※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4. 型と値と変数

4.1. 型と変数の種類

4.2. プリミティブ型と値

4.3. 参照型と値

4.4. 型変数

4.5. 引数付き型

4.6. 型の抹消

4.7. 具象可能型

4.8. 未加工型

4.9. 交差型

4.10. サブタイプ化

4.11. 型の使用箇所

4.12. 変数

変数(variable)は値の保存場所であり関連する型を持ちます。この型はコンパイル時の型(compile-time type)とも呼ばれ、プリミティブ型参照型のいずれかです。

変数の値は代入もしくは単項・後置インクリメント演算子++やデクリメント演算子--(15.14.2.15.14.3.15.15.115.15.2.)により変化します。

Javaプログラミング言語の設計は型を持つ変数の値の互換性を、コンパイル時の未検査警告が検出されない限りは保障しています。デフォルト値は互換性があり、変数へのすべての代入は通常はコンパイル時に代入互換性の検査を受けます。しかし、配列内の場合のみ、実行時に検査を受けます(10.5.)。

4.12.1. プリミティブ型の変数

4.12.2. 参照型の変数

4.12.3. 変数の種類

4.12.4. final変数

4.12.5. 変数の初期値

4.12.6. 型とクラスとインタフェース