山口賢(パワプロ)

登録日 :2011/07/17 (日) 02:08:36
更新日 : 2017/08/30 Wed 19:50:56
所要時間 :約 4 分で読めます




山口とは実況パワフルプロ野球シリーズサクセスモードに登場するキャラクター
世代的には猪狩兄弟達と同じ第一世代にあたる。
帽子の下から覗く目が不気味な光を放っていることと村田兆二を彷彿とさせるマサカリ投法が特徴

ステータスは
球速 148km/h
コントロール C
スタミナ B
フォーク 7
カーブ 2
シンカー 1(パワプロ5(サクセスレジェンズ版)のみ)
シュート 1(パワプロ6のみ)
スライダー 1(パワプロ12のみ)

球速とコントロールは普通だがなんといっても大きな落差のフォークボールが武器
このフォークが来るとわかっても詰まってしまいゴロやフライを連発してしまう強力な投手

サクセスシリーズの歴史においてアンドロメダ学園のエース大西と同様に初期は実質モブキャラだったが作品を重ねるうちにサクセスのシナリオ本編に絡むようになった数少ないキャラクター



〇登場作品

  • 5
帝王高校(帝王実業)は存在するが、この時点では彼は登場しない。
名前がランダムのエース投手は存在するが能力はカーブ・フォーク・シンカーの下三方向にそれぞれ3ずつ変化球を持つものであり、後の山口とは似ても似つかない。
リメイクであるサクセスレジェンズ版では、3年目夏を除く甲子園の決勝戦であたる帝王実業のエース投手として登場しプレイヤーを苦しめた。
球速こそ135km/hと速くないものの、抜群の変化量を持つフォークを操る。
ちなみに帝王実業は64版「5」の公式ガイドブックにてスタッフに「きわどいネーミングです」とコメントされており、由来は恐らく名門帝京高校と思われる。


  • 6
記念すべき初登場作品。とはいえ、この時点では試合の前後のセリフくらいしかなく、ほとんど名有りのモブキャラ扱いだが。
明治神宮野球大会の決勝戦の相手として立ちはだかりプレイヤーを苦しめた。


  • 99開幕版
サクセス本編には登場しないが裏サクセスにあたる冥球島編の4回戦であたる帝王大学のエースとして登場。
ここからまともに主人公らと絡むようになる。
しかし、ほとんどのプレイヤーが 猪狩兄弟を仲間にするため対戦相手に指名されることは少なかったとか…


  • 9
9のサクセス自体が5と同時系列のため5と全く同じ立場で登場。
今作がPS2版初登場のためマサカリ投法もリアルになった。


  • 10超決定版
決定版に追加されたサクセスオールスターズ編に登場
猪狩守や大西ほどではないが高額年棒ではある


  • 11
帝王大学の伝説の投手として語り継がれている。
また、特定のルートを通ると主人公たちに手紙を送るという形で登場する


  • 12
社会人編サクセス初登場
ついにモブキャラからメインキャラへと昇格した山口

今作ではミゾットスポーツ編にて主人公の上司として登場
外見は髪を後ろで束ねたイケメンであることが発覚
しばらく登場しなかった間に肩を壊し野球が出来る身体でなくなってしまっていたが主人公の説得、会社の危機を救うために聞き手を右投げから左投げに代えて再びユニフォームに袖を通すことになる。
最初は思うような仕事が出来ず迷い続けたがチームの熱意・同僚の瀬久椎の誘惑っぽい説得もあって完全復活
左投げに変わったわずかな期間で元の実力を取り戻した。
この作品で帽子を被るとあの不気味な光を放つ別人格になることが発覚した。


  • 2011
またまた、第一世代の高校編に戻った本作も帝王実業のエースとして登場

アンドロメダ学園編をしばらく進めると加藤京子が働く病院で大西と出会い意気投合するイベントが発生
ある時草野球の助っ人として投手を務めた際に捕手としてボールを受けた大西が山口の身体に異変が起きていることを気づく。

その後、甲子園の準決勝前日。対戦相手の帝王実業の映像を見た際に大西が再度山口の身体の異変に気付き加藤京子に聞いた結果
山口の右肩はダイジョーブ医学でないと治せない ということが発覚

アンドロメダ学園のエースが大西であることと身体の異変に気づかぬまま試合で投げた山口

試合に負けた山口に大西は「今のお前では自分には勝てない、1から出直してもう一度投げ合おう」と言った
この一言でマウンドで投げていた投手が大西だとは気づいたが自分の身体に異変が起きていることには気づかなかった
後日、肩を気遣った大西の意を汲み、そのままプロへは行かず、大学へ進むことになる


  • 2012
帝王大学のエースとして登場

これまでと違うのは、肩が完治していること
今回は甘いマスクは拝見できないが、相変わらず帽子をかぶった状態は高慢で、帝王大学こそ最強と豪語する



サクセス本編でも怪我を乗り越えての復活
さらに、美人の同僚といい雰囲気になる。
キャラクターとしてもモブキャラからメインキャラへの昇格
PS1時代に特殊フォームで登場とかなりの勝ち組キャラクターだったりする…

  • 2014
得意練習は変化球。
SRK固有スキルは青特能を一つランダムで入手できるというもの。大量の経験点を必要とする特殊能力を取れればおいしいが、チャンスは1回限りなので微妙。
SR以上の連続イベントで貰える金特は対ピンチの上位互換である強心臓。ただし4回のランダムイベントを消化しなければならず、しかも失敗判定が2回もあるうえに、完走しても金特がもらえるかは運。加えて一緒に練習すれば対ピンチのコツをもらえることもあるので、どうしても金特がほしいというわけでなければ初回で切るのが無難。見返りは大量の技術変化球精神ポイントと貴重な逃げ玉のコツ+1。どう考えても初回切りのほうがお得。
他には選択肢次第で体力が回復したり、体力の最大値が上がったりするイベントもあるので、かなりありがたい。
あおい、蝶野と一緒にデッキに入れると特殊イベントが発生する。
試合で使う場合、高レベルのCPUはフォークをほとんど振ってくれないので、微妙なコントロールと変化量2のカーブで頑張らないといけないのが辛いところ。

  • 2016
サクセス本編、パワフェスともにミゾットスポーツエースとして登場。
パワフェスでは無茶な練習をする太刀川広巳を止めるイベントがある。
右肩を壊して左投げで復活したという設定であり、実際に左投げである。


追記・修正は常勝チーム帝王に入学した者からお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/