※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1. はじめに

1.1. 仕様の構成

1.2. プログラム例

1.3. 記法

1.4. 組込みクラスやインタフェースとの関係

上に記述したように、本仕様はJava SEプラットフォームAPIのクラスを頻繁に参照します。特に、Javaプログラミング言語と特別な関係にあるクラスがいくつか存在します。例ではObjectClassClassLoaderStringThreadやパッケージjava.lang.reflectのクラスやインタフェースをその他のクラスと同様に使用しています。本仕様ではそのようなクラスとインタフェースの振る舞いに縛られていますが、その振る舞いについての完全な記述はしていません。読者はJava SEプラットフォームAPIドキュメントを参照してください。

結果として、本仕様はリフレクションについて一切記述していません。多くの言語構成物はリフレクションAPIに類似するものが存在しますが、ここでは全般的に議論しません。そのため、例えば、オブジェクトの作成可能な方法を挙げる時にはそれが可能なリフレクションAPIを全般的に含めません。読者はこれらの追加的機構が本ドキュメントの記載の他にも存在することを知っておいてください。

1.5. 参考文献