吉岡ゆき

登録日 :2009/06/01(月) 23:42:14
更新日 : 2015/03/27 Fri 20:11:13
所要時間 :約 3 分で読めます




吉岡(よしおか)ゆき


争いごとが嫌いで、恋話好きな女の子。
眉毛がトレードマーク。

みつどもえ』の登場人物。カラー口絵のセリフは「うひょお」。左利き。
CV:豊崎愛生

鴨橋小学校6年3組。杉崎や宮下と仲が良く、大抵一緒に登場し杉崎とみつばの争いにオロオロするポジション。

トレードマークは太い眉毛で、ちょくちょくふたばに真似される。
眉毛は「■■」「┛┗」、目は「><」、口はミッフィーかへの字で描かれることが多い。
本人は眉毛を気にしており一度カットした、が、15分でまた生え揃ってしまった。
ちなみに細くするとふたばになれる。その似具合はふたばをよく知る佐藤にしか見分けがつかない程で、ドッペルゲンガーと認識したふたばに殺されかけた。


第135卵生にて、吉岡ゆきの代名詞とも言えるあの眉毛は、父親からの遺伝だったということが判明した。その父親に絵本の原案としてネタにされた事もある。
(キャラ名は「なまこまゆちゃん」)

さらに、寒い所にずっといると全身から毛が生え、万博マスコットキャラみたくなる。
ある意味、みつどもえのどんなキャラよりもすごい特異体質を付加されたしまったかわいそうな子。

性格は非常に女の子らしく温厚で優しい。が、大好きな恋愛話が絡むと妄想を暴走させ事態を混乱させることも多い。
「好き」という言葉が出るとどこからともなく寄ってくる。

カップリング厨。5巻の巻末に載っている吉岡脳内仕様の人物相関図はエライことになっている。
その割に佐藤が好きでしょうがない隊→佐藤への矢印はまったく認識していない。


イケメン好きで、ガチレンジャーを視聴しており、ガチブラックのファン。

本人には一切悪気はないのによく地雷を踏む。その度に宮下が突っ込む。
例)(みつばの体重が読み上げられて)「大丈夫!思ったより重くないよ!」

ひとはほどではないようだが運動は苦手。逆上がりが出来ない。マラソンでも最後尾集団。
何気に胸が結構あり、千葉のブラホック外しのターゲットにされた事も。
丸井三姉妹や松岡に対しても分け隔てなく接する為かサブキャラとしてはかなり出番が多い。

口癖は「愛の形は人それぞれだよね!」

ひとはの勘違いもあり、父親が官能小説家であると思い込んでしまっている。
(伊達男風の外観とは裏腹に父親の職業は絵本作家で、その作品の内容も極めて純真無垢。いろいろあって娘には秘密)
母親は堅物PTA会長なおかつ全身性感帯キャラというトンデモ設定である。夫とは公衆の面前であろうとイチャつくほど仲良しでゾッコン。
他人の子供の服装まで注意するほどの厳しさは、実は夫に色目を使ったという勘違いから来るものだったりする。
小学生や幼稚園児までもが夫を誘惑していると思い込むとかとんでもない妄想癖だよ!
吉岡の妄想癖は母親譲りなのだろうか…。

父親が官能小説家だから自分に仕事を教えてくれないと思っているゆきちゃんは、両親との距離を縮めるために

…官能小説を読み始めた…


追記・編集の形は人それぞれだよね!
┛ ┗
> <
 ∧

この項目が面白かったなら……\ポチッと/