カオスウルトラマン

登録日 :2011/12/21(水) 06:24:18
更新日 : 2017/02/19 Sun 00:30:52
所要時間 :約 7 分で読めます





ウルトラマンコスモス


お前は…人間の為に……


怪獣の体を変えた……


我々が我々の為に


怪獣を変化させるのと…どこが違う?


そのどこが……悪い?



カオスウルトラマンとは『ウルトラマンコスモス』に登場するカオスヘッダーの変異体。



【特徴】

●カオスウルトラマン
身長:47メートル
体重:4万2000トン
出身地:トレジャーベース近郊
武器・能力:ダーキングショット、インベーディングウェーブ、カオスプロミネンス、カオスバスター、ダークネスウィール、ダークブレット


ウルトラマンコスモスに登場したカオスヘッダーがコスモスの情報を得ることで誕生したコピー体であり、所謂にせウルトラマンの部類に属する。

姿はコロナモードの様な混沌の様な渦を巻く非左右対象で、青と黒のカラーリングを基調としている。
カラータイマーの色は黄色。

また、にせウルトラマン系統では珍しく複数回登場している上、TVシリーズでは初めて 本物を倒すという快挙 を成し遂げた。

名前もコスモスと対比になっている。『カオス』ウルトラマンとウルトラマン『コスモス』



【主な活躍】


ウルトラマンコスモス……


お前の力を貰う……

●『ウルトラマンコスモス
第39話「邪悪な光」
コスモスと春野ムサシの関係を知ったカオスヘッダーがトレジャーベースに侵入。
光の触手で拘束してムサシに抱き着き、コスモスの情報を得ることで誕生した混沌の巨人。

エクリプスモードと光線の威力を除いてコスモスと同等の力を持ち、
光の巨人であるウルトラマンの力を得たことで自身の力を効率よく使用できるようになり単体のカオスヘッダー50倍のエネルギーを放出できるが、
うっかり三分間の時間制限もコピーしてしまっている。


コスモス(コロナモード)とは互角の勝負を繰り広げるが死角を突いて倒し、光の状態に戻ったムサシを捕らえた。


怪獣は仲間……


怪獣を助ける……


怪獣を仲間に…


全ての怪獣を仲間にする…


全ての…


全ての……

第40話「邪悪の巨人」
ムサシの取り込んだことでムサシの「怪獣は仲間」という思いを知る。
そして、それを実現する為に鏑矢諸島の怪獣達をカオス化させようとするがシールドの影響で失敗。

ムサシが救出されるとコスモスと再び対決、カオスネルドラントⅡと共にコスモスを追い詰めるが、
TEAM EYESに弱点であるソアッグ鉱石から開発されたソアッグビームでダメージを受けてしまい、
カオス対抗ミサイルでカオスネルドラントⅡをネルドラントⅡに戻される。

その後も互角に戦うがコスモスがエクリプスモードにチェンジしたことで形勢逆転。
エクリプスブレードで細胞がパニックを起こし、コズミューム光線で分裂四散した。



カオスヘッダー最大の侵略だ!!

第59話「最大の侵略」
カオスキメラ開発を妨害するために出現。今回は三分間の制限時間を克服している上、さらに能力がパワーアップしている。
コスモス(エクリプスモード)とはほぼ互角の戦いを繰り広げるがコズミューム光線をくらい不安定に陥る。

だが、ワームホールからカオスヘッダーのエネルギーを浴びて……






●カオスウルトラマンカラミティ
身長:47メートル
体重:4万2000トン
出身地:P87ポイント
武器・能力:ダーキングショット、インベーディングウェーブ、カオスプロミネンス、カオスバスター、
ダークネスウィール、ダークブレット、ブレイキングスマッシュ、カラミティブレード、カラミュームショット

カオスウルトラマンが強化変身した姿。
エクリプスモードを模した姿に赤と黒を基調とした体色をしており、その実力はエクリプスモードさえ上回る。
切り札さえも学習されたコスモスは、最初からエクリプスモードで戦うことを余儀なくされる。

偽物の主人公が段階を経て狂化され、最強フォームをも学習。
さらに終始苦戦させるといった演出とインパクトは強烈で、ラスボスよりも強いと言われることも。




俺達の地球は……お前には渡さん!

第60話「カオス大戦」
強化変身したことで形勢逆転し、コスモス(エクリプス)に圧倒、完勝した。

その後はEYESを追い詰めるがコスモスが自分とムサシの決意によって復活し、再戦。
またもやコスモスを追い詰めるがカオスキメラを封入したカードリッジ弾を撃ち込まれた上、コズミューム光線を放たれ四散する。



私は守る事が出来なかった…


カオスヘッダーによって


生態系が変えられた惑星は


このように死の星となってしまったのだ…

第62話「地球の悲鳴」
EYESの陽動作戦の裏をかいて、強力なカオスヘッダー反応を放出させたカオスドルバを出現させてから現れるが、
コスモスに隙を突かれてカオスドルバが浄化され、ドルバに戻り、応戦される。

数的不利な状況ながらもコスモスを自力で苦戦させ、追い込んでいくものの
さらにEYESと地球防衛軍の援護をくらい、キメラミサイルを撃ち込まれた上、コズミューム光線を受けて消滅。



カオスヘッダー


お前は何故星々を破壊し


宇宙を混乱に陥れる?


我々こそが秩序をもたらす

第64話「月面の決戦」
コスモスによって月面にホイホイついて行ったカオスヘッダーが変身。

今までの目的が秩序をもたらすことであったことを明かし、自分達の邪魔をするコスモスを人間から学んだ憎しみから決着を望む。

さらに強くなっており、EYESの攻撃も気にせずエクリプスモード相手に優勢に戦うが、弱点であるソアッグ鉱石のある場所に誘われて形勢逆転。
最後はコズミューム光線を受けて消滅した。



君の股間を刺激する!

●『ウルトラマンFighting Evolution Rebirth
メフィラス星人がウルトラ戦士の能力を分析しカオスヘッダーを使って作り上げたウルトラ戦士のコピー体であるカオスロイドが登場。
それぞれが黒と灰色の体色をしている。


●カオスロイドU
身長:40メートル
体重:35000トン
出身地:不明
武器・能力:カオススペシウム光線、カオススラッシュ、キャッチリングコピー

●カオスロイドS
身長:ミクロ〜40メートル
体重:0〜35000トン
出身地:不明
武器・能力:カオスラッガー、ウルトラキー、エメリウムコピー

●カオスロイドT
身長:53メートル
体重:55000トン
出身地:不明
武器・能力:カオスストリウム光線、カオスダイナマイト、ウルトラベル


ウルトラマンがモデルで、左腕が常に垂れ下がっているカオスロイドU。
スペシウム光線切断技ウルトラスラッシュのカオス版であるカオススペシウム光線とカオススラッシュを放つ。

必殺技がかなり迷惑でウルトラセブンがモデルのカオスロイドS。
アイスラッガーのカオス版であるカオスラッガーを放つ。

ウルトラマンタロウがモデルのカオスロイドT。
ノーダメージでカオス版ウルトラダイナマイトであるカオスダイナマイトを使用できる。


予約特典はUのソフビ。


EPISODE12 「M78完全破壊計画」
メフィラスがウルトラマンを足止めしている隙に光の国を襲撃。
ウルトラタワーを破壊し、ウルトラベルとウルトラキーをそれぞれTとSが強奪。
Uはウルトラスパークを手に入れようとし、それぞれのウルトラ戦士と戦うことになる。

スーツも制作されており、イベントに登場している。
なかなか格好良い。


●『ウルトラマンギンガ 劇場スペシャル ウルトラ怪獣☆ヒーロー大乱戦!』
疑似空間のバグにより出現したものであり、カオスヘッダーとは無関係。バグレーと呼ばれる。
カオスウルトラマン、カオスロイドU、S、Tと、カオスロイド達がついに映像作品にも登場した。
この4人にイーヴィルティガを加えた5人で、ヒカル達5人が変身したウルトラマンと戦う。

カオスウルトラマンはカラミティではないがカラミュームショットを使用可能。
カオスロイドの3人は、カオス八つ裂き光輪がただの八つ裂き光輪、カオスラッガーが分裂しない等、
ゲームのような凄まじい技は使用せず、本物のウルトラマン達とほとんど変わらない技を使用していた。
ちなみにカオスロイドSは、ゲームでは使用しなかったワイドショットのコピー技を使用している。

ヒカル達を苦しめるも、最後は5対5の光線の撃ち合いに負けて倒された。

監督の原口智生は、ゲームオリジナルキャラであるカオスロイドの存在を知らず、プロデューサーが用意した悪のウルトラマンの着ぐるみリストの中から選んだらしい。

ちなみにカオスロイドU、T、カオスウルトラマンの3人は、劇場スペシャル公開前の新ウルトラマン列伝で登場している。
スパークドルーズ劇団のブラックキング達の妄想の中で、一方的にやられて終わったが…


邪魔をするなコスモス!


我々は人間の心を知った


憎しみを怒りの感情を


我々は知った!


コスモス!


お前が憎い!


お前を倒す!!



追記・修正お願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/