山岸由花子

登録日 :2012/10/31(水) 07:44:37
更新日 : 2017/09/13 Wed 10:41:03
所要時間 :約 7 分で読めます




康一君おもいきって言います
あたし康一君のこと好きなんです




山岸由花子は、ジョジョの奇妙な冒険 第4部『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物。
CV:赤崎千夏(アイズオブヘブン)/能登麻美子(TVアニメ版)
演:小松菜奈(実写映画版)


【概要】

仗助達と同じぶどうヶ丘高校に通う高校生で、億泰と同じクラス。射手座。
1999年2月に虹村形兆に『弓と矢』で射抜かれスタンド使いになっている。

容姿端麗な美少女で、料理上手。康一が本心から「美味しそう」と言っていた程。
手先も器用で、特に編み物は一晩で複雑な模様のセーターを作り上げ、市場に言って食材を買って手の込んだ料理を作る時間がある程作業も早い。
また、トイレのドアノブを改造したり、 電気椅子 を自作する等工作にも秀でている。

「愛している人のものならウンコだろうが鼻汁だろうが平気、気にするのは変」だと言い切る等献身的でもある。

康一に好意を寄せており、喫茶店に呼び出して思い切って告白した。
初めての経験故に、康一はすぐに返事をしていいものかと迷いを見せるが……










愛しているの!?愛していないの!?さっさと答えてよっ!こんなに言ってるのに!!



その根本的な性格は自分勝手で思い込みが激しく、作中では住居不法侵入、誘拐、軟禁、器物損壊、更に未遂に終わったとはいえ殺人行為も行っており、
目的のためならば手段を択ばない。

他人の都合や事情もまったく斟酌せず、前述の犯罪行為は勿論、赤信号で渡って当然の文句を言われても、「勝手に赤になった信号が悪い」と言い切るほど。
康一曰く「何を言っても無駄」な性格で、エコーズACT1の音を用いた精神攻撃はまったく通用しなかった。

告白の翌日に当番で理科室清掃をしている彼の元に訪れ、昨日の行いを改めて謝罪し、康一は彼女への認識を改めかけるが、
直後に見せた一晩で作った時季はずれの手編みのセーターと手の込んだ豪華な弁当を見て彼女の異常性を理解。
同じ頃、彼女が起こした殺人未遂事件に遭遇した仗助と億泰も彼女に康一を諦めさせようと、
康一の悪評を彼女に聞こえるように喋って幻滅させる作戦を取るが裏目に出てしまい、彼女は康一の家に家宅侵入。
康一を「自分が望む立派な男性」にするべく拉致・監禁し、更に頭に自分のスタンドを埋め込み、逃げ出さないようにする。

だが康一の機転で仗助に電話を掛けさせられ、場所を大まかながら特定される。
自分を出し抜いたことに腹立たしい気持ちはあったものの、康一が自分と同じスタンド使いだったことに喜びを感じる。
が、今まで散々酷い目に会ってきた康一に拒絶されてしまう。
その事に激怒し康一を殺害しようとするが、ACT2に成長した康一のエコーズの前に敗れる。
その後も抵抗を続け、康一の忠告を無視し崖から転落。
下にあった尖った岩肌に突き刺さりそうになってしまうが、エコーズACT2の能力に助けられ、命を救われる。
自分と戦いながらも自分を救う事を考えていた 康一の器量の広さに感服し負けを認めるが、
康一への恋は諦めておらず、 「相手にされなくても、想っているだけで幸せ」 と更に情熱を燃やす。

尚、その当人である康一はぼろ負けしたのに喜んでいる由花子にドン引きしていた。

その後しばらくは出番がなかったが、スタンド使いのエステティシャン、辻彩の回で登場。
辻のスタンド能力で康一の興味を引くことに成功するも、辻の出した制限を守らなかったことで、
一時は自分の顔が自分の顔でなくなる危機に陥るが、康一の誠実さに感銘を受けた辻により、特例で事無きを得た。
そして、由花子の外見ではなく性格を気に入った康一と、念願の相思相愛の関係に発展している。

仗助は彼女にとって別にどうでもいい存在らしいが、康一抜きで喫茶店で一緒にお茶をする程度には仲はいい。
露伴とはウマが合わず、彼は彼女の事を「プッツン由花子」と心の中で揶揄していた。
それと彼女の人相は、「好きになればなる程相手が逃げていく」らしい。


【スタンド】
『ラブ・デラックス』

破壊力-B
スピード-B
射程距離-C
持続力-A
精密動作性-E
成長性-B
自分の髪の毛全てがスタンドという、一体化型のスタンド。
髪を伸ばして対象を掴んだり、対象の頭に植え付けて引っ張る事も出来る。
頭に植え付けられた髪は切断したり削り取ったりすれば『ラブ・デラックス』は効力を失う。衝撃等のダメージを与えると白髪になる(自然回復可能)。
髪の毛による攻撃は能力攻撃の為、スタンドに触れられる。
本体の由花子が激情家かつ恋愛(から来る愛憎)というはっきりとしたトリガーを持っているためか、作中ではかなり大きい東京に住んでいるどこかの社長の避暑別荘を丸々覆い尽くす程の範囲に髪を伸ばすスタンドパワーを見せた。
ゲーム・アイズオブヘブンでは康一とのデュアルヒートアタックを披露。彼がAct3“3FREEZE”で敵を足止めし、その荷重が掛かった状態のまま髪で掴んで持ち上げてビッタンビタン滅多打ちにする、という彼女らしい破天荒っぷりを見せた。
…………あの、少なくとも運動神経グンバツの大の大人が見動き取れなくなるくらい重いはずなんですが……(ガクガク


【余談】

  • 項目を見れば分かる通り、素晴らしいまでのヤンデレキャラ。
    4部が連載されていたのは十数年前…荒木先生時代先取りしすぎである。

  • 4部の後日談を描いた小説『The Book』にも登場。
    無論康一との交際は続いており、『ラブ・デラックス』の能力を使い康一の殺人事件の犯人捜しに協力した。
    康一にぶつかってきた男子生徒を半殺しにしかける等、病みっぷりは健在。

  • 由花子が転落しそうになった岬は、後に「ボヨヨン岬」と呼ばれ杜王町の新名所となる。
    康一がACT2の能力で「ボヨヨ~ン」と由花子を弾き飛ばして救ったことから、
    「自殺しようとした女性を岬の岩が優しく弾いて命を救った」というエピソードが伝わっている。

  • ジョジョにおいて髪の毛を操るという能力は、第1部に登場した黒騎士ブラフォードという先例がある。
    そのため、ファンの間では「実はブラフォードはスタンド使いだったのではないか」とか「彼女はブラフォードの子孫なのではないか」といった、
    (ネタ混じりの)考察がされることもある。

  • アニメ版では、近年仕事を選ばなくなってきた能登麻美子が演じる。
    尺の都合で康一のセリフがかなりの割合でカットされた一方で由花子のセリフは殆ど切られず、
    「ヘナチン」「しょんべんたれ」「チンポコ」 などを原作通りに読まされた。能登の家族を解放しろ!

【名言】
  • あたし康一くんのこと好きなんです
  • この家を出る時ひと回りもふた回りも成長した自分を鏡で見て…あたしに感謝するわ。「ああ自分にはこの女性が必要なんだ」ってね…
    「山岸由花子がいなくてはこれから生きては行けない」ってね
  • 愛している人のものなら誰だって ウンコだろうが鼻汁だろうが平気でしょう?気にするのは変だわ!
  • 由花子って子供の頃から興奮すると「眼輪筋」がピグピグいってちょっと暴力的な気分になるのよね
  • よぐもぉ!くおの!ションベンちびりがぁぁぁぁぁ よぐぼォ!あだじにごんなごどをおおおっプ!
    あだしの大切な髪の毛がまっ白になってるわッ!このヘナチン野郎がああー!
  • このままこのションベンたれのチンポコひっこぬいてそこから内臓ブチまけてやるわッ!
  • 「仕事」なんかより「愛」の方が重いってことわからないの?
  • どうして「30分」だけなのよォオオオ~ッ!!
  • 消えろクソじじいッ!!じゃましてんのは今のアンタよッ!
  • 康一くんの選んだものなら…あたしそれがどんな顔だろうとどんな運勢だろうとそれで満足だわ…それに従えるわ…後悔だってないんだもの…









どうして追記・修正しないのよォオオオ~ッ!!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/