※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

▼VSS使用方法

   MDBファイルを起動すれば、VSSに登録されているモジュールが全部見れる。
   編集したいモジュールを開くときにチェックアウトするか聞かれる。
   バックアップは修正前にMDBファイルを保存しておけばいい。

▼初めてVSSデータベースに登録する方法

   ①MDBを起動して、ツール-sourcesafe-sourcesafeのプロジェクトからデータベースを作成を選択
   ②フォルダ部分に作業したいローカルフォルダを指定
   ③下のツリーでVSSから取得したいデータベースを選ぶ。
   ④勝手に登録が始まる。
   ⑤登録完了

▼プロジェクトをSourceSafeに登録する方法

   ①登録したいプロジェクトをVB6で開く
   ②ツール(T)→SourceSafe(S)→プロジェクトをSourceSafeに追加(A)
   ③SourceSafeにログオン
   ④プロジェクトを保存する場所を選んで保存

▼VSSがチェックアウトできなくなったときの対処法

   ①対象となるMDBを別名で保存
   ②新規、もしくは他のMDBを開く
   ③sorceSafeのプロジェクトからデータベースを作成
   ④SourceSafeにログオン
   ⑤プロジェクトを保存する場所を選んで保存

▼ACCESSとVSSのリンクを解除

   MDBを最適化するとリンク解除のメッセージボックスが立ち上がる
   オプション設定で「閉じるときに最適化する」にチェックをつけておくと、毎回メッセージボックスが出る