※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4. 型と値と変数

Javaプログラミング言語は静的に型付けされた(statically typed)言語です。これはコンパイル時にどの変数の型もどの式の型も分かっているということを意味します。

Javaプログラミング言語は強く型付けされた(strongly typed)言語でもあります。型はその変数が持つことが可能な値を制限し、それらの値を用いた演算を制限し演算の意味を決定します。強く静的な型付けはコンパイル時にエラーを発見するのに役立ちます。

Javaプログラミング言語の型は2つのカテゴリー、プリミティブ型と参照型に分けられます。プリミティブ型にはboolean型と数値型があります。数値型には整数型であるbyteshortintlongchar型と、浮動小数点型であるfloatdouble型があります。参照型にはクラス型、インタフェース型、配列型があります。特別なヌル型もあります。オブジェクトはクラス型のインスタンスとして、もしくは配列として動的に作成されます。参照型の値はオブジェクトへの参照です。配列を含むすべてのオブジェクトはObjectクラスのメソッドをサポートします。文字列リテラルはStringオブジェクトで表されます。

4.1. 型と変数の種類

4.2. プリミティブ型と値

4.3. 参照型と値

4.4. 型変数

4.5. 引数付き型

4.6. 型の抹消

4.7. 具象可能型

4.8. 未加工型

4.9. 交差型

4.10. サブタイプ化

4.11. 型の使用箇所

4.12. 変数