HUNTER×HUNTER

登録日 :2010/01/21(木) 10:54:09
更新日 : 2017/12/07 Thu 03:38:00
所要時間 :約 8 分で読めます




HUNTER×HUNTERとは、週刊少年ジャンプで絶賛 定期連載中のある意味伝説の漫画。
作者は冨樫義博、既刊34巻。

アニメはそれぞれ別スタッフにより2回製作され・他に映画化、OVA化もされた。


バラエティに富んだシチュエーションや能力を使った駆け引きと戦闘が魅力のバトル漫画。
少年漫画に有りがちな正義と悪の二極的な勧善懲悪でもなければ、単純な格闘試合でもなく、
登場人物たちの思惑、思想が絡み合い、駆け引きの中で展開していくストーリーが特徴。
また、章が変わるごとにメインの展開も冒険、バトル、術数謀略等切り替わり、マンネリ化がうまく防がれている。
最近の少年誌掲載作品としては残虐な描写が多い作品(作者が一時期グロ漫画に傾倒していたため。蟻編は黒く塗りつぶす修正が入れられた)でもある。
意表を突く展開や、戦闘時の心理や思考の細かい描写などから作品自体の評価は高め。

……なのだが、連載→すぐに長期休載を繰り返しているため話が進まず、
同じ掲載誌で同時期に連載が始まったワンピースとは別の意味で完結が危ぶまれている。

また一時期、トーンはおろかペン入れすらされていないラフ画の原稿をそのまま掲載という珍事を数回に渡ってやらかした。


▼あらすじ
主人公の少年ゴンは生き別れの父が超一流の「ハンター」である事を知り、「ハンター」に憧れ旅に出る。
ハンター試験で出会った仲間や強敵との闘いを通し、ゴンは一人前の冒険者として成長していく――。


▼用語
○ハンター
珍獣や財宝から賞金首、果ては食べ物まで様々なものを探し求めるプロの冒険者。
プロハンターとして認定されると一般人には立ち入りが禁止されている地域へ入ることが認められる他、経済的、法律的に様々な特権、恩恵を受けることができる。
しかし、そのためには超難関の実技試験をパスする必要があり、プロのハンターとして活躍できるのは一握りの人間だけである。
種別に応じて試験が行われているわけではないため、〇〇ハンターの〇〇部分は自己申告だと思われる。
いずれのハンターも命懸けの戦いを避けては通れないため武芸は必須となる。

星のあるような有名ハンターなどは基本的に格の高い存在なのだが、試験に大きなムラがあるようにハンターの出来不出来自体も激しいらしく、
ヒソカに復讐しようとした元試験官の無限四刀流の人や、ゾルディック家の門の後片づけ係、会長選挙の際にヒソカが獲物探しに来た時には目ぼしい人物が居なかったりした。



体に宿る気、オーラを操る超能力。
才能と発想、訓練次第で様々な能力を使えるようになる。
能力は大別して強化、変化、具現化、特質、操作、放出に分類される。
身体能力の強化にはじまりワープや遠隔操作、更には占いやエステといった戦闘に関係無いものまで幅広い。
念能力を駆使した戦闘中の駆け引きが本作のキモである。


▼登場人物
CVは左がフジテレビ版・右が日本テレビ版
ゴン=フリークス
CV:竹内順子/潘めぐみ
主人公。
くじら島で叔母に育てられた自然児。高名なハンターの父ジンに憧れ、自身もハンターを目指す。
奔放で純粋だがそれ故頑固で、一度決めると冷徹なまでの実行力で一途にやり抜く。
善悪に頓着がなく、単純な好奇心で生きている。その結果スゴいと思ったものには区別なく称賛し心を開く。
とは言え、分かりやすくて明確な悪(仲間を嘲笑ったり第三者を犠牲にするなど)に対しては見過ごせず、並々ならぬ敵意を抑えきれない。
身体能力と直感や集中力に優れ、念を習得しても豊かな才能を示す。単純な性格の通り強化系能力者。
キメラ=アント編にて、どうなってもいいという覚悟で大人の姿に変貌。ネットではゴンさんと呼ばれ愛される。その代償として一時瀕死になり、復活後も念が使えなくなった。

キルア=ゾルディック
CV:三橋加奈子/伊瀬茉莉也
暗殺者の一家に生まれ育った少年。ハンター試験でゴンと友達になってから行動を共にする。
冷静沈着な性格と高い才能で優れた暗殺技能を持つ。
一方で素の性格はすぐムキになったり、ゲーム好きだったり、賭け事にのめり込んでしまったりする。
何だかしっかり者に見えるのは命懸けの場面が非常に多いことと、ゴンが天然だったり無知でそこのフォローをしているからだろう。
念においてもゴンと同じく天才。変化系で、オーラを電気状に変化させ利用する。

クラピカ
CV:甲斐田ゆき/沢城みゆき
皆殺しにされた少数民族クルタ族の生き残り。博学でクールだが怒ると怖い。
一族の仇である幻影旅団に復讐し、奪われた一族の眼球を回収するためハンターを目指す。
感情が高ぶると目が緋色になる(緋の目)。この最中は念能力が実質大幅に強化され、特質系になるというチート持ち。
ただし、五本指に対応した念能力のうち強力な中指のそれは旅団にしか使えない(旅団以外に使った場合死ぬ)という縛りで、緋の目に関しても発動しつつけると徐々に命が削られていくという危険極まりないデメリットがついている。
五本中四本が特殊条件下・実質緋の目時のみ使えるため素の状態での念能力での戦闘能力は低い…と思いきや、
元々ハンターに憧れていたことや、一族の惨状を目の当たりにしたり、ゾルディック家の実力を目の当たりにしているからかかなり鍛錬しており、
ハンター試験の頃でもマジタニを一目で弱いと見破り、緋の目時には化け物染みた戦闘力のウボォーギンとそれなりにまともに殴り合えるようになったりと、素の戦闘力もかなり高い。

○レオリオ=パラディナイト
CV:郷田ほづみ/藤原啓治
医者を目指す青年。学費のためにハンター資格を取ろうとしている。
金に汚いが義理人情に厚い。老け顔。
腕力以外はヘタレな描写が多いが、それらを根性と気合いで補う。
出番に恵まれない人。まぁ修行や冒険などより勉強に忙しいからだが。
再会した時には念はかろうじて使えるレベルだったが、選挙編では自分の能力をすでに習得していた。
キルアの発言からか、勘違いされがちだが強化系ではなく放出系。

ヒソカ=モロウ
CV:高橋広樹/浪川大輔
強い相手を殺すことに快楽を感じる 変態
成長を心待ちにするゴンに手を貸したり、クロロと戦うためにあれこれ働いたりと全ての行動が一点に向いている。
もちろん実力も作中トップクラス。最近はどうだか知らんが。

クロロ=ルシルフル
CV:永野善一/宮野真守
幻影旅団団長。クセモノ揃いの犯罪者集団を纏め上げる実力者。
旅団編以降は念能力を封じられたことで出番が無いが、ヒソカとクラピカ共々再登場フラグは立てていた。
そしてようやく念能力を取り戻したことで再登場し、ヒソカと一戦を交えることとなる。

○ビスケット=クルーガー
CV:樋口智恵子→木村亜希子/横山智佐
通称ビスケ。ゴンとキルアの師ウイングの師匠。ゴン・キルア二人の才能に惚れ込み鍛え上げる。
かわいい女の子の見た目をしているが、実はムッキムキのババア(57歳)でやっぱ性格もオバサン。
素で話す時は語尾に「だわさ」をつける。

ゴレイヌ
CV:鳥海浩輔/天神英貴
ゴンキルアビスケがG・Iで出会ったプレイヤー。作中での活躍や見た目からとりわけ人気のネタキャラ。
設定的に色々吹っ切れている念能力を持っているため最強説が唱えられることがある。
もっともネタ方面のみならず、陰謀や悪意が渦巻く本作では貴重ないい人というのも人気のポイント。

○カイト
CV:岸祐二/池田秀一→佐武宇綺(転生後)
ジンの弟子のハンター。ゴンがこの道に入るきっかけを作った人物。
実力は高いがロクな目に合わない人。

ネフェルピトー
CV:藤村歩
猫型キメラアント。禍々しいオーラを持ち、作中最強クラスの実力を持つ。ピトーの拷問シーンは蟻編で一番のトラウマ。
猫耳で語尾に、~にゃ、と付けて話す萌えキャラ。性別は不明だがファンからはメスと信じられている。
カイトをやっちゃったのでゴンに憎まれている。

ネテロ
CV:外波山文明/永井一郎銀河万丈
ハンター協会会長の爺。人間では少なくとも約50年前においては最強クラス。
人類の存亡を懸け、キメラアントの王に勝ち目の無い戦いを挑む。能力は必中で速効攻撃の百式観音。

○アルカ=ゾルディック
CV:内田真礼
以前から存在をほのめかされつつも、長い事放置されてきたキルアの妹(弟?)。
ゴンさんの治療の鍵として登場するやいなや、その不気味かつ恐ろし過ぎる能力と相反するお兄ちゃん大好きな性格と容姿と言動によって、
毎週全国の萌豚達を萌え狂わせており、現在の週刊少年ジャンプ最萌キャラの呼び声も高い。



余談:ドラゴンボール等の単純な強さで勝ち負けが決まる漫画とは一線を期す戦闘描写で、
念能力の使い方、戦い方、体調次第で格上の相手を倒すことも出来るという設定は非常に評価が高い。このことは劇中でビスケが言及している。

ちなみに念能力自体は前作『幽☆遊☆白書』にも登場しており、この頃から作者の構想にあったらしい。



冨樫いわく、この作品は嫁(美少女戦士)と出会って描こうと思ったそうな。

作品の独特な展開について
「まずこのキャラが何をしたいのか考える。そのせいでキャラが勝手に行動するからストーリーが進まない事もあります(笑)。」
とのこと。
「でもそれって何年も休載する理由にはなりませんよね?」

現在は2011年8月の連載再開以降、なんと7ヶ月も掲載が続いた。最長連載記録更新!(おい)


以下ネタバレ超注意










ゴンはあっさり復活しましたとさ…

そして特に感動も無くジンと再会した。

ジンによって途方もなく広い未知の世界について言及されたが、幽遊白書の終盤の展開に似ているのでそろそろ完結か?

…と噂されたが、なんと最新ジャンプでは新章突入!冨樫が過労死するかもしれない。





















ところが、また 休載突入 したので、一安心!

しばらくの間ファンは、あれこれ議論を楽しめそうだ。


追記・修正は連載再開を待ち望みながらお願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/