ナナシの手記~エピローグ~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





Scene1:学者のその後

冷たい死を覚悟した私が辿り着いたのは、想像を絶するほどの、暖かい国だった。
「あんたぁ~、目が覚めたんかいね?」
暖かい毛布。暖かい暖炉。
「やーだねー。今時行き倒れなんて、びっくりしたよぉ~」
目覚めた私を見て笑顔を浮かべる老婆に、困惑してしまう。
「あんたぁ、異国の人じゃて?外は寒かろうにね~。寝てたらあかんよ~」
これ食べんね?と差し出されたのは、暖かいスープだった。
真実を知った恐怖からか、神への罪悪感からか、私の目からは自然と涙が伝っていた。
「いい年して泣くじゃねーで~?男がそんなじゃ、示しが付かんよ~」
毛布も、暖炉も、スープも、老婆も。全てが暖かく、緩んだ心では涙をとめることが出来なかった。
「ここは……白の国……ですか?」
たどたどしく質問をする私に、老婆は笑顔で応えてくれた。
「そうねー。こんな処まで行き着くなんざ、珍しいけよ~。あんた、なんしたとね?」
まるで懺悔のように、私は老婆に縋る。
「私は……神を冒涜しました……私には……帰る国はありません……神は……私を赦さないでしょう……」
涙を流したままうなだれる私に、老婆はそれでも笑って見せた。
「あんたが何したかはわからんが、神様はそんなに心が狭いもんじゃ無いとね。良い事も悪い事も、ちゃぁんと見ててくれるのが神様じゃないんか?」
「けれど……私は……」
「そんな小難しいこと考えとらんで、はよ食いーな。腹が減ってるけん、変なこと考えるんよ~」
「あのっ……!」
快活に笑いながら部屋を出ようとした老婆を、思わず引き止める。
「なんねぇ~?」
独特に間延びした、とても暖かい言語だった。
「あなたの国の神には、どうやって祈れば良いのですか?」
真剣に問うと、老婆はまた、大きく笑った。
「感謝すりゃえぇ。生きること、食べること、眠ること、全部に、感謝すりゃえぇ。どこの神様でもえぇ。ありがとうって気持ちを伝えれば、それでえぇ」
その言葉こそが、何よりの救いの言葉だった。
「…………ありがとう、ございます」
「あたしゃ~神様じゃねーけよぉ~」
老婆はやはり笑い、今度こそ部屋を出て行った。
私はスープを食べ終わると、再び目を閉じる。
少し眠り、もう一度目覚めることが出来たのならば。
ほんの少しだけでもいい。この国に滞在しても良いかを問うてみよう。
そして出来ることならば、この国でもう少し多くの人々と触れ合いたい。
この、暖かな国で。
「神よ……」
願わくば、私に生きる赦しを。





Scene2:魔方陣の行方

友人が国を出た。
とても勉強熱心な友人だった。
彼はここ数年、何かに没頭し、何かに取り付かれたように研究をしていた。
何の研究をしているのかは、最後まで彼の口から聞くことは無かった。
国を出る直前は、何かに酷く怯え、憔悴しきった状態で、まともに口が利けるとも思えなかった。
彼は国を出た。否、国を捨てた。
彼に何があったのか。
彼が何を調べていたのか。
それは、彼が最後に俺に託した、小さなメモを調べれば解ることだろう。
しかし……
『我々が、知る必要は無い』
そう彼は言った。
勉強熱心な友人だった。
とても真面目な友人だった。
時に笑い、時に怒り、時に論じながら、長くの時を過ごした。
俺が彼の心を知ることは出来ない。
しかし彼が、「知るな」そう言うのなら。
そう言って、俺に託したのであれば。
「……これで、いいんだよな?」
メモは開かれることなく、小さな炎の中へと消えていった。
そうなんだよな?
これが、お前が望んだ事なんだよな?
彼が俺に託した最後のメモは、灰になり風へ消えた。
「神よ、願わくば、彼に穏やかな未来を」






END.