ゾーオンケイジ

登録日 :2012/02/05(日) 01:29:43
更新日 : 2016/08/20 Sat 21:58:30
所要時間 :約 7 分で読めます




テイルズオブグレイセスに登場するエフィネア(アスベル達のいる惑星)の周りにある羅針帯の正式名称で本作の隠しダンジョン。

ここに来るには本編をクリアしなければいけないという、シリーズ恒例の裏ボスに挑戦するダンジョンなのだが、このダンジョンの最大の特徴は……



シリーズ屈指の ギャグダンジョン であることである



【簡単なあらすじ】
ラストダンジョンの最深部、リチャードを救いラムダとの決着を着けようとするアスベル達にポアソンから一通の連絡が届く。

「ラント家の執事フレデリックがフーリエ姉様から借りた『 ノパーソ 』という機械を返してもらいにいってほしい」

連絡を受けたアスベル達はノパーソを受けとるために故郷ラントに一度戻るのだった。
故郷ラントに戻ったアスベル達はフレデリックにノパーソを返してもらうように頼む。
その時のフレデリックは困った表情をしていたが、アスベルに言われた通りノパーソを取りに屋敷に入る。


フレデリックがノパーソを持ってくるのを待っているアスベル一行。
その時、空から戦闘用ヒューマノイドが落ちてくる。
何とかこのヒューマノイドを倒すが、その時、ノパーソを取りにいっていたフレデリックの悲鳴があがる。

そこでアスベル達見たのは、ノパーソを持ったフレデリックが直立で 空中に浮かんでいる 姿だった。
その直後、フレデリックの姿はノパーソと共にお星さまになってしまう。

しかし、何とかフレデリックの居場所を突き止めたアスベル達はシャトルでゾーオンケイジに突入するのであった。

ゾーオンケイジに突入したアスベル達は、その第一階層でフレデリックを発見する。フレデリックはこのゾーオンケイジについて語りだした。

今から200年ほど前、このゾーオンケイジの衛星絶対守護防衛システム『ソロモス』が暴走し、 ジャイアント起動 したという。

……意味がわからない?

……大人になれ


ジャイアント起動したソロモスは地上から9人の勇者を集め、そこに自分を含めて十芳星戦士(テルマディケイド)を結成し、地上を滅ぼそうとしているという。
そして、肝心のノパーソはソロモスに奪われてしまい、ノパーソの中には誰にも見せてはいけない物が隠されているという。

あまりの超展開に色々と混乱するアスベルだが、ノパーソを取り戻し世界の危機を救うために立ち上がるのだった。



【十芳星戦士の皆さん】


1.フレデリック・バーンズ

ラント家の執事でシェリアの祖父。彼の持っていたノパーソには重大な秘密があるらしい。

ステッキを武器に秋沙雨や空破滅衝撃などの剣術を使いこなすスーパーおじいちゃんで戦闘中もお辞儀を絶やさない紳士。
…どこぞの紫タイツの自称紳士も見習ってほしいものだ。
秘奥義は気の抜けた掛け声で突撃し、戦死したはずのアスベルの親父と繰り出す『メニアルボンバー』。
実はバグのような威力が設定されており、画面をよく見ると凄まじいダメージを叩き出されている。

撃破すると彼は息を引き取るように消滅するが、すぐに復活する。
「ここはそういう場所なのです。」


2.セルディク改

国王の座を狙っていたリチャードの叔父。
本編でリチャードに殺されたかと思いきや実は生きており、その場から逃走しているときに十芳星戦士に選ばれたという。

十芳星戦士になるときに改造されたが不具合が生じておりセリフがバグっている。戦闘は本編で戦ったときと同じ行動パターンなのでさほど苦労はしない。

撃破すると「コロシテクレ……」とどこかで聞いたことがあるセリフを言う。
目から油が出る。



テイルズ オブ ハーツからのゲスト出演。

ある物を探しているときにゾーオンケイジに連れてこられたらしい。ここに連れてこられてからは何も食べてないらしく、アスベルにキュウリと味噌を要求する。
戦闘では秘奥義)でしか術を使わない格闘娘になっている。
秘奥義は何故か原作では思念術だった『スターライト』。

これっきりの一発ネタかと思いきや、他の場所でもう一度会うことになる。


4.ダークかめにん

皆から「腐ったマーボーカレー」と言われてぐれてしまったかめにん部長の息子。
暗黒面に堕ちたらしく、着ている服も黒い。

水着イベントでアスベル達の水着をストラタ全土に隠したのはコイツで、他にも色々と悪いことをしたらしい。
戦闘では魔改造された亀車に乗って戦う。
Wii版では秘奥義はなかったが、グレイセスFにて秘奥義を修得する。その名も……

「金は命より重いっスっ!」


5.エメロード改

本編で汚ねえ花火になったエメロードとは別のエメロード。
本編のエメロードの旧ボディ。アスベル達に気付かれずシャトルに密航してエフィネアにやって来た。
ほぼ同じ見た目だが、花火になった方が戦闘時ラムダを憑依させていた設定を反映させており、そうでないこちらは瞳が両目とも同じ色になっている。

どのあたりが改なのかは不明だが、彼女は前のエメロードが残した モテたかった 思いを実現させようとしている。
本人が言うには「三度目のモテ期が到来したらしい」。

通称モテロード。


6.ぴよぴよ×25

その名の通りのヒヨコ。謎人選その1。

店の主人を亡き者にして自由を手に入れたときにここに連れてこられたらしい。

謎人選その2と繰り出す秘奥義『ホシニネガイヲ』はシュールの一言。


7.ジェントルうなぎ

グレイル湖産の高級うなぎだと誇らしげな目で語る腹巻きを巻いたうなぎ。通訳はソフィ。謎人選その2。

しかし、マリクに自分が本当はグレイル湖産ではない産地偽装ジェントルだと見破られた為、戦うことになる。戦闘中は空を走り回ったり地面を泳いだりと忙しいが秘奥義はない

戦闘後は産地偽装を認めたが「従業員が勝手にやったことだ」と言い逃れをした。

「ちょっと待て!お前はグレイル湖産などではない!この産地偽装ジェントルめ!」


8.フーリエ

フレデリックにノパーソを貸したパスカルの姉。

戦闘ではお供の人工モンスターを引き連れて、パスカルと同じ長銃で戦う。
秘奥義はパスカルの第二秘奥義『S・エクシード』だが、没ボイスには『G・ソードクロス』と『B・アサルト』もあったらしい。

G・ソードクロスはともかく、フーリエ版B・アサルト……



テイルズ オブ デスティニー2からのゲスト出演。

原作の初登場の時のように開口一番に「英雄を探しているの」と呟いて、ヒューバートから 関わってはいけない人 扱いされる。
戦闘では「晶術? なにそれ?」と言わんばかりに杖で殴りかかってくる。その姿はまさに撲殺聖女。秘奥義は何故かグランヴァニッシュだが、カットインがやけに凝っている。

彼女も他の場所でもう一度巡り合う事になる。


10.ソロモス

200年前に起こった未曾有の危機によって暴走したゾーオンケイジの絶対守護防衛システムで本作の裏ボス。CV:優希比呂。
セリフや戦闘中にも四字熟語を多様するほど四字熟語が大好きだが、裏ボスだけあって攻撃が激しかったり分身したりと苦戦する。

秘奥義はソロモス流刹劇舞荒拳「天衣無縫」。
PS3ではアイテムカウンター秘奥義ブライティスト・ゲートが追加されている。


以下、衝撃のネタバレ







何とかソロモスを倒したアスベル達。地上のラムダが強化されたという問題は残ったが、ソロモスから取り戻したノパーソの力でソロモスは暴走を止めて世界は救われた。

その時、ノパーソから一枚のブロマイドが落ちる。皆が確認するとそれは……




そして、この画像の持ち主はフレデリック。
フレデリックはノパーソを使って似たような画像を世界中から 600枚 ほど集めていたのだ。

……やるな老人by.M・シザーズ

フレデリックが言っていたノパーソの秘密とはこの画像こと。
結果、怒ったシェリアからノパーソ禁止令が言い渡されてしまうのだった。


その他
  • エレスハイ
ゾーオンケイジ内は原素(エレス)が濃く、その濃度に頭がやられてテンションがおかしくなってしまう現象。
こちらのメンバーも例外ではなく、普段はツッコミのシェリアやヒューバートまでこの症状に陥ってしまった。
教官が特に顕著だが、この人はいつもおかしいので大した問題ではなかった。

  • ザコ敵
ダンジョン内に登場するザコ敵はフロア毎になんらかのテーマ(パラメータの偏り、体が小さい、状態異常持ち等)で固められている。
フロア1ではなぜか幼少期のアスベル、ヒューバート、リチャードが敵として登場する。…なんで?
そしてこの敵として登場するリチャードには 毒が弱点 というネタが仕込まれている。ひどい。

  • その後
不明。
未来への系譜編で行くことが出来ない上、話でも触れられないため不明。
フレデリックやフーリエが帰還できている以上セルディク改とエメロード改も解放されているはずだが、彼らがどうなったのかは誰にもわからない。
いいのかそれで!?


追記・修正お願いします

この項目が面白かったなら……\ポチッと/