ウィンディ×ウィンダム

登録日 :2011/08/01(月) 00:43:16
更新日 : 2017/05/14 Sun 21:25:13
所要時間 :約 2 分で読めます




2008年7月に株式会社サクセスより発売されたニンテンドーDS用ソフト。

ジャンルは2D格闘ゲーム。
開発はニンジャスタジオ。


※ストーリー
世界の中央に位置する王国ガウェイン。
人々は"ウィンディ"という名の器具を身につけており、多少の制限はあるものの空を自由に飛ぶこともできた。
ウィンディの力の大きさは権力や武力の大きさを表しており、絶対であった……。
その為格差が生じ、争いは絶えることがなかった。
そんな中王国ガウェインの王都ファリウスで奇妙な大会が開かれる。
"優勝者の望みを叶え、いっさいの自由を約束する"
人々は自らの力を把握しており、生活もあった為、参加する人はいなかった。
そんな中、数人が望みを手に入れる為か、それとも自由を勝ち取る為か、全ては自由という名のもとに大会に参加する。
それが仕組まれたものだと知ってか知らずか…。


本作は
  • DSの二画面を利用した「ウィンディ」による独特な空中戦
  • 同社の人気ローグライク降魔霊符伝イヅナから我らがおっぱいくの一「イヅナ」とツルペタくの一「シノ姉」が隠しキャラで参戦(パッケージに思いっきり出てたり、発売前からピックアップしまくってたりと全く隠す気はないが…)
  • 可愛らしいキャラデザ
  • DSには珍しい2D格闘ゲーム

等の要素により、発売前から大変大きな期待をされていた。



以下問題点

  • ショボい演出や効果音に、超もっさりしたアニメーション
  • ガードしてもノックバックが発生しない
  • 起き上がりガード不可
  • 簡単に決まりまくる無限コンボ
  • 弱すぎるCPU
  • 対戦ゲームなのに Wi-Fi非対応
  • ウリのはずの空中戦は大ジャンプ程度の代物
  • 一部トドメ演出に他の格闘ゲームとそっくりなところがある



ぶっちゃけた話クソゲーオブザイヤー2008年度の携帯部門にて見事入賞を果たす程の中身である。
ファミ通では「あのゲームは何故失敗したのか?」という 「特集の名を借りた公開処刑」 が行われたり。

評価点としてあのイヅナとシノ姉がアクションゲームで操作出来る事とイヅナに乳揺れがある事。
ソフマップの購入特典であるテレカのイラストも、他のキャラを押し退けてイヅナがメインになっており、このテレカを目当てに購入した人も多い。


因みにこれと全く同じ発売日には『メジャーDS』『めざせ!甲子園』が同時に発売されており、この日は一部のゲーマー達の間で語り草になっている。




追記修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

現在この項目は加筆・修正依頼が出ています。
依頼内容は「内容の強化依頼」です。
加筆・修正できる方は協力をお願いします。