荒川弘

登録日 :2012/02/09(木) 13:30:35
更新日 : 2016/10/18 Tue 16:31:29
所要時間 :約 6 分で読めます




荒川弘は日本の漫画家。『少年ガンガン』など、主に少年誌で漫画を描いている。
有名な作品はアニメ化もされている『鋼の錬金術師』(完結)、『銀の匙 Silver Spoon』(連載中)など。
名前の読み方は「ヒロシ」ではなく「ヒロム」。

名前だけ聞くと男性だと思われるかもしれないが、女性である。


1973(昭和48)年5月8日北海道生まれ。41歳。
身長は165cm。姉3人、弟1人の5人姉弟。

既婚者であり、子供が2人いる。
そしてこの度めでたく3人目のお子さんをお産みになった。(曰く「人体練成成功」)

北海道広尾郡忠類村出身(忠類村は2006年に近隣の幕別町と統合)。
実家が農家なこともあるのか、十勝管内の農業高校を卒業。
その知識は今現在連載中の『銀の匙』『百姓貴族』にていかんなく発揮されている。
また、『銀の匙』のコミックスの作者コメントの自画像では、主にコミックスに登場した美味しいもののおすすめの食べ方を紹介している。

自画像はメガネをかけているデフォルメされた牛。これの理由は上記の酪農家だという事と、丑年で牡牛座だという事が関係している。

デビュー前はゲーメストの投稿漫画を描いていた。タグのエドモンド荒川は当時のPNである。
其処からマンガ大賞を受賞。『魔法陣グルグル』で有名な衛藤ヒロユキのアシスタントを経て、スキルを磨いていった。

そして、彼女を語るにあたって外せないのは、かなりの速筆であること。
彼女は『鋼の錬金術師』を連載中、一度も休載することが無かったのだ。

妊娠したのに。出産(2007年と2011年)も経験したのに。強すぎである……。
出産に備えてスケジュール調節し原稿のストックをためて連載に穴をあけないようにしていたと言う…クリエイターの鏡や……

子供に自分のマンガを見せ『面白いと言わせる』のが夢だと語っている。


ハガレンコミックのカバー下のカオスっぷり *1 や巻末4コマを楽しみにしている読者も多かったらしく、
「こっち(カバー裏ネタなど)が本命」という内容の読者からのファンレターに対して『本望だ』と返している。
なお、アニメ版のDVDなどにも4コマを寄稿したりしており、それらの4コマとラフスケッチを収録した小冊子がコミックスのおまけでついてきたこともある。

また、筋肉ムキムキのオッサンキャラを描くのが好きと公言しており、作品の中にここぞとばかりに出てくる。
筋肉キャラの中でもハガレンに登場したアレックス・ルイ・アームストロングはお気に入りなのか、銀の匙にも似た容姿の先生が登場している。
「銀の匙」のアニメ化の際にはその先生役にアームストロングを担当した内海賢二氏がキャスティングされていたが、
収録開始後すぐに内海氏が急逝されたため、ほとんどしゃべることはなかった。
嘘か誠か、ハガレンアニメ化の際は、「オヤジとマッチョの作画は崩さないで欲しい」と要望したらしい。
対するアニメスタッフ側は「うちはオヤジとマッチョしか描けないスタッフばかりです」と返した。

エドモンド繋がりからか歴史漫画本で伝説の力士・雷電の回を担当した。



○主な連載作品リスト


○読み切り等

  • STRAY DOG (1999年)
  • 上海妖魔鬼怪 (2000年、2002年、2006年)



追記、修正をよろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/