CALL OF DUTY MODERN WARFAR 2

登録日 : 2010/09/23(木) 17:31:12
更新日 : 2016/04/07 Thu 21:03:04
所要時間 :約 5 分で読めます




世界を終わらせたのは一発の銃弾だった


2009年11月(日本は12月)に発売されたMW2(モダン・ウォーフェア2)についての項目<ストーリー>
前作、CALL OF DUTY4 MODERN WARFAREから5年後、イムラン・ザカエフの遺志を継いだ超国家主義派の指導者ウラジミル・R・マカロフは、ロシアでテロを実行し、CIAの諜報員をその犯人に仕立て上げる。ロシア内の反米感情を刺激した同事件を契機として、ついにロシアとアメリカの全面戦争が勃発する。アメリカ本土はロシア軍の奇襲を受け、遂にはホワイトハウスも陥落した。そんな大国同士の戦争を背景として、マカロフの行方を追い、事件を解決しようと奔走する特殊部隊タスクフォース141と、ロシアの攻撃から本土を守ろうとする陸軍第75レンジャー連隊の戦いが描かれている。


 <登場人物>
ーアメリカ軍ー

  • 陸軍第75レンジャー連隊-

  • ジョセフ・アレン二等兵

レンジャー連隊の視点で展開するミッションで主人公となる人物の1人。シェパード将軍に直々にタスクフォース隊員として抜擢され、その後CIA諜報員としてロシアに潜入する。「じゅぅぅぅぅびょぉぉぉぉぉ」とか「荒野のウエスタン」は彼の上司のセリフ   日本語版では「二等兵」とされているが実際は上等兵。 

  • ジェームス・ラミレス一等兵
レンジャー連隊の視点で展開するミッションで主人公となる人物。本土に侵入してきたロシア軍を迎え撃つために行動する。

  • シェパード将軍

アメリカ陸軍の将軍。タスクフォース、75レンジャーの指揮官。前作「COD4 MW」の中東某国の作戦で指揮をとり、多数の部下を失った。最前線で弾幕に怯まず、指揮を執る姿はまさに闘将。
齢50を過ぎているが肉体的な衰えは皆無であり、特に近接格闘においてはソープ、プライスの二人をも圧倒する。
自分や部下の真上に航空支援を要請する、部下の核発射を黙認するなど、目的達成のためには手段を選ばない性格。
  • タスクフォース141-

  • マクタビッシュ大尉

前作(CALL OF DUTY4 MODERN WARFARE)の主人公。今作後半でも主人公。前作ではSAS所属だったが転属している。
今作ではイケメンな彼の素顔を拝見できる。モヒカン。
前作で無茶な行動をするとプライスやマクミラン先生にお叱りを受けたが、今作のマクタビッシュ兄貴はひたすら優しく、基本的にカバーしてくれる。部下思いで有能な理想の上司である。
Pitの記録が8秒のバケモノ。
部下たちは「ソープ」という名を知らない。プライスが救助時に彼をソープと呼ぶと部下たちは「ソープって誰だよ・・・?」と反応し、黒歴史として葬っていたことが露呈した。
入隊時プライスに「ソープとはふざけた名前だな?」と言われたが、彼も舞い上がっていたのだろう。

  • ゲイリー・サンダーソン軍曹(ローチ)

タスクフォース視点での主人公の1人。コードネームは「ローチ」で、ゴキブリ(コックローチ)の略(イギリスでは淡水魚の意)らしい。こちらもなかなか「ふざけた名前」である。
悉くジャンプ力が足りない。ローチなら落ちてた。


  • ゴースト中尉

ゴーストのコードネームを持つ隊員。
マクタビッシュの副官を担っている。
常にサングラスをかけ、骸骨がプリントされたバラクラバ帽をかぶってるため、素顔は不明。前作のブチギレる人と中の人が同じであり、死亡フラグともなっている。


  • ロシア超国家主義派-

ウラジミル・R・マカロフ

亡きイムラン・ザカエフの遺志を受け継いだ、ロシア超国家主義派の新たな指導者。イムラン・ザカエフにすら「狂犬」と呼ばれたほどの過激な思想の持ち主。
同じ超国家主義派である現政権とも対立しているのは、マカロフの放逐を条件に同派閥の人間が政権を奪ったから。
カマロフではない。念のため。

  • 民間武装組織-

アレハンドロ・ロハス

ブラジルのリオデジャネイロを中心に活動する武器ディーラー。通称「赤のアレックス」。マカロフに武器の提供をしていた。建物の壁を登っていくなど驚異の脚力の持ち主。地球に優しくはない。
吹き替え版では空港テロの実行犯にされてしまう


ーその他ー

  • プライス大尉

前作でマクタビッシュが新人の頃の上官。こめかみ部分から続く髭がトレードマークの英国紳士。前作の最後のミッションで死んだと思われていたがちゃっかり生存。ロシア国内の監獄に幽閉されていた。
脱出時には監視の兵をボコボコにしたり、単独で潜水艦に潜入したり全く衰えていない。むしろ前作よりアグレッシブになってしまった。

ちなみマクタビッシュが大事な場面で使用するサイドアームはプライスの物。前回の事件以来、プライスの形見として大事にしていたようだ。

 <マルチプレイヤー>
オフライン:最大4人まで対戦可能

<スペシャルオプス>
アルファ、ブラボー、チャーリー、デルタ、エコーの5クラスに別れており、三ツ星(ベテラン)を目指して戦い抜く。



CODシリーズでは日本からは初めてスクエニから販売。
しかし、PVでは英語音声だったのに発売数日前により多くのゲーマーに買ってもらいたいと日本語吹き替えが決定。それだけなら問題ないが、英語音声は未収録。

しかも誤訳、棒読みが酷くスクエニの下手糞ローカライズを多くのゲーマーが見せつけられた。

新作BLACK OPSでは英語版と日本語版を別々販売、吹き替えは豪華声優陣と反省した模様。


以下正訳→誤訳
  • 着弾まであと10秒→10秒!じゅううううううびょおぉぉぉぉぉぉ!!
  • 上等兵→二等兵
  • ロシア語は使うなよ→殺せ、ロシア人だ
  • 無法地帯→荒野のウエスタン
  • 「レンジャーが道を拓く」(レンジャー部隊のモットー)だろう!行け→レンジャーが道を拓く!行け!                                                                      奴が武器を用意した→テロの実行犯だ                                                                                                     ・「楽出来たのは昨日まで」(Navy Sealsのモットー)→オンリーイージーデイ                                                                                  ・軍曹、こいつのタトゥーを見てください→ 軍曹、こいつらを見てください                                                                                  ・煙草を吸ってる警備を殺れ→スモークを持っている警備を殺るか 
余談だが、本作のストーリーと設定をとあるラノベがパクったのではないかと言われ話題になったことがあった。


追記、修正の任務を果たせ。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/