※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4. 型と値と変数

4.1. 型と変数の種類

4.2. プリミティブ型と値

4.3. 参照型と値

4.4. 型変数

4.5. 引数付き型

4.6. 型の抹消

4.7. 具象可能型

4.8. 未加工型

4.9. 交差型

4.10. サブタイプ化

4.10.1. プリミティブ型間の型のサブタイプ化

4.10.2. クラスやインタフェース型間の型のサブタイプ化

4.10.3. 配列型間の型のサブタイプ化

配列型間の直接スーパータイプ関係を以下の規則で定義します。:
  • SとTが共に参照型なら、S > 1 Tの時のみS[] > 1 T[]。
  • Object > 1 Object[]
  • Cloneable > 1 Object[]
  • Java.io.Serializable > 1 Object[]
  • Pがプリミティブ型ならば、:
    • Object > 1 P[]
    • Cloneable > 1 P[]
    • Java.io.Serializable > 1 P[]

4.11. 型の使用箇所

4.12. 変数