ミント・アドネード

登録日 :2009/08/02(日) 12:06:10
更新日 : 2016/09/24 Sat 05:54:59
所要時間 :約 3 分で読めます






Mint Adnade

年齢:18歳
身長:162cm
体重:42kg
3サイズ: B105cm(I)、W58cm、H88cm

CV
岩男潤子(PS、GBA、OVA、PSP版)
こおろぎさとみ(SFC、GBA版)


本作のヒロイン
ナース服みたいな衣装と美しい金髪が特徴

法術師の家系に生まれ、癒しの術である法術を扱う事が出来る
思いやりがある優しい性格の持ち主
普段はおっとりお淑やかなミントだが、芯は強くいざとなると強い意思と意外な行動力を見せる

巨乳で、スタイル抜群の初代ボインちゃん
太りやすい体質のため肉は控えているらしい
なお彼女の身長、体重から考えるに、太りやすい以前に痩せ気味の方に入る。


年頃の少女らしく恋に恋する一面があり、人の恋路におせっかいを焼くことも

過去編のサブイベント「ナンシーとエルウィン」はその一面が如何なく発揮される
この恋路へのお節介が、150年後の2人の子孫やエルウィンの実家の輸入会社「レイオット」に影響を与える
恋愛小説が好きで、上記のように他人の恋愛事には積極的だが、案外耳年増なだけだったりする

12星座の塔でアーチェクレスにキスを迫った時はヤキモチを妬いたりもした

美人で性格良し、おまけに料理も得意でピアノ、歌も上手
そしてユニコーンに会える清き乙女!
完璧である


物語序盤で謎の騎士団に母親のメリルと地下牢で捕えられていた所をクレスに助けられ、共に協力して脱出する
その後、地下墓地にてダオスと対峙するも、その強大な力を前に窮地に立たされる
しかしモリスンの時間転移で過去に遡り、クレスと共にダオスを倒す力を探していく事になる

旅をする中で彼に淡い想いを抱いていくが、当のクレスは鈍感であり彼女の気持ちに中々気付かない


戦闘では回復・補助魔法がメインとなる
法術はレベルアップによって習得できる
本作では回復術を使えるのが彼女だけなので、ミントがいるといないとでは戦闘の難易度が異なってくる

その反面、武器攻撃は不得意である
武器は杖だが、杖は攻撃用と言うよりはミントの魔力を上げる意味合いが強く、武器自体の攻撃力も低めである

加えて攻撃魔法を一切修得しない
そのため、彼女の勝利ボイスを聞くのは結構レア


OVAでは(ダオスの援護もあったおかげでもあるが)キーアイテムの補助無しに単独で大樹を回復させた上、都市壊滅の破壊力を持つ『魔導砲』、および作中でも最強クラスの技である『ダオスレーザー』などを、バリアで軽く跳ね返すなどといった恐るべき実力を誇る
このOVA版ミントバリアに対しては、一部のファンの間で無敵説が囁かれている

ドラマCDでは、何かと腹黒く描かれることが多い
シナリオライター表出ろ


エターニアでは晶術「レイズデッド」を2週目以降に唱えると背景に登場
キャラクターを蘇らせる天使のグラフィックもミントの服装っぽい

ジアビスでは闘技場のゲストキャラとして参戦
ピコハンに攻撃力が加わり、放っておくとレイズデッドやタイムストップしたりするので危険
そのため真っ先に倒しておく必要がある…がっ!果たして出来るのか…
ミントを斬り刻むという罪深き行いが…

ヴェスペリアではエステルのアタッチメントパーツで「ミントの帽子」が登場
しかし当の装備者であるエステルは法術士の帽子を被ってもあんまり回復してくれない

バーサスではキャラの絵が偽物
バリアーでダオスレーザーを跳ね返して彼を倒してしまった。お前最早それ「バリアー」じゃなくて「リフレクター」だろ

この項目が面白かったなら……\ポチッと/