※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4. 型と値と変数

4.1. 型と変数の種類

4.2. プリミティブ型と値

4.2.1. 整数型と値

整数型(integral type)の値がとりうる範囲は以下の通りです。:
  • byte, -128以上127以下
  • short, -32768以上32767以下
  • int, -2147483648以上2147483647以下
  • long, -9223372036854775808以上9223372036854775807以下
  • char, '\u0000'以上'\uffff'以下、つまり0以上65535以下

4.2.2. 整数演算

4.2.3. 浮動小数点型と書式と値

4.2.4. 浮動小数点演算

4.2.5. ブール型とブール値

4.3. 参照型と値

4.4. 型変数

4.5. 引数付き型

4.6. 型の抹消

4.7. 具象可能型

4.8. 未加工型

4.9. 交差型

4.10. サブタイプ化

4.11. 型の使用箇所

4.12. 変数