日本人の知らない日本語

登録日 :2012/03/27(火) 20:27:20
更新日 : 2016/12/30 Fri 14:15:24
所要時間 :約 4 分で読めます




『日本人の知らない日本語』とは、日本語教師の海野凪子と漫画家の蛇蔵(女性)による漫画。

分類としては昨今流行りのエッセイ漫画だが、作者の職業柄様々な外国人が登場する…この人達が一癖も二癖もある面々ばかり。


【登場する学生たち】

○マリーさん(フランス)
上品で実家が城という本物のマダムだが… 何と任侠映画マニア
「おひかえなすって!私マリーと申します」「水臭い事…お言いでないよ」「てめぇ、シカトすんな」

○エレーンさん(スウェーデン)
黒澤映画に憧れ留学してきた女性。スウェーデンにとって日本はまだまだ未開の国らしく「武士に斬られたらどうする!」と反対されたとか。
彼女も彼女で「武士には魂があって一般人には手を出さないんだから」と説得…

日本には忍者がいると信じてはばからない。

○ジャックさん(イギリス)
日本語超上級者の為質問も「『教えて頂けますか』と『教えて下さいませんか』の違いを教えて下さい」
「『さしつかえなければ』と『おそれいりますが』の違いを教えて下さい」とハイレベル。
…が、来日したての頃取引先の社長の娘さんに「おちちはございますか?」と聞いてしまったらしい。
(正しくは「お父様はいらっしゃいますか?」)

○趙さん(中国)
やはり日本語上級者だが、中国の文化の為か大学院の教授へ書く手紙を詩のような文体で書く。
日本語初心者のダイアナさんに一目惚れ。

○ルイさん(フランス)
女子の間で大人気の美青年だが、
「日本の漫画を原文で読みたい」「日本に来ないと同人誌が手に入らない」「『輪』を使った言葉は『 写輪眼 』」と豪語するガチヲタ。

○アリさん(アラブ首長国連邦)
「使用人を含めた家の人に靴を買いたいがサイズも好みも分からない。 とりあえず全部買ってしまおう
「松坂牛に感動しました。あんなに美味しい物を毎日食べられる日本人が羨ましい」と語る大金持ち。

○スティーブさん(アメリカ)
真っ赤なスーツ黄色いネクタイ 、日本語の意味が解らなくてもルパンのセリフは丸暗記という生粋のルパンマニア。
「話が面白くない」という意味で漫画のコケるポーズを大真面目に再現した。

○金姉弟(韓国)
やはりセレブな姉弟。日本のお正月を体験しようと試みるが…
☆門松→高いのでツリーで代用
☆しめ飾り→大掃除をしたら不要な物ばかりだったので物を増やすのは止めた!しめ飾りも買わない!
☆おせち→31日に買いに行ったら売り切れでした…諦めてケーキにしましょう
☆初詣→寒いから嫌
☆お年玉(年上→年下)かお年賀(年下→年上)かで姉弟が衝突した為相殺


結局何もしてない!

姉の方は「日本語能力試験に合格しなければ帰国&結婚」と親に言われ授業後4時間の個人レッスン。弟と共に無事に日本語能力試験一級に合格した。

○アントーニオさん(イタリア)
皆さんの予想通り、 かなりのナンパ魔
だが「かわいらしい人」と言おうとして「かわいそうな人」とナンパし大失敗したらしい。
(本人曰く「おもしろい」→「おもしろそう」と同じパターンかと思ったらしい)

ちなみに日本に来た理由は意外にも仏教の神髄を知るため。




また、日本語の成り立ちや専門的知識を分かりやすく漫画で解説してくれたり、合間に日本語のクイズを入れたりしている。

3巻では日本語初心者に対する解りやすい話し方が載っている。
例:(1)「です」「ます」で話す
  ×「ここをグッと押せばいいんだよ」
  ○「ここを押します」
  (2)漢語(音読み)ではなく和語(訓読み)を使う
  ×腹痛、朝食
  ○お腹が痛い、朝ごはん
  (3)過度な敬語を使わない
  ×「恐れ入りますが、お名前をご記入頂けますか?」
  ○「お名前を書いて下さい」
  (4)文章を短く
  ×「場所が変わったので後で地図を渡したいんですけど、今日って何時までいますか?」
  ○「場所が変わりました。後で地図を渡します。今日は何時までいますか?」


学生のカオスさが売りのエッセイ本だが、
海野凪子先生を含む教師陣の珍プレーや漫画家の蛇蔵(と飼い犬)の大暴走。
そして蛇蔵の知り合いのドイツ人クレアさんの日本語成長記など魅力が満載。

とりあえずアンインストールはアニソンですよ。




追記・修正宜しくお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/