※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 坂それぞれの建物
蛟龍町の中心部にある竜頭街は、そこだけ標高が高くなっており孤立している。
その形は八角形になっており、それぞれの絶壁や坂を利用して施設が作られている。

【玄武駐車場】
八角形の北、壱番街にある巨大駐車場。
絶壁を掘って駐車場にしている。契約型。上に行くほど貸出料金が高くなり、金持ちしか使
えなくなっている。下の方は不良たちの落書きが酷く、車上荒らしが絶えない。勿論、駐車
場の管理人はそれらのトラブルに責任を負わない。
上の方は高級で、駐車場も個々で別れており厳重なセキュリティで守られている。そのため、
駐車場としてではなく、金庫代わりに使う人間も多い。住んでいる人間もいるとか。こちら
の方は管理人も警備に力を入れているようだ。
八咫鴉も最高級駐車場の権利をいくつか保持している。八咫鴉の財産の隠し場所ではないか、
と言われている一つである。

【鬼門坂線地下鉄】
八角形の北東、竜頭街と壱番街の歓楽街を繋げる地下鉄。
竜頭街で仕事を終えたサラリーマン達がその足で歓楽街へ行くのに使われ、途中にある駅も
ラブホ群に繋がったり、歓楽街で働く人々の住居に繋がったりする。
急な坂を降りるので、速度はとても遅く、外の景色も地下鉄なので見えず、観光には退屈な
電車である。
4両編成の小規模な電車で、路線は上りと下りが2本ずつ、短い間隔で運転している。
(ラブホ群『珊瑚礁』)
(ヌエのマンション)

【東風(コチカゼ)エスカレーター】
八角形の東、弐番街にある巨大エスカレーター。二つのエスカレーターを使うことで、弐番
街から竜頭街に行くことができる。有料。
竜頭街に働きに出るサラリーマンや、遊びに行く人々で混む。
上りと下り一つずつしかないが、横幅が大きいので問題ない。

【風門水族館】
八角形の南東、弐番街にある水族館。竜頭街の地下に存在する水族館で、入口である絶壁に
は今では珍しい鯨の絵が描いてある。
主に蛟龍町界隈の海に住んでいる魚の展示だが、他大陸から取り寄せた珍しい魚もいる。
普段は中流階級ぐらいなら入れるくらいの入場料なのだが、一年に何度か無料で開放する。
そうなったのには、三代目八咫鴉が絡んでいるとかなんとか。
管理しているのは、水族館の役員であるが、予算や収入、珍しい魚の盗難などの責任者とし
て白柳会が後ろ盾についている。なので、水族館は今のところ平和に運営が続いている。

【異人坂】
八角形の南、弐番街にある外人・外陸人の居住区・商業区。
急な階段がたくさんあり、派手な色合いの異国情緒な店とウサギの小屋みたいな居住区と汚
い下水が混在し、民族が入り乱れている。
坂の下の方の居住区の治安は、蛟龍町の中でも特に悪く、一般人が入ったら最後、丸裸どこ
ろか五体満足で出ることはできない。少し腕の立つ者でも敬遠する場所である。坂の上の商
業区は比較的治安が良く、高級中華料理屋やべっ甲、武器屋などが並び、竜頭街の富豪達の
商談場所になっている。
(サトリの家)
(高級中華料理屋『青蛙飯店』)
(臓物通り)

【人門浄水場】
八角形の南西、肆番街にある巨大な浄水場。
参番街と竜頭街の下水を、とにかく適当にパイプを繋げて引っ張ってきて、絶壁の途中にい
くつかある浄水プールで、上から下へ滝のように下水を落としてこし、下のプールから川の
ように流し、肆番街の工場や弐番街で再利用するという荒っぽい浄水場。
下のプールはともかく、上のプールの水は下水そのままなのでとても汚い。
一応水力発電用の大きな設備があったが、動かなくなって久しい。誰かが買えなくなった魚
や鰐、亀などがいたりする。

【崑崙(コンロン)工場群】
八角形の西、肆番街にある工場群。
絶壁の上から下までぎっしりと工場が建ち並び、下で作られた素材を、上の工場が加工し、
更に上の工場が組立て、検品し、包装して竜頭街に出荷したり、その逆で上から下へと流し
、港から外へ輸出するという効率的な工場群である。
ここで働く人間の殆どが参番街に住む貧民で、過労や劣悪な環境に倒れる者も少なくない。
工場から吐き出される蒸気と煙が激しく、工場群の様子はいつもぼやけていて見えない。そ
のため、中で何が行われているかも明らかでない。

【天門大坂】
八角形の北西、参番街にある大きな坂。
広い道路の両脇には、商店街や不動産が立ち並び、道路の中央にはチンチン電車が通ってい
る。休日には竜頭街に行く人で坂全体が渋滞になる。
事故防止のため、ここでの自転車利用は禁止である。