偕老同穴

登録日 :2011/02/10(木) 00:56:01
更新日 : 2017/09/22 Fri 12:40:53
所要時間 :約 2 分で読めます




学名
Euplectella aspergillum
和名
カイロウドウケツ(偕老同穴)
英名
Venus' Flower Basket(ビーナスの花かご)

主成分二酸化ケイ素の骨格を持つ海綿の一種。編みこまれたような骨格は美しく地方によっては観賞用に使われる。









なんで同穴(同じ住みか)で偕老(共に老う)かだって。

それは、ドウケツエビってエビが、彼らの体の中に住み着くんだ。

幼いときに二匹繊維の中には入り込み、海綿の胃の中に、歳をとったら体が大きくなって海綿から出れなくなっちゃう。

そう、共にくらし、共に老う。あまりに極端な例。

雄×雄だったら


ふふふ、お兄さんいいお尻しているな

薔薇園

雌×雌だったら


うふふ、あなた可愛いわね

百合園
なんて、展開になるかもとか考えたかい。
実はならないんだ。
幼いころは、雌雄未分化状態。海綿の体の中で、雌雄が別れるからそんなことはない。

そんな、エビが住み着くから偕老同穴は、結婚の引き出物に出されたりするんだ。
素晴らしくめでたい引き出物だね。

だから慣用句偕老同穴の契り。
夫婦が仲睦まじく共に老いましょう。って意味があるんだ。

たまに間違って偕老同穴の中に三匹のドウケツエビが入り込んだりして三角関係になったりするのは秘密。

偕老同穴の契りを結んでおいて、浮気したら骨格のどこかが広げられたんだと言訳したらいいかもしれない、きっと嫁がグーで殴るよ(ソースは俺)。


追記修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/