土地と住民


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



黒線→国境 点線→居住限界? 赤点→主要都市

【①雨の国】
 ・べらぼうに雨と霧が多い。大陸の西の端に位置。人口は大陸の約10%
  気候:暖かくて湿った気候  人種:インドア派で職人気質  地形:ゆるい丘のような地形
  建物:建材は木材や赤レンガ、ヨーロッパの田舎の街
 ・虫使いが存在する。
  特徴:虫笛により虫を操る、血色の悪い天パetc...
※体育会系

【②森の国】
 ・人口はあまり多くない。大陸の約5%
  気候:寒くて湿った気候  人種:太いゴツい森信仰  地形:森林地域・川が多い
  建物:建材は木材、ログハウスが立ち並ぶ
  生活:河口で船を使い他の国に木を運び収入を得る
 ・ドンダッタッタも居る。ほぼ全裸で生活をしており、舟を作り、海に出ている説もある。
  特徴:髪の色は赤。族長は神官が務めている
  生活:樹木を伐採して生計を立てている
※ドンダッタッタ・体育会系

【③白の国】
 ・森の国より人口が多い。大陸の約10%
  気候:寒くて乾いた気候  人種:保守的、おとなしい、信心深い  地形:山に囲まれた地域
  建物:建材は石。ヨーロッパ旧市街っぽい。中世イメージ
  生活:特に産業は無く細々と暮らす。昔ながらの薬、織物、民芸品を王国に売り収入を得る
     商売の時は目印にマントをかぶる。キャラバンで移動する
  特徴:色白。髪の毛は黒。古い魔法を使う。国人のほとんどが読み書き計算が可能で、魔道書が読める
 ・古い都市で、宗教が根強い。民族衣装がある。首都の上に位置する。
※文系

【④山の国】
 ・入江には人口集中している。大陸の約5%
  気候:山のふもとはすごしやすい気候  人種:独立心旺盛。山信仰  地形:急な山の地域・高山地域はほぼ未開
  建物:建材はレンガ。これも旧市街チック
  生活:商工業はそれなりに発展している
 ・狩猟民族も存在する。マタギ。殺気なんて出さない達人で仙人ですら殺せるとか。
※文系

【⑤草原の国】
 ・人口がそこそこ多い。大陸の約15%
  気候:温暖な気候  人種:定住民でのんびりマイペース  地形:草原と丘の地域
  建物:建材は石、レンガ、しっくいなど。風車小屋や水車小屋、牛舎などもある
  生活:農牧、畜産業が盛ん
※理系

【⑥中の国】
 ・国の首都。王国。人口は大陸の約30%
  気候:温暖で乾いた気候  人種:プライドが高くて派手  地形:川に挟まれた草原の地域・大都市・中央・平野の中心
  建物:基本的に建材は石。ヨーロッパの都市を想像していただければ…
  食事:小麦、大麦が主食で、米はない
 ・都市機能が発達し四方に道が広がる。
 ・あまりハッキリは分かれていないが四季はある。
※理系

【⑦荒地の国】
 ・人口があまり多くない。大陸の約5%
  気候:暖かくて乾いた気候  人種:地域によって国民性が異なる  地形:荒野の地域・川のそば
  建物:建材はレンガ、赤レンガではなく、白っぽい家が多い。沿岸部は地中海地域を想像していただければ…
  生活:農業・漁業・果物の栽培をしている。しかし条件は厳しい
 ・内陸…厳格で忍耐に強い。でも一応陽気。
 ・沿岸…陽気。いつでもバカンス。
※理系

【⑧港の国】
 ・人口が多い。異国人も多い。大陸の約20%
  気候;暑くて乾いた気候  人種:新しい物好きで商人気質  地形:海辺の地域
  建物:建材はバラバラ、主に石など。デザインがヨーロッパっぽくないものもたくさん
※理系・移民


【東の山】
 ・地図上の④に位置する。3000mほどの山々。富士山級の山が連なる。頂上にはドラゴンが住むと伝えられる。
【西の森】
 ・地図上の①~②に位置する。①と②の間には山があり、そこに大鳥が居ると言われている。国としては森の国。
  触手生物も生息しているが、国としては雨の国に位置する。
  生物については専用ページがありますのでそちらを参照。


【各国と民族の特徴】
 ・雨の国の海には、ダイオウグソクムシのような大型の虫が存在する。他にもデカいのいるよね。
  魚人村の話が伝わっているが実際は同じ人間。(遺伝性の皮膚病により肌が魚の鱗のようになっている)
  雨の日には徘徊すると言われてたり言われてなかったり。インスマスだね。
  鳥人は居なさそう。

 ・ドンダッタッタは、ほぼ全裸で生活している。聖樹を用いて神官に傷をつけてもらって血で装飾する。コレの効果で身体の能力が上がる。
  敵対しない間は客人としてもてなしてくれる。
  色々と強靭な体育会系だが、戦法や考えが古い事が弱点になりうる。
  狂気のような攻撃を仕掛けてくる。ハイ氏曰くマジキチである。
  強者は、船を作ったりして国外や、都市で傭兵をしていたりする。意外と外交的。

【市民権の存在】
 ・中の国に住んだり仕事をしたりするには市民になる許可証(市民権)が必要だと法で決められている。いくつか階級(種類?)がある。
  市民権を持たない人は、スラム街のようなところで住所を持たないまま生活している。
  税金があり、収入のある者がそのうちの何割かを支払わなければならなかったりする。(中の国を中心とした一部の国)