ゲンスルー

登録日 :2011/12/07(水) 17:30:24
更新日 : 2017/08/15 Tue 14:11:34
所要時間 :約 6 分で読めます




HUNTER×HUNTER、グリードアイランド編(以下GIとする)の登場人物。
細身の長身に眼鏡を備えた知的な優男。
CV:小山剛志(旧)/吉野裕行(新)

gensuru.JPG

大量の呪文カードを主軸にした人海戦術グループ「ハメ組」の初期メンバーの一人。
5年を費やしてメンバーを集い、着々とゲームクリアに近付いていた。


以下、GI編ネタバレ















さて本題だが

君達全員の体に爆弾を仕掛けた


GI編の事実上のラスボス。

ハメ組初期メンバーというのは表の顔、その実はゲーム内でも有数なプレイヤーキラー 「爆弾魔(ボマー)」
化けの皮を剥がしたゲンスルーは完全な武闘派であり、念能力・身体能力共に隙が無い。


具現化系能力者

一握りの火薬(リトルフラワー)
オーラを火薬の性質に変化させて掌の内部で起爆させることで、手で掴んだ対象を攻撃する変化系念能力。
掴める限界はバスケットボール程度なので対象者の身体の一部しか爆破できないが、それでも一発で器官や腕を吹っ飛ばす等威力は十分。
掴まれた部分に対して「凝」を使えば防御出来る。
が、この時点では中堅プロハンターレベルとされる AOP(顕在オーラ量。体外に出せるオーラの量)のゴンが、
AOPの半分以上のオーラによる「凝」で防いでも軽い火傷を負う、という非常に高い威力を誇るので、
ゲンスルーの身体能力を考慮すると、特に両手でこの能力を使い出した場合は余程強力な使い手でない限りは防御し切るのは不可能に近い。

なおゲンスルー自身も爆発から手を保護する為に、この技の発動時は「凝」で片手を覆っている。
その為 「『凝』の有無で技を出すか出さないか判断可能」「手にオーラを費やす為他の部分の防御力が落ちる」 といった弱点が存在する。
他にも、火薬による爆発である以上引火性の高いものにも引火してしまうので、
自身がガソリンに塗れたりすると、能力発動と同時に火達磨になってしまうので使用不可能になる。という弱点も存在する。
また、圧倒的な強化系能力者(ウボォーギン)には通用しない可能性が高いことも弱点だが、そこまで凄い相手なら実力者だと基本的に見れば分かるので警戒は可能。

効率が悪い能力なので、「防御用のオーラを攻撃に回して普通に殴った方が強力なんじゃね?」という疑問はしばしば呈されるが、
誓約があるかは不明だが発(必殺技)であるが故の出力の高さがあるはずなので、通常攻撃よりは強力なはずである。
そうでなければゴン戦で使おうとはしなかっただろう。
とは言え、結局の所これは自衛したり自分より弱い者を相手にするための手段でしかなく、本命の能力は後述の『命の音(カウントダウン)』である。


命の音(カウントダウン)
仲間のサブとバラの力を借りた、具現化・操作・放出系の複合能力。
  • a.対象者に触れながら 「爆弾魔(ボマー)」 と言う
  • b.対象者にこの能力に関する説明をする
上記の条件を満たすことで自身が触れた対象者の部位に時限爆弾を設置する念能力。
爆弾はカウント式で、カウントは「6000」からスタートし、カウントが「0」になると起爆する。
カウントは心拍数とリンクし、平常時なら1時間程度で0になる。もちろん興奮した状態ならカウントが早まりすぐに0になる。
aとbは順番通りでなくてもよく、先に対象者に能力について話し、体の爆弾を設置したい箇所に触れながら「爆弾魔(ボマー)」と言っても爆弾は作動した状態で設置される。
またゲンスルー・サブ・バラが親指を合わせて 「解放(リリース)」 と言うと、カウントに関係なくその場で爆弾が起爆する。
爆弾の解除方法は、ゲンスルーに触れながら 『爆弾魔(ボマー)捕まえた』 と宣言すること。

3人分の能力を結集することで、本来両立しにくい具現化系(爆弾の具現化)と操作系(カウント、起爆の操作)、放出系(遠隔維持)の高水準な複合を実現している。

爆発の威力は「一握りの火薬」の10倍なため、念能力者でも基本的に即死する。
単純計算で言えば中堅プロハンターの5倍以上のAOPのオーラが無いと無傷で乗り切ることは出来ないので、
「凝」や「堅」で防御するという選択肢は実質的に無きに等しく、発動し終えたら除念かゲンスルー達をどうにかするしかない。
仮にそれが実行できるほどのAOPがあったとしても、上述した「解放」があり、
更にオートなのでこの爆発と連携したり追い打ちも容易かったりと防御は困難。

円の性質はないらしく、取り付けた相手がどこにいるのかは分からずアベンガネの行動には気づいていなかった。





作中では「ハメ組」メンバーとして動く一方、裏ではプレイヤーキラー「爆弾魔(ボマー)」として数多のプレイヤーを爆殺。
この大量殺人の理由は、爆弾魔の危険性を知らしめる事で「命の音」の発動条件を「爆弾魔への警告」という自然な形で満たす為。
(相手の肩に触れながら「爆弾魔に気をつけろよ」と言う等)
呪文カード・指定ポケットカードの大半が揃ってきたのを機に「ハメ組」を裏切り全員爆殺。
ツェズゲラ達は説明を聞いていないこともあるが、そもそもゲンスルーが会話の最中に唐突に爆弾魔の話題を振ってきた事に警戒したため免れていたらしい。
(また、「ハメ組」が全滅しているのに主要メンバーであったゲンスルーが生きていることから、ゴン達の情報なしで「ゲンスルー=爆弾魔」という推理に行き着いた)
必要なカードを強奪し、その後本来の仲間であるサブ・バラと合流。本格的なゲームクリアに乗り出す。

ちなみに入念にブックを確認しておけばアベンガネの生存に気付けていたはずだが見逃している。
幹部でもあった彼は名前と顔ぐらいは確認しているはずなので、油断と言わざるを得ないだろう。

GI編終盤ではゴンとカードを賭けて一騎打ち。
実力では完全に勝っていたが、数週間かけてゲンスルー特化した対策を取ってきたゴンの前に敗れる。

裏切りを皮切りに、爆弾魔としての無差別殺人、「ハメ組」粛清、プレイヤーを奴隷にする等 まさに外道 。マジで外道。
独自の行動理念を持つヒソカ、そもそも人ではないメルエム……と各編のラスボスと比較しても、
ゲンスルーの行動だけは完全な私利私欲であり、その為の犠牲も厭わないと最も正統派の悪役として名高い。
まあぶっちゃけクロロは俗っぽくないだけで、彼ら以上にドス黒い様を見せつけていたりするのだけど。

しかし他者を徹底的に利用する反面、仲間への思いやりは強く、自分が負傷していてもサブとバラの治療を優先した。
(ハメ組に関しては「仲間」ではなく「クズ」として見ていた為この定義には当てはまらない)
またこの手の悪役にありがちなヘタレさは無く、実力も完全に上手であり、意味無くリスキーダイスを振る等度胸も十分。

上記の理由から、HUNTER×HUNTER屈指のヒール役として人気は高い。

仲間の名はサブとバラ。某ジャンルの雑誌を思いおこさせる名前である。

最後は縛られたままで、その後どうなったかは作中では描かれていない。ハンターズガイドではこれをネタにした読者イラストが掲載された。



【台詞集】
  • 俺は「爆弾魔」だ

  • いかに冷静でイカレてるか 相手に理解させるのがコツだ

  • えーとお前誰だっけ?

  • 解放してやったぜ…… くくくくく 恐怖からな

  • 守るわきゃねーだろてめーらクズどもとの約束なんてよォ“解放”は解除じゃなく起爆の合図さ!! ハハハハハハハハアハアハアハ

  • これは肉体でなく心を摘む戦い!

  • 待て!まいった!まいったァア!




さて本題だが、君達全員のスレッドに爆弾を仕掛けた
俺の能力「スレマゲドン」は、人為的なサイバーテロもしくは冥殿のうっかりミスによって発生する
爆弾を解除する為には項目下部の「項目変更」をクリックし、項目の追記・修正を行わなければならない
ただし俺にはもう一つの能力「一握りのアク禁」がある
これを使い、俺は荒らしを阻止する……!!
十分に気をつけて良項目を目指してくれ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/


添付ファイル