ホオズキ(植物)

登録日 :2012/09/18(火) 09:53:17
更新日 : 2016/11/29 Tue 13:45:27
所要時間 :約 4 分で読めます




ホオズキ (鬼灯、酸漿)






ホオズキはナス科フィサリス(ホオズキ)属の多年草。またはその果実のことを指す。
子供の時に袋を潰して遊んだ人も多いのでは?

世界中に様々な種類が存在する。原産地は東南アジア。


別名「カガチ、ヌカヅキ」。
英名は「Chinese lantern plant」。
北アメリカにはホオズキのことを「皮だらけのトマト、紙袋に包まれたサクランボ、地面のサクランボ」等と呼ぶ人もいるという。





6~7月頃になると、葉のつけ根に淡黄色の白い花を咲かせる。


 → 

7~8月頃になると、角ばった袋が膨らんで紙風船のようになって赤く色づき、袋の中に1~1.5cmくらいの丸い果実ができる。
この袋は萼(がく)が大きく発達したもの。
種は種類によって大きさや模様が異なり、そもそも種のつかないものもある。


観賞用として栽培されるものが多いが、食用になる種類もある。

食用のものはヨーロッパで古くから栽培されており、日本でも長野県や秋田県等で栽培されている。旬は秋。
長野県のものは実が黄色で、味は トロピカル

尚、 観賞用のものは毒性がある為、絶対に食べてはいけない 。ナス科植物の例に漏れず全体にアルカロイドを含む為、中毒症状を誘引する。
含まれる主要な物質はホオズキのあの苦味の元であるフィザリン・大脳及び呼吸中枢を麻痺させるヒストニン・
下痢や昏睡を引き起こすソラニン・興奮作用や幻覚作用を持つアトロピン等。


一方で全草に含まれるヒストニンは薬効があり、葉・茎・根・果実は漢方薬ないし民間薬として用いられてきた。

葉・茎・果実には鎮咳・去痰・解熱等の作用があり、根や萼には、利尿・抗炎症作用がある。
だが、ヒストニンには子宮収縮作用もあるので妊婦や妊娠している可能性のある人には危険である。

何にせよ、 医師や薬剤師等の指示なしに服用しないように


属名の「フィサリス(Physalis)」はギリシャ語の「physa(膨れたもの)」の意で、実の状態を命名したもの。

ホオズキという名前の由来には諸説あり、女の子が実を口に含んで遊んだことから「頬付き」と呼ばれるようになった、という説が有力。


また、7月7日の誕生花の一つでもある。

花言葉は「自然美・心の平安・ たよりない・半信半疑・いつわり・欺瞞

このことからホオズキの花を贈ることはお勧め出来ない。
或いは、敢えてメッセージとして贈るのもアリかもしれない。









※注※

これより先は 残酷な内容を扱っています
そのような内容は見たくない、という方はこちらからTOPにお戻り下さい。















根他  根 煎鬼
にをに にを じ灯
入短も 塗乾 湯の
れく色 り燥 を地
る切々 付さ 飲下
とっ: けせ ん茎
かて: たて だの
ね 皮 り粉 り
  を  末
  剥  に
  い  し
  で  て
  三 
  日 
  程 








使


(当て屋の椿 第十五話から抜粋)


前述のようにホオズキには子宮収縮作用があり、日本では主に江戸時代に 堕胎薬 として使用され、吉原といった遊廓等で多用されていた。

※堕胎
まだ内にいる赤子を殺し、外に引きずり出すこと。生後まもない間に行われることが多い。


遊女として生きていく為、周囲からの圧力の為……堕胎の理由は様々だが、(堕胎の手順からしても)狂気じみたものが見え隠れする。


……以下は遊廓における堕胎の様子をまとめたもの。
念の為ステルスで紹介する。見たい方は項目コピーから見るか、携帯のコピー機能を使えば見れます。


遊廓では、娼妓がなるべく長い期間勤めるべく、堕胎が盛んに行われていた。

堕胎の際は、まず陰干しにしたホオズキの茎を孕んだ女の股座に挿して一晩置いておく。

そうして鬼灯の毒で赤子が腐敗するのを待ち、内から引きずり出しやすくなってから行う。

内から出す際、畳は血の池の如く赤黒く染まり、部屋は正に地獄のような状態になるという。
(ここまで)


ホオズキを堕胎薬として見るか、漢方薬と見るか、単に観賞植物として見るか、トロピカルなフルーツと見るか、女の子が頬に詰めているのを想像するか……
ホオズキにどのようなイメージを抱くかは貴方次第。







ねぇ先生、


鬼灯が赤く膨らむのには
どんな理屈があるんだろうねェ……



追記・修正お願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/