メトロイド」の検索結果
メトロイド(生物)」 から 次の単語がハイライトされています :


登録日:2012/02/23(木) 19:06:57
更新日:2018/07/16 Mon 20:00:58
所要時間:約 5 分で読めます





お、今日来た新入りってのはお前等か
我等がスペースパイレーツの秘密基地へようこそ、歓迎するぜ
早速だがお前等にはメトロイドの管理をやってもらう、銀河連邦からパクったと噂される資料があるから俺が読んでやr…
スマンが字が読めないから各自で目を通すように
それと、記述の一部は仲間や上司が加筆修正してるんで、オリジナルの資料じゃないってことも頭の中に入れといてくれ


メトロイド概要〜

メトロイドとは惑星SR388で発見された生命体である。
緑がかった透明な皮膜の内部に赤いコアが4つあり、大小2対の牙が生えたクラゲのような見た目をしている。
空中を浮遊しながら移動し、他の生命体に吸着して生命エネルギーを吸収する。
このとき血液などは吸収されず、生命エネルギーを吸収され尽くした生物はミイラ状になってしまう。飼育する場合は噛まれないように。
元々は惑星ゼーベスに住んでいた鳥人族が惑星SR388に生息する寄生生命体X(エックス)を駆除する目的で開発した人工生命体で、
Xに対して完全な耐性を持ち、さらに吸収する事ができる。
あらゆるエネルギーを吸収し尽くす事と耐久性が高いから生物兵器として優れるため、スペースパイレーツなどが軍事利用を目論んでいる。

またβ線を照射するだけで爆発的に増殖する性質を持つ

本来は惑星SR388ではクイーンメトロイドと呼ばれる特殊な個体を中心に社会形態を築いており、この星の環境下でのみ幼体から成体へ成長が可能。
しかし銀河連邦が人工的に成体へ成長させる技術を開発したとの噂がある。
変温動物のような性質を持ち、高温では活発に活動し、低温では活動が鈍るので低温エネルギー兵器が唯一の弱点となる。
凍結した状態ならば爆発性の攻撃が有効である
10℃以下で身体能力の低下、3℃以下で活動を停止するため、屋外で飼育する際は冬場の寒さには十分気をつけること。

極めて狂暴ではあるが同族や仲間と認識した相手は襲わなくなる。
鳥人族やスペースパイレーツはマザーブレインのテレパシーでメトロイドの管理を行っていた。
また、刷り込みの性質で「親」には強い愛情を示すことがあるので、飼育する際は卵から孵化させると良い。



■各形態について

  • メトロイド
基本形態である幼体で、上記の性質はこの形態のもの。メトロイドといえば一般的にこの形態を指す
飼育する場合はそこまで大きくならないこの形態をオススメする。
ただ、低温および、サムス・アランのパワーボムのような超火力兵器以外は通用しないので、嫌われたら死を覚悟すべし。
こことは別の世界にも数体が生息していたようだが、様々な環境にベストな形で対応するメトロイドには少し過ごしやすすぎたのかかなり弱体化している。
尚、現地住民の手によって駆除されたとのこと。

  • アルファメトロイド
惑星SR388にて幼体メトロイドが最初に脱皮した姿。
小さな頭部に未発達な四肢と角が特長。外骨格を得たため昆虫のような見た目となる。腹部には幼体のような皮膜が残っている。
この形態に移行にすると寒さへの耐性が付くので、雪合戦に連れて行きたかったらこの形態にまで育てよう。
一方で、通常火器への耐性は下がっている。

  • ガンマメトロイド
アルファが更に(ry
四肢や角が発達し単眼だったのが3つの複眼に分裂した。また、腹部の皮膜から電撃を発生させられる。

  • ゼータメトロイド
ガンマが(ry
尻尾が生えて爬虫類のような姿に。四肢が強靭になり、口から火炎弾を撃てるようになった。

  • オメガメトロイド
ゼータ(ry
成体となった最終形態
複眼は4つになり、肉食恐竜を連想させる姿に。強固な外骨格で腹部以外への攻撃を無効化し、鋭利な爪や火炎放射で攻撃する。
四肢が存在するが飛べる。
サムス・アランの報告によれば、BLSで遭遇した個体は一回り大きく飛行しなかったとの事。
また、寒さへの耐性も有していない代わりに戦闘力や耐久性が大幅に上昇しており、
更に幼体の状態で一気にこの形態にまで成長できるように改造されていたことも判明している。
格好良いので機会があればこの形態まで成長させると良い。




おっと忘れてた。最近手に入った新しい資料もあるんだ。
最新の資料だ。ここに置いとくぜ。

+『SAMUS RETURNS』における各形態
  • メトロイド
基本形態である幼体。メトロイドといえば一般的にこの形態を指す。
低温の攻撃が有効だが、凍結してもすぐさま暴れて解凍してしまうほど狂暴。

  • アルファメトロイド
惑星SR388にて幼体メトロイドが最初に脱皮した姿。
小さな頭部に未発達な四肢と角が特徴で、飛行により移動する。外骨格を得たため昆虫のような見た目となる。腹部には幼体のような皮膜が残っている。
腹部の皮膜から発生した電撃を纏うことができ、その際に触ると痛い目を見る。
爆発性の火器が有効なほか、低温による攻撃も引き続き有効。
また、アルファ以降の形態の共通点としてメレーカウンターが通用する。

  • ガンマメトロイド
アルファが更に(ry
四肢や角が発達し単眼だったのが3つの複眼に分裂した。
歩行と飛行を使い分けて移動するが、低温の攻撃を腹部に受けると腹部が凍結して墜落する。
腹部の皮膜からの電撃はパワーアップしており、ビームのように放ってきたり、周囲一帯の地面を帯電させたりと応用的な使い方をしてくる。

  • ゼータメトロイド
ガンマが(ry
尻尾が生えて細身の爬虫類のような姿に。四足歩行と二足歩行を使い分け、壁や天井を素早く這いまわりながら口からの火炎弾で攻撃を行う。
二足時は皮膜が隠れてしまうのでダメージを与えられないが天井に張り付いて攻撃する時に出る赤い点をグラップリングビームで引っ張ると…?

  • オメガメトロイド
ゼータ(ry
成体となった最終形態。
複眼は4つになり、二足歩行の肉食恐竜を連想させる姿に。
ゼータに比べると鈍重になったが、敵に飛び掛かる際は俊敏に動ける。
爪や尻尾を駆使した格闘能力が凄まじく高く、尻尾を地面に叩きつけることで落石による攻撃も行う。
火炎弾は強力な熱線にパワーアップしており、周囲の地面を炎上させるほどの威力がある。
口内および腹部が弱点で、これまで同様爆発性の火器および低温の攻撃が有効だが、
腹部の皮膜を装甲で覆っており、それを破壊しなければ有効打を与えにくい。…が、実はパワーボムで剥がせるので2戦目以降はそこまでキツくなかったりする。





■特殊な個体

  • クイーンメトロイド
惑星SR388のメトロイドの頂点に位置する個体で群れに1体しかいない。首長竜のような姿で尻尾の開口部から卵生生殖を行える唯一の存在。
一部のメトロイドしかこの形態になれないらしい。
女王だけあり、オメガメトロイドをもはるかに上回る戦闘力を持つ。

  • ベビーメトロイド
あの銀河最強のバウンティ・ハンター「サムス・アラン」が持ち帰った最後のメトロイド、のはずがβ線で増殖されたコイツのクローンが生き残っているとの情報がある。
サムスの事を親だと思っており何度も彼女の命を救う事となる。
後にクイーンメトロイドになれる存在と判明、つまり女の子。
BSLでサムス・アランが交戦したオメガメトロイドもこの個体のクローンの一部であったことが、当人の活躍で判明している。
また、ボトルシップに出現したクイーンメトロイドも、この個体のクローンである。

メトロイドプライム
ターロンⅣに発生したフェイゾンの源である異常生命体。
惑星フェイザからフェイゾン隕石に乗って飛来し、チョウゾがインパクトクレーターに封印していた。
明言されてはいないが惑星フェイザのメトロイドがフェイゾン汚染して生み出したフェイゾン生命体と推測される。
スーパーミサイルやパワーボムをも無効化する黒い甲殻を纏った巨大なクモのような容姿をしていて、攻撃時には四つの属性を使いこなすなど、
高い戦闘能力を誇り、視界確保のための甲殻の隙間が唯一の弱点であるが、これらは全て外殻に過ぎない。
本体はフェイゾンエネルギーで形成されたヘッドであり、従来種のようなクラゲ状の体が赤と青に変色したような姿をしている。
このヘッドは通常の攻撃を一切受け付けず、自身の姿を消す事も可能。そしてターロンメトロイドとその亜種を産出する能力を持つ。
同じフェイゾンエネルギーを過度に与えることで自壊させるのが唯一の倒し方(これは、強力なフェイゾン生命体の多くに共通する特徴でもある)。
また後に我等の指導者となるお方でもある。

詳しくはダークサムス様の項目を参照

メトロイド「プライム」という名称(プライムとは初期・原始といった意味)やそのメトロイドを生み出す能力、
そして惑星ターロンⅣに残された当時の鳥人族のメッセージにはメトロイドに関する記述が存在しないことなどから、
我々のよく知る「メトロイド」はこのメトロイドプライムによって、
生み出されたターロンメトロイド達に着目した鳥人族がそれをもとによく知られている今のメトロイド作り出したとする考察もある。



■亜種

  • ターロンメトロイド
フェイゾンにより突然変異したメトロイド
スペースパイレーツによって惑星ターロンWで開発された。
見た目は幼体メトロイドと変わらないが攻撃性は向上している、半面各耐性は通常種よりも低い。
前述のように、もしメトロイドプライムから「メトロイド」が生み出されたとするならば、
フェイゾンによる変化は単なる突然変異ではなく、先祖返りであるともいえる。


  • ハンターメトロイド
ターロンメトロイドの亜種
牙が伸縮自在な触手となったことで更にクラゲに近い見た目になった。
若干ながら低温にも耐性を持ち、遠距離から触手を伸ばしてエネルギーを吸収できるようになった。

  • デバイドメトロイド
ターロン(ry
見た目が灰色になり一定の攻撃を受けると分裂する。
分裂する前はほとんどの攻撃が通用しない脅威の耐性を持つが、分裂後の個体は特定の武器に弱くなる。弱点は分裂結果ごとに異なる。

  • ダークメトロイド
惑星ダークエーテルで発見された、ターロンメトロイドがイングにスナッチされた姿。見た目がよりクラゲっぽくなった。
通常種より耐久力が高くなりダークエネルギーへの耐性が強くなった。

  • フェイゾンメトロイド
フェイゾンによって更に進化したターロンメトロイドの亜種。放電能力と物体をすり抜ける能力を獲得した。

  • メトロイドモドキ
惑星ゼーベスにて確認された、スペースパイレーツが創り出したと思しきメトロイドの模造品或いは改造個体。
詳細は不明。メトロイドに似た外見を持つがやや小型で、コアは一つしかない。
獲物に取り付いてエネルギーを吸い取るが、攻撃力も耐久力も本物に遠く及ばない。

  • メガロイド
別の宙域で活動していた同業者『ドラグード』が、偶然入手した死体を素体にして開発した個体。
繁殖力が大きく向上し、成長力も高くなっている。
抜群の再生力を持ち、高い火力で吹き飛ばしてもその破片ひとつひとつがメガロイドの一個体として活動する。
莫大な数の群れでサムスを襲うも、プラズマビームのエネルギーで熱されたあとアイスビームのエネルギーで急激に冷やされ、
再生出来ないレベルまで粉々に消し飛ばされた。
残念ながらコントロールが不完全な状態で誕生させてしまったため暴走、ドラグードがまともに被害を受けて壊滅したため資料は消失。
個体もサムス・アランに全て抹殺されている。


どうだ、いろいろ書いてあっただろう
俺は読めなかったがこれで大丈夫…

おい、そっちにメトロイドが1匹逃げてったんだが…って後ろ!後ろ!!


ん?わぁあああああアッー!



追記、修正はオメガメトロイドを飼えるようになってからお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/