクオーツと呼ばれる世界に入っていく。
そこで行われていたのは、人間とデジモンが手を組みデジモンを捕獲する『デジモンハント』だった。

タギルはデジモンに興味を持ち、謎の時計屋の老人に渡されたクロスローダーを手に、ガムドラモンを相棒としてデジモンハントの世界に飛び込んでいく。



【用語】

◆デジクオーツ
現実世界(リアルワールド)とパラレルな存在とされる異世界。デジクオーツ内でデジモンが暴れることにより、現実世界にも影響が及ぶ。
現実世界と時間の流れ方が違い、題の『時を駆ける』はそれを表していると思われるが、時間云々は一話で時計屋が言ったのみで実際に時間の流れの違いを明確に描写したことは一度もないため、視聴者からは忘れられがち。

◆デジモンハント
デジクオーツでデジモンを捕獲すること。某狩りゲームよりも、モンスターをゲットするゲームに近い。
要はポケモ(ry

◆デジモンハンター
オーガモンの二つ名……ではなく、デジモンをハントする者のこと。

◆クロスローダー
前作から続投アイテム。
『デジモン捕獲機能追加』『リロードできるするデジモンは一体(別デジモンを出す時は入れ替わり)』『デジクロスは一体分のみ』『謎の映像拡大機能』等仕様変更された。
クロスローダーをかざし、「タイムシフト」と言うとデジクォーツに繋がるゲートが現れる。



【登場人物】

◆明石タギル
CV:井上麻里奈
新主人公
クロスハートのメンバー。熱血馬鹿な性格で、向こうみずで突っ込んでいくタイプ。
タイキに憧れており、真似でゴーグルをつけている。
クロスローダー:真紅
パートナー:ガムドラモン


工藤タイキ
CV:高山みなみ
バスケットチーム『クロスハート』のリーダー。相変わらずの完璧超人。時計屋のおやじいわく、タイキが参加するとゲームバランスが崩れるらしい。
ちなみにスタッフロールでは一番上。
クロスローダー:赤
パートナー:シャウトモン

天野ユウ
CV:沖佳苗
クロスハートのメンバー。
一年で身長が急激に伸びた。タギルいわく、クラス一の秀才で取り巻きの女子がいる爆発しろ。
タギル同様タイキを慕っている。姉のネネは超進化して香港でアイドル活動中。
クロスローダー:黄
パートナー:ダメモン

◆最上リョウマ
CV:柿原徹也
後述するレン、アイルと共にデジモンハントを行う少年。前作の金髪脳筋馬鹿とは違った意味でキザなタイプ。
Welcome to underground的な事を言う厨二病。
ライバル仕事しろ。
クロスローダー:緑
パートナー:サイケモン

◆戸張レン
CV:桑島法子
冷めた性格の少年。レアなデジモンをコレクションしている。CVが死亡フラグだが果たして…まぁ別に前作でネネは死にませんでしたがね。
クロスローダー:グレー
パートナー:ドラクモン

◆洲崎アイル
CV:潘めぐみ
自称デジモンセレブ。金髪おっぱい。かわいいデジモンしかハントしないが、ベタモンやエレキモンはノーグッドらしい。
トラップマスターらしいがトラップが子供のいたずらレベルでしょぼい(いや、実際子供だけどさ)。
中の人は後にPSP版『デジモンアドベンチャー』でタケルを演じることに。
クロスローダー:ピンク
パートナー:オポッサモン

◆時計屋のおやじ
CV:草尾毅
あごひげを伸ばした胡散臭いグラサン爺。黒いクロスローダーを持ち、クロックモンと一緒にいる。子供達にクロスローダーを提供するなど謎の多い人物。
おまけコーナーではクロックモンと共に登場。
その正体は前作のラスボス

◆貴橋マミ
CV:須藤祐実
タギルの幼なじみ。ユウをユウ様と呼び慕っており、タギルと比較して持ち上げたりする。
アカリと違って完全なモブキャラ。
ハーマイオニー。
なお、公式サイトでは 貴崎マミ になっている

◆真下ヒデアキ
CV:坂口周平
関西弁のハンター。商店街で暴れるゼニモンをハントしていた。ハントで稼いだ金で将来タコ焼き屋を経営するのが夢。
たまに登場する準レギュラーキャラ。
クロスローダー:紫
パートナー:ドーベルモン


【登場デジモン】 
◆ガムドラモン/アレスタードラモン
CV:渡辺久美子
タギルのパートナー。
タギルと一緒で向こう見ずな性格。
タギルと意気投合したことによりパートナーとなった。氷のスピリットは使わない。
戦闘では『進化→敵わない→デジクロス等で逆転』というパターンが多いため、視聴者からは弱くみられている。

シャウトモン/オメガシャウトモン
CV:坂本千夏
タイキのパートナー
夢を叶えたデジモンキング。ダブルクロスにより、X4にもなれる。成長しただけあって以前より落ち着いている。
デジクォーツにデジモンが流れる原因を探りに人間界に来た。戦闘で進化しないことが多い。
王様仕事しろ。

ダメモン/ツワーモン
CV:菊池正美
ユウのパートナー
前作で死んだが復活。復活前はツワーモンの仮の姿だったが、ダメモンとして復活したためツワーモンは超進化扱いとなった。
劇的に復活したがその後は出番が少ない。

◆クロックモン
CV:丸山優子
時計屋と一緒にいるデジモン。デジモン紹介では前作のモニタモンポジ。

◆サイケモン/アスタモン
CV:櫻井孝宏
リョウマのパートナー
ガブモンの亜種だが、ガルルモンではなく、アスタモンに超進化する。
実は全ての黒幕「クオーツモン」に既に取り込まれておりとっくに傀儡と化していた。

◆オポッサモン/チョ・ハッカイモン
CV:白石涼子
アイルのパートナー
一人称は「アタチ」。嫉妬深く、アイルのハントするデジモンに「可愛くない」と言っている。
アイル曰く、チョ・ハッカイモンは、「グロかわいいけどぎりぎりグッド」らしい。

◆ドラクモン/ヤシャモン
レンのパートナー
人の欲望をエネルギーに変えて超進化する。だがヤシャモンはガムドラモンとコテモンのデジクロスに一撃で倒された。



【その他】

  • エンディングのデジモン紹介は前作初期に近い。
  • 主人公のゴーグル&名前の頭が「タ」は継続。
  • ゼンジロウ、アカリ、キリハ、ネネはゲストキャラと同等の扱い。
  • 前作のシャウトモン以外のクロスハートのデジモンも続投(しかし空気)。





さあ、デジモンハントが始まるぜ!!



追記・修正はデジモンを捕獲してからお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/