イズミ(クイーンズブレイドリベリオン)

登録日 :2012/07/18(水) 01:57:44
更新日 : 2015/11/03 Tue 17:34:47
所要時間 :約 5 分で読めます




天が呼ぶ 地が呼ぶ 人が呼ぶ――


悪を倒せとあたしを呼ぶ!





戦神の侍 イズミ、見参!!



クイーンズブレイドリベリオンに登場するキャラクター。
冒頭の台詞にもあるように、通称『戦神の侍イズミ』




身長:154cm
B:84
W:56
H:83
職業:侍(自称)
武器:野太刀"サオダケ"
好きなもの:米
嫌いなもの:偉そうな態度の奴
趣味:洗濯
パンツ:ふんどし(白)
イラストレーター:空中幼彩


黒髪を結ってちょんまげ風にしているのが特徴。
目尻の赤いアイライン(隈取り?)もいいアクセントになっている。

そして




なんといっても










ふ ん ど し で あ る



同じくヒノモト出身のトモエとは出で立ちが随分と異なるが、後述するように身分に結構な差があるのでしょうがない。
むしろ常時 見目麗しいおみ足 を拝めることにヒャッハーしよう。

洗濯好きとのことだが、ふんどしとマフラーくらいしか洗うものがないのは内緒。



…どこぞのサムライガールズにもふんどし一丁のけしからん娘がいた気がするが、まあそれはそれ。あっちは槍使いだしね。


●あらすじ
ヒノモト出身のローニンで、『戦神流剣術』の使い手。



…というのは 真っ赤な嘘
実際は農民の出で、剣術も我流で実戦経験も浅い。得物の"サオダケ"もどこかで拾ったものらしい。

身分詐称がバレて故郷を追われ、大陸へと渡ってきたという微妙に情けない経緯がある。

とはいえ単身 かつエロい格好 でこれまで無事生き残ってきた辺り、美闘士としての資質は十分あるのかもしれない。
事実、いざ戦闘になると大振りな野太刀を片手で操り、戦闘力自体は決して低くはないことが窺える。


身分詐称の件からもわかるように、少々見栄っ張りなきらいがある。
しかしそれは負けず嫌いであることの裏返しでもあり、持ち前のド根性でいずれ嘘を真にしてしまう…かも。

一方で仲間思いでもあるようで、ツンツンしながらも旅に同行する。
時には手に持つ法螺貝の音色で仲間をサポートすることも。この辺の能力の出自は不明なので、各々妄想を膨らませよう。


●アニメでの活躍
OP・EDでは映っていたものの、本格的な登場は9話からと遅め。

成り行き(というか不注意)で道に迷ったアンネロッテの前に、冒頭の名乗り口上とともに颯爽登場。
どう見てもストロングな仮面の人のパk…オマージュだが、野暮なツッコミはやめよう。


説明しよう!イズミは子供たちだけが暮らす村を守っているのだ!!

なるほど確かに、 真っ赤なマフラー をたなびかせるその姿は、まさしく往年のヒーローのそれである。
子供たちには頼られているようで、親しみを込めて『イズミちゃん』と呼ばれている。


…が、設定通り戦い慣れていないらしく、アンネロッテを前にして野太刀を握る手も震えが隠せなかった。

その後はなんやかんやあって和解し、アンネロッテにアレイン教官仕込みの特訓でしごかれたり、
謎の戦士・マリア(一体何者なんだ…)がふらりと来訪してきたり。
終いには魔物と戦い ひん剥かれたり と、慌ただしい日々を送る。


戦いの後は、マリアの


ひとりの覚悟があれば、大きなものを動かすことができる

という言葉にアンネ(ryともども決意を新たにするのだった――

ついでにアン(ryのことは『姉君』と呼び慕うようになった。

以下ネタバレ









――というのが9話の出来事で、 イズミの出番のすべて である。

最終話ではライラに道案内をしていたが、この時は映るのも一瞬かつ声なしだったため、出番というには少々物足りない。
キャラの多いアニメではある程度仕方ないが、もっと色々な絡みが見たかったという視聴者も多いのではないだろうか。

後のシリーズでは彼女のようなキャラに救済があることを祈りたい。

もっと彼女の尻が見たいならビジュアルブック買いましょう。


●余談
メガハウスからフィギュアがリリースされており、キャストオフも可能なステキ仕様となっている。
さらに左手に法螺貝を持たせることもできるのだが、これがちょっと露骨なデザインで、見た者の腹筋を強襲した。


残念ながらアニメではイズミ、ミリム、ライラ、アルドラの4人が一堂に会することはなかった。
揃ったらなかなかおいしい面子だったのだが…

え?ひとり足りないって?
そういうのはアニメスタッフに いけんを! 直訴してほしい。


CV:寿でサムラーイということで、キャストが発表された際には新たな魔乳の刺客か!?なんて一部のおっぱい星人たちが戦慄したとか。




「な、なんだよ、閲覧しといて追記・修正しないのかよ!」

この項目が面白かったなら……\ポチッと/