※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【会長】

名前/肩書き:ヤシロ/白柳会三代目会長
性別:男
年齢:64
誕生日:秋
身長:
髪:白髪(赤系黒髪)
瞳:黄
学歴:大卒
出身:蛟龍町
職業:白柳会三代目会長
家族構成:母(二代目八咫鴉)兄(三代目八咫鴉)、前妻(病死)、後妻(元娼婦)、息子(ヤカン)
住処:竜頭街白柳会本家
一人称:儂 二人称:貴様、御前 三人称:彼奴、奴
語尾:~だ、~じゃ
(漢字古語多用の古臭い喋り方)
好きな物:
嫌いな物:
信仰:八咫鴉神道
趣味:盆栽

現・白柳会三代目会長。じいさんだが、更に老いて見える。背が縮み、座って
いることが多い。三代目八咫鴉のヤシマの双子の弟。口数が少ないが、いざ喋
れば全てに強制力のある威圧感のあるお方。
八咫鴉を何かと気にかけ、三代目が自殺した後世話をし、彼が起こした問題を
全て闇に葬っているが、八咫鴉には嫌われている。

兄のヤシマを心から尊敬していて、大震災の時の彼の行動に感謝し、恩返しを
したいと思っていた。しかし、ヤシマが自殺したので、代わりに八咫鴉の立場
を守ることで恩返ししている。八咫鴉を、ヤシマの息子だと信じている。
ヤカンは一人息子だが、彼が周りから孤立したり恨まれることを恐れ、家族で
いる時以外は息子として接しない。実力で周りに認めてもらうため、ヤカンを
金田組の下っ端にした。
昔とっても惚れていた女がいたが、彼女が病弱だったためすぐに亡くなった。
ヤカンは会長の後妻の元遊女の息子。今でも前妻に未練たらたらだが、後妻を
愛していない訳では決してない。
人前だと身内に厳しいのは、八咫鴉に対しても同じで、脅しつけることが多い。
本来兄が、三代目会長として街をまとめるべきだったと後悔しており、それで
も自分に八咫鴉が務まったかというと自信がなく、尊敬とともに劣等感のよう
なものが兄にある。兄の息子と思われる八咫鴉に会長を継がせて兄に「恩返し
」しようとしている。そのため、八咫鴉を白柳会に引き込もうとしているが、
距離を置かれている。

狙い:八咫鴉を白柳会に引き込み、会長を継がせること