※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 花火大会
夏、1年に一度の大規模な花火大会を弐番街南の海上で行う。
1年かけて準備されてきた花火が、2時間で全て打ち上げられてしまう光景はとても美しい。
花火大会の日には、街中に夜店が出、場所取りのために何日も前から居座ったり、特等席の鍵
が売買されたりする。
  • 祭り
秋、蛟龍町で一番盛り上がるイベントで、神話の八咫鴉と蛟龍への感謝と祈りのための祭りで
ある。1週間ほど通して祭りは行われ、学校や祭りに関係ない殆どの会社が休みとなり、街中
が一丸となって盛り上がる。
この期間は、人々が熱狂するあまり街が混沌となり、どんな事件が起きてもスルーされる。
言い伝えでは、この祭りの間は、神である八咫鴉が人間に化けて参加しており、その正体に気
づいた人間は、八咫鴉に何でも願いを叶えてもらえるらしい。

  • 蛟龍町民放
蛟龍町独自の放送局。竜頭街に本社があり、街の各地にスタジオがある。
蛟龍町内の事件やニュースの放映はもちろんのこと、企業のCM、エンターテイメント、アニ
メ、その他もろもろのジャンルの放送を請け負っている。
ちなみに、外の世界のことも稀に放送される。たまに放送するものがなくなってずっと砂嵐だ
ったり、適当な放送局である。
本来、街は世界警察によって統制されているため、街独自の放送局も検閲が厳しいが、蛟龍町
には世界警察がいないため、何を放送しようと制御する者がいない。よって、たまにとんでも
ないグロやエロが無修正で流されることもある。
  • 世界警察幸福テレビ
世界を支配する世界警察が、各街に強制的に受信できるように、強力な電波で放送している思
想統制用放送局。
世界中のニュースや世界平和のための思想統制用の教育テレビなど、少し偏った内容。企業の
CMの他、定期的に世界警察による「世界平和宣言」と世界警察に反抗的で、抹消されるべき
とされる「指名手配犯」の情報と賞金額が放送される。
蛟龍町でも一応見れるが、見ている人間はよほどの変わり者とされている。

蛟龍町では、誓約書や権利書といった書類には全く効力がなく、全てが「鍵」で管理されてい
る。家、金庫、車、契約、はては人間まで。
鍵は大体真鍮など燃えないもので作られる。鍵の所有者が、その鍵のかけられた本体の所有者
であるとされる。つまり、うっかり家の鍵を落とし、誰かが鍵を拾ってしまったら、その時点
で家はその拾った人間のものとなる。家に戻るためには、拾った人間から奪うしかない。
八咫鴉は、街中のあらゆる建物や財宝、約束手形、知られたくない秘密、誰かの鍵をたくさん
持っているので、ある意味街の一番の資産家であり権力者である。
  • 紙鍵
合鍵として作られる、紙製の鍵。燃えたらなくなってしまうので、真鍮で作られた本物の鍵と
見分けることができる。燃やせるので処理も簡単。一応防水はしっかりしてある。
紙製とはいえど、ちゃんと錠を開けることはできる。悪用防止として、普段人々が持ち歩く家
の鍵などはこちら。
なお、この紙鍵を持っていても真の所有者とは認められない。

  • うちわあめ
蛟龍町夏の風物詩であるうちわ型のあめ。普通にうちわとしても使える。
薄いので舐めたり噛み砕いたり食べ方は自由。少しひやっとしている。安い。
様々な味・絵柄があり、夏になると屋台が出始める。食べかけはべとべとする。